腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛になってしまった、慢性の腰痛のようだ。座るのが辛いのだけど腰痛用のクッション、役に立つだろうか?

      2018/05/14

U-miss 高反発骨盤クッション 腰痛 坐骨神経痛 クッション 姿勢矯正 骨盤サポート 高反発 車椅子 デスクチェア用 座布団 メッシュ地【2年保証付】

腰痛は苦しいものです。

しかもそれが、座っている時に痛むと言うのは、休憩もできないということにもなってしまいます。

勿論デスクワークには、大きな支障が出てしまいますね。

これを何とか、腰痛軽減させるために開発されたのが、腰痛用のクッションです。

特に姿勢が悪く椅子に座っている時間の長い人には、大変に役立つ腰痛用のアイテムです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛と一言で言うけど原因も痛みも様々

腰痛というのは、腰のあたりに痛みを感じるもの、と簡単に定義されてしまいます。

まあ実際に、それが全てとも言えます。

しかし腰痛になってしまう原因は、1つではありません。

座っている時も立っている時も姿勢が悪い

寝ている時以外の姿勢が良くない人の場合、腹筋や背筋も衰えますし背骨にも負担がかかります。

結果腰痛を覚えるわけですね。

大体こういう人は外から見て、猫背の姿勢をしています。

背骨のS字カーブが崩れてしまっているのです。

首が前に突き出して、骨盤が受け腰になっているのが特徴です。

近年の若い人に、残念ながら多いですね。

S字カーブが崩れてしまうと腹筋も背筋も、インナーマッスルも衰えてきますので、腰椎などの関節に負担がかかってきます。

これが腰痛につながるのですね。

普段から腰の曲げ伸ばしや負担の多い姿勢を取る

仕事で荷物の上げ下ろしを日に何回もやった場合や中腰での姿勢で長時間過ごした場合に腰痛が慢性化することがあります。

これも上記と同じように、背中のS字カーブが崩れてしまうというのが、腰痛の原因になります。

それに加えて、腰を曲げるという行動が、腰椎や骨盤に負担をかけてしまい、それを長期に行うことで関節部の劣化を招いた結果もまた腰痛の原因になります。

慢性化した場合、寝ていても立っていても座っていても痛むケースが多く、厄介な腰痛です。

関節部の劣化が原因の場合が多いので、整形外科のお世話になっている人が多いのも、この手の腰痛持ちの人ですね。

運動や急に重い荷物を持ったりしての腰痛

急性の腰痛です。

いきなりの負荷をかけた結果、筋肉に炎症を起こして腰痛になるケースです。

場合によっては背骨や腰椎がねじれてしまっていることもあるので、要注意なケースでもあります。

翌日になっても痛みがひどい場合は、医師の診察を受けたほうがいいですね。

これも慢性化すると厄介な腰痛です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

慢性化してしまった腰痛はなだめつつ妥協しつつ

例えば椎間板ヘルニアなどの原因があって腰痛になった場合、その原因が取り除かれるもしくは緩和されれば、腰痛も楽になっていくものです。

しかし、その過程において、何とか身体に負担をかけずにと思うのは当たり前のことですね。

また軽い腰痛が慢性化してしまって、でも医学的には問題がないと言われた場合も、例えば坐骨神経痛などですが、何とか痛みを軽減したいものです。

日常生活では、立つ、歩く、座る、が基本の動きになります。

デスクワーク中心の人の場合、日中は座るというのが結構な時間をしめます。

タクシーやトラックのドライバーの場合、もっと座り時間が長くなります。

それ以外の人でも、実は座っている時間というのは結構長いものなのです。

まあ実際この座る姿勢がないと、何と言っても脚が疲れてどうにもなりませんね。

でもその座ること自体で腰痛を感じたら、これは何とか緩和しなくてはならないということになります。

ここで腰痛との妥協点を見つけないと、かなり生活が苦しくなるのは言うまでもありません。

椅子に座っての腰痛の場合のお助けは

という事で腰痛用のクッションの出番です。

かなりの種類が市場に出ていますので、自分の症状に合ったクッションを見つけると、生活が楽になります。

