腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛でも利用しやすい高座椅子 きらく!その理由とは?

   

エムール 組立不要 高座椅子 リクライニング 肘掛け付き 高さ調整 ピンク 「きらく」

腰痛になってしまえば、腰をかけるだけでも辛く感じてしまいます。

そのため、腰痛の方は、座面が高くなっている椅子を利用する事が重要になります。

そこで、おすすめしたいのが『高座椅子 きらく』です。

この椅子は座面が高くなっている事から、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

さらに本製品は、こだわりのある形状や機能を採用しているので、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛に悩んでいる方のために詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

高座椅子 きらくをおすすめする理由

エムール 組立不要 高座椅子 リクライニング 肘掛け付き 高さ調整 ピンク 「きらく」

腰痛の方に本製品をおすすめる理由は4つあって、それが、肘掛け・クッション・高さ調整・リクライニングです。

この4つのポイントがあるお陰で、本製品は腰痛の方でも利用しやすくなっています。

そこで、腰痛になってから腰をかける事が辛く感じている方のために、この4つのポイントについて紹介するので見ていきましょう。

肘掛け付き

腰痛の方は座面が高くなっている椅子を利用する事が重要になりますが、実は座面が高くなっていても腰痛が悪化するケースもあります。

そのケースとは『肘掛け』が備えられていない椅子です。

なぜ肘掛けがなければ、腰痛が悪化するのかと言えば、近くに手を置く場所がなければ椅子から立ち上がる時に、腰に負担をかけてしまうからです。

ところが、本製品のように肘掛けが備えられている椅子の場合には、肘掛けに手を乗せてから立ち上がった場合には、腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、肘掛けが備えられていない椅子を利用していて、腰痛が悪化しやすい方には、本製品はおすすめです。

クッション付き

腰痛になってしまう原因はいくつかありますが、その中には背中の近くにある腰が痛くなってしまう場合もあれば、肩こりで腰痛になってしまう場合もあります。

背中の近くにある腰が痛くなってしまう場合であれば、腰痛になってしまう事は理解できる方は多くいるかと思いますが、肩こりで腰痛になる事に理解できない方は多いでしょう。

実は、私たち人間は、身体の一部に負担をかけたり怪我をしたりしたら、他の身体の部分で補おうとします。

そのため、肩こりに悩まされるようになったら、背骨で肩とつながっている腰にも悪い影響を与えてしまうのです。

ところが、本製品には『クッション』が付いているので、腰または首のあたりにクッションを接するようにして利用すれば、身体にかかる負担を軽減できます。

高さ調整

本製品は座面の高さ24cm以上になっているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

しかし体格が大きい方では、座面の高さが24cmでは、まだ低くなっている可能性があるので注意しなければいけません。

そこで本製品は、座面の『高さを調整』できるようになっていて、24・27・30・33cmに変更する事ができるのです。

そのため、本製品は体格の小さい方から大きい方まで、利用しやすくなっています。

リクライニング

本製品は背もたれが備えられているので、背中を支えられる事から、腰にかかる負担を軽減できます。

ただし椅子の背もたれの角度が、自分の身体に合わなければ、背中や腰に大きな負担をかけてしまうので、注意しなければいけません。

そこで本製品は『リクライニング機能』を備える事によって、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調整できるようになっているのです。

さらに背もたれを後ろのほうへ倒せば、楽な姿勢で座る事もできるので、腰痛の方には魅力的な機能です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の方が覚えておくべきポイント

