腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛でも利用しやすい敷き布団 ダブルサイズを4種類まで紹介!

   

日本には腰痛でも利用しゃすい敷き布団は数多く販売されていますが、シングルサイズの商品が多くなっています。

シングルサイズの敷き布団ではサイズが小さいので、寝相が悪い方では不満を抱いてしまいがちです。

そこで、腰痛でも利用しやすいダブルサイズの敷き布団を4種類まで紹介するので、シングルサイズでは不満を抱いている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

日本製 合繊敷き布団

腰痛でも利用しやすい敷き布団で共通して言える事は、腰にかかる負担を軽減できるという点です。

本製品では、腰痛でも利用しやすいように『ボリューム』や『耐久性』に注目して、腰にかかる負担を軽減できるように設計されているので、その魅力に迫ってみます。

商品の特徴

腰痛の方が敷き布団を選ぶ際に、重要になるのがボリュームです。

なぜなら敷き布団はマットレスに比べてボリュームが足りない商品が多いので、底つき感があるのです。

底つき感のある敷き布団を利用したら、腰が痛くかんじてしまうので腰痛が悪化するので注意しなければいけません。

そこで本製品は、敷き布団のボリュームを8cmにする事によって、あまり底つき感がありません。

さらに本製品は、固綿が30mmにもなっている事から、敷き布団がへたりづらくなっているのです。

実際に敷き布団がへたってしまえば、腰が沈み込みやすくなるので、腰痛が悪化してしまいます。

そのためボリュームや耐久性の優れた敷き布団を探している方には、本製品はおすすめです。

商品の口コミ

本製品は8cmもボリュームがあるので、重量が4.2kgもあります。

そのため本製品を利用している方たちの中には、持ち運びづらくて不満を抱いていたのです。

実は、私たち人間は一晩の間に寝汗をコップ一杯分もかいてしまうので、敷き布団には多くの寝汗が染み込んでしまいます。

そのため、湿気対策のために敷き布団を押入れに上げなくてはいけません。

しかし本製品のように重くなっている場合には、持ち上げようとしたら、腰に負担をかけてしまうので注意して下さい。

ただし本製品は、腰が沈み込みづらくなっている所を満足している方もいました。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

テイジンのマイティートップわた入り 敷き布団

本製品は腰にかかる負担を軽減できるだけではなく、ダニ対策を講じる事もできるので寝心地もよくなっています。

そこで、腰痛でも利用しやすいだけではなく、ダニの対策も講じたい方のために、本製品の特徴について紹介するので確認してみて下さい。

商品の特徴

本製品が、腰にかかる負担を軽減できるのは体圧を分散できるように作られているからです。

実際に体圧を分散できない敷き布団の中には、腰が沈み込んでしまう商品もあるのです。

もしも腰が沈み込んでしまえば、腰に体圧が集中して、腰が痛く感じてしまいます。

そのような事になれば、腰痛に悩まされるだけではなく、睡眠不足に陥ってしまう可能性も高くなるので注意しなければいけません。

そのため体圧を分散できるのは、本製品の大きな魅力です。

そして本製品は『防ダニ加工』が施されているので、ツメダニが繁殖しづらくなっているので、ダニに肌を刺されづらくなっているので、寝心地がよくなっています。

商品の口コミ

本製品を利用している方でふらっとな形状ではなく、少し高低差があって、寝づらく感じてしまうケースがありました。

そのため、寝相が悪くて隣へ転がりやすい方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討したほうが良いです。

本製品の形状に不満を抱いている方がいる一方で、底つき感があまりない所を満足している方もいました。

そのため、形状より寝心地を優勢する方には、おすすめの敷き布団です。

西川マットレス AIR SI Regular

本製品は敷き布団とは思えないほど特殊な形状をしている商品で、体圧を分散しやすくなっています。

そのため腰痛の方でも利用しやすくなっているので、腰痛が原因で寝つきが悪くなっている方は参考にしてみて下さい。

商品の特徴

本製品は、凹凸構造になっていて、体を面ではなく『点』で支える事が可能になっています。

そのため重くなっている腰でも沈み込みづらくなっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっているのです。

さらに凹凸構造になっている事から、その隙間から熱が放出されやすくなっています。

そのため本製品は通気性も優れているので、湿気が溜まりづらくなっています。

そのような特徴があるので、湿気対策を講じる回数が少なくても、ダニが繁殖しづらくなっているのです。

湿気対策を講じようとしたら、腰に大きな負担をかけるので、その回数を少なく済ませる事ができるのは注目すべきポイントです。

商品の口コミ

本製品を利用している方で、硬めの敷き布団になっていて、腰や背中が痛く感じてしまうケースがありました。

実際に硬めの敷き布団を利用していたら、身体が痛く感じてしまう方はいるので、柔らかい敷き布団を探している方は注意して下さい。

さらに適度な硬さになっている本製品でも、利用を続けていくうちに敷き布団がへたっていく事によって、柔らかくなっていく可能性はあるので、気を付ける必要があります。

そして本製品は体圧を分散できるという事もあって、腰にかかる負担を軽減できる所を気に入っている方が何名もいました。

そのため、腰にかかる負担が大きい敷き布団を利用している方は、本製品を検討してみる価値があります。

腰痛 腰やさしいドクター 敷布団

体圧を分散できる敷き布団を利用しても、腰が痛く感じてしまう方はいます。

そのような方は、自分の身体に合わない硬さの敷き布団を利用している可能性が高いです。

所が、本製品であれば適度な硬さになっているので、詳しく紹介します。

商品の特徴

敷き布団やマットレスの硬さを表すもので『N(ニュートン)』というものがあって、このNの数値が大きいほど敷き布団やマットレスが硬くなっています。

実際に硬めのマットレスには200Nや180Nのような商品がありますが、ここまで硬めになっていたら腰が痛くなってしまう方が多いのです。

所が、本製品は100Nになっていて、適度な硬さになっているので寝心地がよくなっています(個人差があるので注意)。

さらに本製品も凹凸構造になっているので、腰が沈み込みづらくなっているのです。

そのため腰痛でも利用しやすくなっている上に、適度な硬さになっている敷き布団を探している方には、本製品はおすすめです。

商品の口コミ

本製品を利用している方たちの中には、適度な硬さになっている所を満足している方がいました。

ただし、暑い夏場の季節には暑く感じてしまう方もいたので、通気性がそれほど優れていない可能性があります。

そのため暑い夏場の季節に利用していたら、湿気が溜まってダニが繁殖してしまう可能性があるので注意しなければいけません。

そして本製品を利用してみたら、耐久性が優れている所を気に入っている方もいたのです。

実際に耐久性が優れていなければ、短期間で敷き布団がへたってしまうので、買い換える必要があります。

そのため、長い時間に渡って利用できる敷き布団を探している方にも、本製品はおすすめです。

まとめ

腰痛でも利用しやすい敷き布団でも、シングルサイズでは寝相が悪い方は、敷き布団から畳まで転がってしまう可能性があります。

そのような事になれば、腰を痛めてしまうだけではなく、腰を冷やす事になってしまうのです。

腰が冷えたら、血行不良に陥ってしまうので、疲労物質が溜まってしまう事から、腰痛が悪化する可能性があります。

そのためシングルサイズの敷き布団では、狭く感じる場合には、ダブルサイズの敷き布団を検討してみる価値があります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団