デスクワークや座り仕事主体の人のおすすめタイプ

デスクワーク主体の仕事や、ドライバーなどいわゆる座り仕事の場合、このクッションのあるなしではかなり腰痛にも違いが出てきます。

何しろ1日の大半座っているのですから、ここでしっかりとしたクッションを選んで使用したいものです。

この手の人の場合、やはり姿勢が問題になってきます。

特にデスクワーク中心の人の場合、猫背になりやすいのが特徴です。

姿勢矯正の機能のある腰痛クッションを使用するのがおすすめです。

後ろが少々高くなっているので、自然に背筋が伸びるように設計されています。

ドライバーの場合、これに加えてウエストの後ろに入れるタイプのクッションを併用すると、一層効果的です。

硬めの素材でできたクッションのほうが、体重を受け止めてでも姿勢を崩さないのでおすすめです。

ヘルニアとか外科的なトラブルが原因の腰痛

背骨の異常とかヘルニア、怪我などが原因での腰痛の場合です。

原因を取り除いてしまえば勿論、腰痛は緩和されます。

しかしそこに行くまでの過程で、あれこれ出ていたトラブルが残っていることもありますから、当分は腰痛とのお付き合いが継続してしまうことが多いのです。

そういった場合におすすめは、上手くお尻全体を包んでくれるようなタイプの腰痛クッションです。

特に坐骨神経痛などの場合、腰だけでなくももの裏側にも痛みを感じますので、腿のあたりまで支えてくれるクッションがおすすめです。

またこういったケースの場合、臀筋などが衰えてしまっていることがあります。

激痛が続くと動けなく、もしくは動きがきちんとできなかった結果、臀筋が落ちてしまうのですね。

そうなった場合座った時座面に当たって結構痛むのが、坐骨と尾てい骨に尾骨です。

この2点が当たらないように設計されたクッションだと、かなり楽に座っていることが出来ます。

椅子だけでなく床にも座ることが多い

椅子に座っている時間もあるけど、床に座っての作業も多い人の場合、座椅子タイプの腰痛クッションの使用がおすすめです。

このタイプなら、床に座っての仕事も腰痛を軽減しつつ出来るので、大変にお助けになります。

加えてこのタイプでも、椅子にも置けるという製品もありますので、そちらを使用すると生活が一層楽になります。

姿勢矯正のするタイプが多いので、そういった意味でもおすすめのクッションです。

クッション使用や購入で注意しておきたいこと

腰痛緩和や、また場合によっては腰痛の原因にも働きかけてくれる腰痛用のクッションですが、ちょっと気をつけておいたほうがいいこともあります。

自分の身体にあったものを選ぶこと

特にヒップ全体から太ももにかけてカバーしてくれるタイプのクッションの場合、自分の体型に合ったものを選んでおきたいですね。

しっかりと下半身を支えてくれるタイプですので、太ももにもフィットしているのが望ましいところです。

またヒップも、すっぽりとはまるようなサイズであってほしいのは勿論です。

尾骨に痛みを感じる人の場合、ちょうどいい場所にそれ用の穴が空いているかなども、しっかりとチェックしておきたいものです。

ついついやってしまうけど長時間座りすぎないこと

さてこれは、筆者も時々やってしまうことなのですが、楽になったからと言って座り続けてしまわないことです。

座っていても痛みが少なくなって作業が楽になったせいで、つい座り続けて作業をしてしまうことがるのです。

これが腰痛用クッション使用で最も怖いところです。

せめて1時間に1回、立ったり伸びをしたりを忘れないようにして欲しいですね。

せっかく緩和された腰痛が、戻ってきてしまわないためにも、心地よいからと言って座りすぎないようにしてください。

まとめ

腰痛用のクッションの種類は、本当に数多くなりました。

どれを選んで良いのかいささか悩むところですが、どれもきちんと工夫雨されて作られているので、後は使用者の身体の状態に合うかだけが問題になります。

とにかく出来るだけ症状に合った、そして自分の身体にフィットした品を選ぶのが、一番のおすすめです。

痛む場所をカバーっしてくれるタイプのクッションを、きちんと選べば日常生活がぐんと楽になりますよ。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション