腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛で車を運転しづらい方には『腰痛対策 車 シートクッション』がおすすめ

   

AEagle 車 シート クッション 腰痛 カークッション 固定用ひも付き シートクッション ランバーサポート 低反発 クッション 椅子 腰当てクッション 腰痛対策 背もたれクッション いす用 オフィスチェア メッシュ

首都圏に住んでいる方であれば、公共交通を利用する事ができますが、地方に住んでいる方たちの中には車を運転しなければ会社へ通勤できない方もいるでしょう。

しかし腰痛の方が、車を運転しようとすれば、腰が痛く感じてしまうので、運転をする事が苦痛に感じてしまいます。

そこで、おすすめしたいのが『腰痛対策 車 シートクッション』です。

このクッションは、腰痛の方でも車を運転しやすいように作られているので、詳しく紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛対策 車 シートクッションの魅力

クッションを利用すれば、腰にかかる負担を軽減できますが、クッションを利用したら車を運転する事が難しくなってしまいます。

そこで本製品は特殊な形状や中材を採用する事によって、腰にかかる負担を軽減しながら、車を運転しやすいようになっているので、その魅力に迫ってみます。

お尻だけをサポート

車のシートにクッションを敷けば底つき感がないので、腰にかかる負担を軽減できます。

しかしクッションを利用すれば、座高が高くなるので、アクセルペダルやブレーキペダルを踏みづらくなってしまうので、注意しなければいけません。

そこで本製品は奥行きのサイズを短くする事によって、足の高さを低くする事に成功しているのです。

実際に本製品のサイズは幅48×奥行24~32cmになっているので、お尻だけをサポートするようなクッションになっています。

そのため、車のペダルを踏みやすくなっているので、腰痛が原因で車を運転しづらい事について悩んでいる方には、本製品はおすすめのクッションです。

ソフトパイマー

本製品は『ソフトパイマー』という中材を採用していて、柔らかい素材になっていますが、短時間で元の状態に戻るようになっています。

そのため、本製品に座ったら、優れたクッション性と復元力によって、座り心地がよくなっているのです。

このような特徴があるクッションなので、長い時間に渡って、車のシートに座っていても、お尻があまり痛くなりません(個人差があるので注意)。

厚みは調整可能

本製品はお尻だけをサポートするような形状になっていますが、それでもクッションの高さが身体に合わなければ、車を運転しづらくなってしまいます。

そこで本製品は、ソフトパイマーを出し入れする事によって、クッションの厚みを調整できるようになっているのです。

ただし、ジョウゴを利用しなければ、上手にクッションの中にソフトパイマーを入れられないので注意しなければいけません。

もしもジョウゴがない場合には、硬めの紙を丸めて、ジョウゴの代わりに使用して、クッションにソフトパイマーを入れるようにして下さい。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

車の運転をする際に注意すべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすいクッションになっていますが、車を運転する際にはいくつか注意しなければいけないポイントがあります。

そのポイントを知らなければ、腰痛を悪化する恐れがあるので、どのような所を注意すれば良いのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

お尻の位置

車を動かしたら振動するので、腰痛の方は正しい姿勢をキープする事が難しいです。

そのため、車を運転している際に、お尻が前のほうへズレてしまう時があります。

もしも、お尻が前のほうへズレてしまえば、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまうので、腰に大きな負担をかけてしまうので注意しなければいません。

実際に本製品は、お尻だけをサポートするような形状になっている事から、お尻が前のほうへズレやすいので注意して下さい。

前のめりの姿勢は厳禁

車を運転している時は、前方に注目するので、前のめりの姿勢になってしまいます。

しかし、このような姿勢を続けていたら、猫背になってしまうので注意しなければいけません。

なぜなら猫背になってしまえば、腰に大きな負担をかけやすいからです。

さらに猫背になったら、背中が後方に曲がってしまうので、シートの背もたれに背中が接触した時に、お尻が前のほうへズレやすくなってしまいます。

そのため、車を運転する際には、正しい姿勢をキープするようにして下さい。

運転する時間

街中で車を運転する際は、それほど問題にはなりませんが、高速道路を運転する際には目的地へ早く着くために、あまり休憩をしないで車を運転する方がいます。

実際に高速道路は、街中とは違って休憩できるような場所は限られてしまいます。

そのため、腰が痛くなって休憩を取ろうとしても、SAやPAまで到着するのに1時間近くかかる場合があるのです。

そのような運転をしていたら、腰痛が悪化する恐れがあるので、高速道路を運転する際には、早めにSAやPAに立ち寄って休憩を取ったほうが良いです。

本製品の商品情報

本製品の魅力や、運転する際の注意点を分かってもらえた所で、次に本製品の商品情報も紹介するので、このクッションを詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

カラーバリエーション

腰にかかる負担を軽減できるクッションでも、自分の好みの合うカラーが無ければ、購入したくない方は多いで多いでしょう。

そこで本製品は豊富なカラーバリエーションが用意されていて、ブラック・グレー・ネイビーブルー・ブルー・グリーン・ライトグリーン・ダークブラウン・ブラウン・モカベージュ・イエロー・オレンジ・レッド・ピンクなどがあります。

これだけ多くのカラーバリエーションが用意されているので、多くの方が、自分の好みに合うカラーを見つけられる事ができます。

ただしグリーンは、売り切れとなっているので、注意して下さい(2018年1月11日時点)。

低価格なクッション

本製品は特殊な形状や素材を採用しているので、値段が高いように感じてしまった方は多いかもしれません。

所が、本製品は低価格なクッションになっていて、楽天市場では送料別ですが税込価格3,586円で販売されているのです(2018年1月11日時点)。

このように低価格なクッションになっているので、自分だけのクッションではなく、家族の方も利用できるように、2~3個まで購入しても、それほどお金をかけないで済みます。

利用者たちの口コミ

本製品は魅力的なポイントが多かったので「本当にそこまで魅力的なクッションなのだろうか」と半信半疑になった方は多いかもしれません。

そこで本製品を利用している方たちの口コミを紹介するので、本当に魅力的なクッションなのか、確認してみて下さい。

良い口コミ

本製品は復元力の高いソフトパイマーを採用している事もあって、柔らかいクッションになっているのに、つぶれない所を気に入っている方がいました。

そのため、柔らかいクッションで、お尻があまり沈み込まない商品を探している方は、本製品を検討してみる価値があります。

そして豊富なカラーバリエーションを用意しているクッションなので、自分の好みに合うカラーを見つけられて、満足している方もいました。

そのため、自分の好みの合うカラーをしているクッションが見つけられない方も、本製品を検討してみる価値があります。

悪い口コミ

本製品はお尻をサポートする事ができますが、その事によって、座高が高くなってしまう所を不満に抱いている方がいました。

ただしクッションを座面に敷いたら、どのような商品でも座高は高くなってしまうので、この辺りは仕方のない部分です。

本製品は柔らかいクッションになっていますが、利用者たちの中には、硬く感じてしまう方もいました。

実際にクッションの硬さは、個人差があるので、全ての方が柔らかく感じる訳ではないので気を付ける必要があります。

まとめ

本製品はお尻までをサポートできるような形状になっているので、足は低い位置になります。

そのため腰痛が原因でクッションを利用したら、足が高い位置になってしまって、車を運転しづらかった場合には、本製品を購入してみる価値があります。

ただし本製品にソフトパイマーを入れすぎたら、座高が高くなって、車を運転しづらくなるので、高さを調整する際には注意して下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション