腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛になりにくい体を作る!さらにおすすめの入浴剤を紹介

   

StockSnap / Pixabay

人は慣れない運動をしたり疲れが溜まると肩が凝ったり腰痛になってしまうことがあります。

一度痛みが出ると治るには時間もかかりますし痛みがあるからといって仕事を休むなどなかなかできません。

体がきつくならないためには、体を丈夫にしたり休ませたりすることが大切です。

そのためにも是非入浴剤を使い日頃の疲れやコリをほぐしてください。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

腰痛の原因とは?

急激な運動や働き

腰痛と聞くと、若いうちはならないと思っていませんか?

腰痛は誰にでもなり得るんです。

なぜなら腰痛は、ちょっとした動きでなってしまうからです。

例えば普段体を動かさない人が急に運動をしたり重い荷物を持ったり普段と違う行動をすることで一時的に腰痛になってしまうことがあります。

個人差もありますが、痛みがすぐに始まる人、止む人、数日経ってから痛みが来る人と分かれますが早ければ数日で治ることがほとんどです。

病院に通院する人は少なく湿布などで完治することが多いです。

姿勢からくる痛み

現代社会では、この原因が多いと考えられます。

年齢や男女問わずなりやすいからです。

例えば若い人ならスマホやタブレットなど下を向いている時間が長くないですか?

首の凝りから肩、腰へと移ることもありますし長時間のパソコン作業や座りつづける作業は腰を痛めやすいです。

また普段から猫背のように姿勢が悪いと腰痛になりやすくなります。

姿勢が原因の場合、実は治すのが厄介なんです。

というのと姿勢を直すというのは根気がいりますしもともと猫背なら常に姿勢を意識しないと猫背は直りません。

また座っての仕事などが原因となっても座らずに仕事というわけにはいきませんよね?

そのためどう改善していくかが難しくなります。

長時間座って仕事する人でも、時には立って体を伸ばしたり休憩時間や自宅で簡単なストレッチをしたりすることで、腰痛になりにくい体を作ることが必要となります。

治療が必要となる腰痛

一時的な腰痛であれば、時間はかかっても自然治癒することもできますがヘルニアやギックリ腰など治療が必要な腰痛があります。

普段の腰痛とは明らかに違う痛みや強い痛みがある場合は早めに治療を始めてください。

年齢と共に骨が弱くなる

年齢を重ねるに連れて骨が弱くなってしまいます。

そのため腰痛につながってしまうこともあります。

骨が弱くなってしまうと少し転んだだけで骨折してしまうこともあるので骨を丈夫にすることが大切なんです。

高齢になっていくにつれて歩くことも大切になっていきます。

適度に体を動かすことで体が柔軟になりますので、無理のない範囲でウォーキングや水中ウォーキングがおすすめです。

また腰の痛みを感じたら治るにも時間がかかるので早めに病院へ行くのもよいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

腰痛を和らげる入浴方法

ストレッチで効果アップ

腰痛を和らげるためにお風呂にゆっくり浸かる人も多いと思います。

なかでもおすすめなのは軽いストレッチです。

あまり激しくやりすぎると余計痛みが強くなってしまいますが、ゆっくり動かしたりマッサージしたりすることでより痛みが和らぎます。

短か過ぎず長過ぎない入浴

体を冷やすことはよくないと思い、長風呂している人いませんか?

確かに体が冷えると血行促進も悪くなりますが、だからといって長風呂はあまりおすすめできません。

体を温めることは大切ですが、長時間浸かることで逆に体が疲れてしまいます。

浸かる時間は15分程度で充分です。

腰痛に効果的な入浴剤

きき湯

きき湯 マグネシウム炭酸湯 気分ほぐれるカボスの香り 柑橘色の湯 360g 透明タイプ 入浴剤 (医薬部外品)

腰痛や肩凝りには炭酸系の入浴剤がおすすめです。

なかでも、きき湯は粉状となっており使う量が調整できるのもおすすめですが炭酸が強いので凝りがほぐれやすく疲れもとりやすいです。

バブ

バブ 温もり和果 12錠

バブと聞けば昔からある炭酸系の入浴剤ですよね?

その種類は今はたくさん増え香りでも楽しむことができます。

またクール系の入浴剤もあるので夏場や熱いお風呂が苦手な方にはおすすめです。

入浴剤なら簡単にスーパーやドラッグストアで購入できるのでただお風呂に浸かるのではなく入浴剤を使いより効果のあるお風呂にしてください。

入浴剤の効果とは?

保湿効果

最近は入浴剤どころかお湯を溜めない人も多いと思います。

ですが、入浴剤を使いお風呂に浸かるということは大事なんです。

入浴剤の種類には保湿成分配合の入浴剤を使うと保湿効果が高まり乾燥から肌を守ってくれます。

冬場は大人でも乾燥しやすいですし、赤ちゃんなら1年を通して乾燥しやすく肌が弱いんです。

そのため保湿というのがとても重要となります。

もちろん保湿クリームを使うこともできますが、保湿成分の入浴剤を使うだけでも肌がしっとりします。

癒し効果

入浴剤にはさまざまな香りがあるのはもちろんですが最近はとろとろしている入浴剤や花びらが入った入浴剤、泡の出る入浴剤などみて楽しむ入浴剤もあります。

香りやみて楽しむことで癒し効果があり気持ちが落ち着きます。

気持ちが落ち着くことで体がほぐされ疲れが落ちるんです。

血行促進効果

体を温めることで血行促進効果が高まります。

血行促進がよくなることで体が温まりやすく冷え性になりにくくなります。

したがって凝りもほぐれやすくなるので腰痛改善にもつながります。

腰痛になりにくい体を作るには?

姿勢を正す

腰痛に一度なると1日で治るというのは正直難しいです。

では、腰痛になりにくい体を作るにはなにをすればよいでしょうか?

まずは姿勢を意識することです。

姿勢の悪さは腰に直結しますので、猫背の人なら背筋を伸ばしたり座りっぱなしの仕事をしている人なら適度に立ったり座っている時も姿勢を意識するようにしましょう。

極端に背もたれに寄りかかったりなど、座った状態の姿勢が悪いと腰痛につながってしまいます。

また仕事以外ではなるべく立つようにしてみてください。

2階くらいなら階段を使う、いつも座っているバスを立って乗るなど背筋がまっすぐになるように意識してみてください。

骨を丈夫にする

骨を丈夫にするといってもなかなか難しいです。

よく言われるのはカルシウムを摂取するとよいということですよね?

もちろんカルシウムが豊富な食材を食べてカルシウム不足を補うことはとても大切ですが、補うがゆえに食べ過ぎたりしてしまわないように気をつけましょう。

また高齢の方なら食べる量も減ってしまいカルシウムをうまく食材から摂取するのが難しくなります。

そんな時にはサプリメントをうまく活用してください。

ストレッチをする

自宅やちょっとした合間に体のストレッチをしましょう。

決して激しいストレッチではなく簡単に伸びをするだけでも大丈夫です。

体を適度に動かすのはとても大事なことですが、無理をするのが1番よくありません。

むしろ、他の体まで痛めてしまうことにもなりますので無理のないストレッチを心がけてください。

ゆっくりお風呂にはいる

また疲れた時には、いつもより少し長くお風呂に浸かり疲れをとるようにしましょう。

疲れが溜まったりするとそれだけ痛みも蓄積されてしまうのでなるべく疲れは溜めないようにしてください。

またストレッチや入浴は寝る直前よりも2時間程度前の方がおすすめです。

簡単なストレッチなら大丈夫ですが、お風呂に入り体が温まると疲れが取れるというのもありますが逆に目が覚めてしまい、寝つきが悪くなってしまう原因にもなります。

そのため、寝る直前の入浴よりも少し前に入浴して疲れを取ることで、睡眠の質もあげることができます。

まとめ

今では入浴剤は、とても種類が多く箱売りしているものやボトルのもの個包装になっているものなどさまざまあります。

日頃使う入浴剤やちょっと高級な入浴剤などで楽しみながら腰痛や肩こりを改善するのもおすすめです。

また高級な入浴剤ってなかなか自分では買えませんよね?

そんな時は誕生日プレゼントや記念日などちょっとしたプレゼントにもおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