本製品は腰痛の方でも利用しやすくなっていますが、それでも覚えておくべきポイントがいくつかあります。

そのポイントを知らなければ腰痛が悪化する可能性が高いので、詳しく紹介します。

お尻の位置を意識

本製品はクッションが付いているので、腰と背もたれの間にクッションを挟んでおけば、背もたれの底つき感を緩和する事ができます。

しかしクションを腰の隣に置いていたら、お尻が前のほうへズレてしまう可能性があります。

もしも、お尻が前のほうにズレてしまったら、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうのです。

腰で座るような姿勢を長く続けていたら、腰に大きな負担をかける事になるので、注意しなければいけません。

そのため、本製品を利用する際には、お尻を背もたれやクッションに接するように座って下さい。

筋力をキープ

腰痛になってしまった方は、腰が痛く感じてしまうので、運動を控えてしまうでしょう。

実際に腰痛の症状によっては、運動を控える事は必要ですが、いつまでも運動を控えておけば、筋力が低下するので注意しなければいけません。

もしも腰付近の筋肉が低下してしまえば、腰を支える事ができないので、腰痛が悪化してしまいます。

そのため、あまり腰に負担をかけないように運動する事が重要です。

本製品の商品情報

本製品の魅力を分かった方たちの中には、この椅子を購入したくなった方もいるでしょう。

しかし本製品の商品情報も把握しておかなければ、イメージしたものと違って後悔する可能性があります。

そこで本製品の商品情報も紹介するので、見ていきましょう。

デザイン性

本製品は5種類のカラーバリエーションが用意されていて、ピンク・ブルー・ベージュ・ブラック・ゴブラン織りなどがあります。

ピンク・ブルー・ベージュなどは小柄な花模様になっていて、女性から好まれやすいデザインになっています。

ゴブランは大柄な花模様になっていますが、少し味わいのあるデザインになっているので、高齢の方におすすめです。

そしてブラックはシックで落ち着きのあるデザインになっているので、男性におすすめのデザインです。

このように様々なカラーバリエーションが用意されているので、自分の好みに合うものを選ぶようにして下さい。

コストパフォーマンス

本製品は腰痛の方にとって、魅力的なポイントが多い椅子ですが、コストをかけられているので、少し値段が高くなっています。

実際に楽天市場では送料無料ですが、税込価格9,990円になります(2018年2月13日時点)。

実は、日本で販売されている椅子の中には、5,000円前後で販売されている商品は多くあるのです。

そのため、値段が安くなっている椅子を探している方は、本製品を購入するべきか、慎重に検討してみて下さい。

利用者たちの口コミ

本製品が腰痛でも利用しやすい椅子でも、値段が高くなっている商品なので、購入するべきか戸惑ってしまった方は多いでしょう。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、この椅子は購入するほど価値のある商品なのか、参考にしてみて下さい。

良い口コミ

本製品は肘掛けが備えられている上に、耐久性が優れている所を気に入っている方がいました。

そのため、気軽に、肘掛けに手を乗せてから立ち上がる事ができます。

さらにクッションまで付いてくる事を満足している方たちが何名もいたので、硬めの背もたれが苦手な方には魅力的な商品です。

そして本製品は豊富なカラーバリエーションを用意している事から、自分の好みの合うデザインを選べて満足できる方もいました。

そのため、座り心地だけではなく、デザインにもこだわりたい方は、本製品を検討してみる価値があります。

悪い口コミ

本製品を1年ほど利用していたら、底が抜けてしまうケースがありました。

身体が弱っている方が、座っている最中に底が抜けてしまえば危ないので、注意する必要があります。

そのため、本製品を利用する際には、座面がしっかりしているのか確認してから、利用したほうが良いです。

その他に本製品の匂いが臭く感じてしまうケースもありました。

そのようなケースもあるので、本製品が自宅に届いたら、しばらくは部屋の窓を開けて換気したほうが良いです。

まとめ

本製品は高さ調整できる椅子なので、多くの方たちが腰にかかる負担を軽減できます。

そのため、座面が低くなっている椅子を利用していたら、腰が痛く感じてしまう方は、本製品を検討してみる価値があります。

ただし腰痛には様々な症状があるので、本製品を利用しても、腰痛が悪化する場合には、1日でも早く病院で診察してもらったほうが良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子