腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛でも利用しやすい『PVCレザークッション LEON』の特徴とは?

   

TEES FACTORY 国産 PVC レザー クッション LEON ブラウン

腰痛の方は畳や床に座るだけでも、腰が痛く感じてしまいます。

そのため、腰痛になった場合には、多くの方がクッションを利用するでしょう。

所が、クッションの柔らかさが身体に合わなければ、腰痛を悪化させる場合があるので、注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『PVCレザークッション LEON』です。

このクッションは2種類の硬さを選べる上に、腰痛の方にとって魅力的なポイントがいくつもあるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

PVCレザークッション LEONをおすすめする理由

本製品が、柔らかさを選べるのは、3層構造になっているからです。

さらにボリュームがある上に、混合ウレタンチップも採用しているので腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこで、腰痛でも利用しやすいクッションを探している方のために、本製品の特徴について紹介するので、参考にしてみて下さい。

3層構造

本製品の『3層構造』の仕組みは、真ん中の部分が混合ウレタンチップで、片側が硬めのウレタンと、もう片方は柔らかめのウレタンになっています。

そのため、硬いクッションが好きな方は、硬めのウレタンを上側にしておけば、硬いクッションを利用する事ができます。

そして柔らかいクッションが好きな方は、柔らかめのウレタンを上側にすれば良いのです。

多くのクッションは1種類の硬さしか用意されていない事を考えたら、2種類も硬さを用意しているのは、本製品の大きな魅力です。

ボリューム

自分の身体に合う硬さのクッションを利用しても『ボリューム』がなければ、腰痛が悪化する恐れがあります。

なぜなら、ボリュームの足りないクッションを利用していたら、底つき感があるので、腰が痛く感じてしまうからです。

そのようなクッションを我慢して利用していたら、腰を動かしたくなってしまうので、腰痛が悪化しやすいです。

所が、本製品はクッションの厚みが、約10cmもあります。

そのため、ボリュームの足りないクッションを利用して、腰が痛く感じている方には、本製品はおすすめのクッションです。

耐久性

腰痛対策のためにクッションを購入したら、最初の頃は腰があまり痛く感じなかったのに、途中で腰が痛く感じるケースがあります。

なぜ、このようなケースが起きるのかと言えば、クッションがへたってしまうからです。

そのため、耐久性が優れているクッションを利用しなければ、腰が沈み込みやすくなってしまうので、腰に体圧が集中してしまいます。

そこで本製品は『混合ウレタンチップ』を採用している事によって、高い耐久性を実現しました。

そのため、本製品であれば利用を続けても、クッションがへたりづらいので腰にかかる負担を軽減できます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

3層構造クッションの活用法

本製品は2種類の硬さを選べる事から、様々な活用法があります。

そこで、本製品を検討している方のために、どのような活用法があるのか紹介するので、確認してみて下さい。

お尻をホールド

クッションを利用している時に、正しい姿勢をキープできなくて、腰に大きな負担をかける場合があります。

実際に骨盤を傾かせた状態で座っていたら、猫背や反り腰になってしまうので、腰痛が悪化しやすいので注意しなければいけません。

そこで骨盤を立たせて座る事が苦手な方は、柔らかめのウレタンを上側にして利用したほうが良いです。

なぜならクッションが柔らかければ、お尻をホールドしてくれるので、骨盤を立たせた状態で座りやすくなるからです。

腰の沈み込を軽減

体重が重い方は、柔らかいクッションを利用していたら、腰が沈み込みやすいので注意しなければいけません。

そのような方は硬めのウレタンを上側にして利用したほうが良いです。

実際に硬めのクッションであれば、腰の沈み込みを抑えられるので、体重が重い方でも利用しやすくなります。

ただし体重が重い方が、硬めのクッションを利用して、骨盤を寝かせた状態で座ってしまえば腰痛が悪化するので注意して下さい。

商品情報の詳細

本製品の特徴や活用法が分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は見ていきましょう。

レザー生地

クッションを利用している時には、多くの方がお茶またはコーヒーを飲んで、くつろぎたいでしょう。

所が、ファブリック生地を採用しているクッションの上に、お茶やコーヒーなどをこぼしてしまえば、シミになってしまうので注意しなければいけません。

そこで本製品は『レザー生地』を採用する事によって、お茶やコーヒーなどをこぼしてもシミになりづらくなっているのです。

ただし短時間のうちに、クッションへこぼしたものを拭きとらなければ、シミになってしまう可能性もあるので注意して下さい。

オシャレなデザイン

本製品は正方形のクッションになっているので、オリジナリティーの高いクッションを利用したい方には、物足りなく感じてしまうかもしれません。

所が本製品はツートンカラーになっているので、逆にシンプルな形状をしているのに、オシャレなカラーになっている事によって、オリジナリティーの高いクッションになっています。

さらに本製品は、8種類もカラーバリエーションを用意していて、ホワイト×ブラック・ブラック×ホワイト・ベージュ×ホワイト・チョコレート×ブラック・レッド×ホワイト・パステルピンク×ホワイト・ライトブラウン×ホワイト・オレンジ×ホワイトなどがあります。

これだけ多くのカラーバリエーションが用意されているので、あなたの好みの合うカラーまで用意されている可能性は高いです。

コストパフォーマンス

本製品は2種類の硬さを選べる上に、豊富なカラーバリエーションを用意しているので、高額なクッションのようなイメージを抱いたかもしれません。

所が、本製品の値段はあまり高くなくて、楽天市場では送料無料で税込価格7,400円で購入する事ができます(2018年2月2日時点)。

実際に本製品よりも値段の安いクッションはありますが、腰痛でも利用しやすいクッションの中には10,000円を超えてしまう商品もあるのです。

そのため、腰痛でも利用しやすいクッションで、コストパフォーマンスが高い物を探している場合でも、本製品はおすすめです。

利用者たちの満足度

本製品は腰痛の方にとって魅力的なポイントは多くありますが、意外にも利用者たちの中には不満を抱いている方もいるのです。

そのため本製品を購入してから後悔する可能性もあり得るので、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品は2種類も硬さを用意している事から、自分の身体に合う硬さになっていて満足している方がいました。

さらに豊富なカラーバリエーションを用意している所を気に入っているケースもあったので、座り心地だけではなく、デザインにこだわりたい方にも、おすすめのクッションです。

さらに本製品は混合ウレタンチップを採用している事もあって、しっかりと腰やお尻を支えてくれる所を気に入っている方もいました。

否定的な口コミ

本製品の座り心地に満足していても、値段が高くなっている所を気になっている方がいました。

そのため、利用する方によって、あまりコストパフォーマンスが高くないように感じてしまうケースもあるので、注意して下さい。

そして本製品を利用してみたら、腰があまり沈み込まないので、センターテーブルと併用する事が難しく感じてしまうケースもありました。

そのため、体重が軽い方は利用しづらい可能性があるので注意して下さい。

まとめ

本製品は2種類もの硬さを用意しているので、体重が増えた場合は柔らかい面から硬い面に変えて、対応する事ができます。

そして体重が減って、あまり腰が沈み込まなくてセンターテーブルと併用する事が難しくなった場合には、硬い面から柔らかい面に変える方法も有効です。

このように本製品は体重に対応して利用できるクッションなので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション