腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛と敷き布団との関係はとても重要であり、切っても切り離せない縁です。

   

タンスのゲン 三つ折り 高反発マットレス シングル 10cm 密度25D 140N ブラウン AM 000062 BR

腰痛持ちである私にとって、寝具はとても重要なものです。

例えば疲れを取るのも寝具に依存する場合があります。

特に、敷き布団と自分の体とがあう、あわないについては腰痛になるか、ならないかということに大いに関係してきます。

では腰痛を改善するための敷き布団とはどのようなものなのでしょうか。

私自身の経験をもとに整理をしてみました。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

布団が柔らかいと痛みが出てきます

布団が柔らかい場合、腰痛の症状が出やすいとされています。

では、なぜ布団が柔らかいと腰痛の症状がでやすいのでしょうか。

原因は人間の骨の作りに影響します。

背骨は横から見ると湾曲した形になっています。

その湾曲した背骨を支えるのは周りにある筋肉です。

柔らかい布団の場合にはその筋肉によって布団と体とを支える点がなくなることになり、体全体で支えることになります。

体全体で支えるのは一見良さそうに見えますが、結果はその逆で、体の骨格部分をバランス良く支えることができない状況となります。

結果、体が歪んだ状態に陥り、腰に負担をかけることになります。

さらに、寝ている間はその腰に負担がかかる状況が続くことになります。

朝起きると腰の周りが重い感覚があるのは、敷き布団が体にあっていない証拠を意味しているのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

敷き布団の選び方について

ではどのような敷き布団が体に良い、もしくは体に合っているとされているのでしょうか。

答えは、固めの敷き布団が良いとされています。

敷き布団が硬い場合、体と布団とを支える点が決まりますが、その支えている点が体の骨格部分をバランスよく体の姿勢を保つ役割を果たします。

結果、硬い敷布団の場合は疲れにくく、腰痛にも良いとされています。

私の場合は、腰痛がひどかったのですが、薄めで硬い敷き布団にしたところ、疲れもとれやくす、腰痛も軽減されました。

床ずれの症状

一番ひどかたのは、寝ている間に床ずれができる症状となったことです。

3年前にギックリ腰となり、動けずに柔らかい布団で寝ていたのですが、2日目くらいになると、床ずれの症状がでてきて、余計に腰痛が出ているように思えました。

そこで、畳の部屋で寝るところへ熱めのタオルケットを敷き、しばらく寝ていると、次第に床ずれの症状が回復してきました。

このような結果からも、敷布団は固めの方がよいことが証明されたと言えます。

このギックリ腰となった以降、敷き布団を固めにし、さらに腰に疲れが出てきた場合には、畳の部屋で横になり、手を頭の上にあげて腰を伸ばす運動をすることにしながら、腰痛改善に努めています。

寝返りも腰痛予防の1つ

寝返りも腰痛予防の1つと言えます。

それはなぜでしょうか。

例えば、硬い敷き布団を購入するにも、価格の面ですぐに購入できるものではないと思います。

もし、もし柔らかい布団を使っていらっしゃる場合でも、腰痛を予防する方法があります。

それは寝返りです。

寝返りという行為は実は体に良いのです。

ただ一般的に、寝ている時の寝返りがひどい、など寝返りに対してネガティブなイメージがあります。

逆に、寝返りを打たなくなってから腰痛や体が疲れやすい状況になることもあります。

寝返りをしない状況は、長時間同じ姿勢で寝ているということになります。

人間の体は長時間、一定の姿勢を保っている場合には、筋肉が硬直しやすくなります。

よく、デスクワークで長い時間、パソコンに向かって仕事をしている方に腰痛や肩こりが多いのは、一定の姿勢が続くことによって体の筋肉が硬くなるためです。

硬くなっているということは、その硬い場所に力が常に入っている状況となります。

その結果、力が一極集中することとなり、疲労がたまり、痛みが出てくるのです。

低反発のマットレスで腰痛の予防ができるか

マットレス トッパー 高反発&低反発の二層式【MLILY エムリリー】デンマーク生まれ シングル 厚み3cm

敷き布団についてはなるべく硬めの物が良いとされていますが、では低反発のマットレスを利用すると、腰痛を予防できるのでしょうか。

低反発のマットレスの場合は、体の形に合わせてまっとれずが沈む込むことになります。

一般的には、低反発のマットレスは敷き布団の部類としては固めの仲間になりますので、腰痛の予防には役立つことになります。

敷き布団の良さは値段では決まりません

敷き布団の良さというものはどういう指標で決まるものでしょうか。

例えば、値段という指標が1つあります。

一般的に布団の値段が高いと、その布団の価値が高いということもあります。

しかしながら、値段が高いと良いとされるのは一般的には掛け布団であることが多いはずです。

例えば、掛け布団の場合、材質が軽くて暖かい場合には、値段は高めになります。

布団の重量は羽毛や羊毛の素材によって変わってきますが、羊毛や羽毛の場合にはその重量が顕著に現れてきます。

一方、敷き布団では、高いものもあれば、安いものもありますが、決めては体に合うか合わないかが重要です。

少なくとも睡眠時間として6時間から8時間程度は布団の上で過ごすことなります。

つまり1日のうち4分の1から3分の1は布団の上で過ごすことになりますので、敷き布団が体にあうことが一番の重要なポイントであると言えます。

高い敷き布団だから性能も、体にも良いだろうとされる考えは捨てましょう。

さらい、敷き布団を選ぶ際は、実際に寝具店へ足を運び、寝てみて、体にあうか合わないかを体験して決めることをおすすめします。

定期的に敷き布団を裏返しをしましょう

敷き布団を購入した後のメンテナンスとして、定期的に裏返しながら利用をします。

毎日同じ布団の向きで寝ていると、体の形ができてしまい、布団としては悪くなります。

また布団としても長持ちがしにくいものとなります。

1ヶ月に1回程度は寝る方向を変えながら、利用をしていきます。

これはマットレスでも言えることです。

ただ、マットレスの場合は重量も布団よりは重く、方向を変得たりする場合には1人では大変かもしれません。

ただ定期的にマットレスを裏返したり、方向を変えていくことにより、体の形がつきにくくなり、マットレスも長持ちします。

外出先での工夫

出張や旅行などでホテルや旅館に宿泊をする場合があると思います。

このような時、布団やベッドの硬さを選ぶことはできない場合があります。

最近では一部の旅館など、布団を利用する場合には、腰痛用の敷き布団を利用できるところもあり、腰痛持ちには大変重宝されるサービスではありますが、一般的には布団を選ぶことはできません。

さらに、ベットの場合には、そういうわけにもいきません。

そこで、ベッドの硬さを調整する場合に有効なものがあります。

それはバスタオルです。

宿泊する部屋にはバスタオルが何枚か備え付けていると思いますので、このバスタオルを寝る場所に重ねることにより、柔らかいベッドでも硬くなります。

もしバスタオルの枚数が足りない場合には、フロントへ話をすると何枚か貸していただけますでの利用しましょう。

このようにして備え付けのベッドや敷き布団に対して工夫をしながら、硬めの床を作っていくことをおすすめします。

まとめ

腰痛におすすめ 【MLILYエムリリー】マットレス トッパー 優反発&高反発の二層構造 シングル 厚さ5cm

腰痛持ちにとって、寝具とは非常に重要な要素であると思います。

敷き布団の場合は、特にその中でも大事なものではあります。

もし、寝具選びをする際には、必ず寝具店などに足を運んでいただき、自分の体に適した敷き布団を購入するようにしましょう。

疲れが溜まりやすく、腰痛になりやすい方は是非寝具選びをされることおすすめします。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団