腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛に効果のある敷き布団を選ぶときに重視するポイントとは

   

ねむりっち 東洋紡 ブレスエアー ほっこりんファイン ウォッシャブル 敷き布団 ブレスエアー35㎜/CV立体中芯  【20日間安心保障】

敷き布団を選ぶときには、まずは自分の体としっかり相談を行うようにしてみましょう。

固すぎるタイプでも、柔らかすぎるタイプでも、腰への負担はとても大きくなってしまいます。

どのくらいの固さがちょうど良いのかは、他の人が決めることではなく、自分で決める必要がありますので、まずは敷き布団について理解をしてみましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛の人が選んではいけない敷き布団とは

腰痛を持っている人はどのような姿勢でも辛い

腰痛を持っている人は、その人にしか分からない辛さがあるでしょう。

とくに、楽だと感じるかもしれない横になる行動は反対にとても辛く感じてしまうでしょう。

体を休める行為がかえって体に大きな負担を感じさせてしまっていることは、腰痛持ちであれば多くの人が経験をしているはずです。

人の体は立っているときには、腰の筋肉により体自体を支えています。

そのため、腰にとても大きな負担が生じているのですが、寝転んだ状態の場合は基本的には体を支える箇所が増えるため、楽に感じるはずなのです。

しかし、寝る姿勢が腰に大きな負担を感じてしまっている場合は、それは横になる姿勢やその横になっている場所にある素材や形状などに問題があるのです。

こうした状態を続けてしまうことで、体を休める行動を取っているときにも、腰痛はどんどんと酷くなってしまう可能性があります。

酷い場合には、立っているときよりも腰への負担が大きくなってしまい、眠っているときに悪化してしまうようなこともあるのです。

柔らかすぎる敷き布団のタイプ

柔らかすぎる敷き布団のタイプは、腰が沈みすぎてしまい背骨から腰に大きな負担がかってしまうことがあります。

実は体制にもよりますが眠っているときは、腰に80パーセント以上の体重がかかっていると言われているのです。

敷き布団が柔らかすぎるタイプであれば腰の部分が極端に沈んでしまうので、体重が腰に集中して腰痛が酷くなってしまうのです。

柔らかいベッドのマットレスも同じように腰には良いとは言えません。

固すぎる敷き布団のタイプ

では、固すぎる敷き布団ではどうでしょうか。

固い床などで眠ったことがある人ならば想像できると思いますが、こうした場所で眠ってしまった場合、起きたときに体中が痛くなってしまったと言う経験があるはずです。

また、固い床の上で腹筋トレーニングなどを行うとすぐに腰が痛くなってしまいます。

人の体は背中から腰にかけてはS字カーブを描いているようになっています。

これが固い場所に寝てしまうことで、ほぼ直線に近い状態になります。

こうしたことからも、固すぎる敷き布団のタイプは腰痛には非常に辛い状態になってしまうことが理解できるはずです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛の人が選ぶべき敷き布団とは

まさにちょうど良い固さであることが重要

では、腰痛の人が選ぶべきである敷き布団とはどのようなタイプなのでしょうか。

それは、まさに自分の腰に合っているちょうど良い固さだと言うことなのです。

こう聞くととても難しいように感じるかもしれませんが、腰への負担が少ないと感じる布団だと言うことなのです。

これは実際にその敷き布団に横になってみないと分からないことでしょう。

さらに、短時間で決められる物ではなくしっかりとその弾力性を確認して選ぶことが求められます。

敷き布団の中には、とても柔らかいタイプもとても固いタイプも存在しています。

こうした敷き布団があるのは、こうしたタイプを好みとしている人もいると言うことです。

つまり、その人の体の状態に合わせて敷き布団を選ぶことが求められるのです。

腰への負担を減らしてくれる敷き布団3選

雲のやすらぎプレミアム

腰痛持ちで悩んでいる人であれば、この雲のやすらぎプレミアムは聞いたことがある商品でしょう。

腰痛持ちでない人でも高い指示を得ている雲のやすらぎプレミアムは、まさに雲の上に眠っているような気持ちの良い感覚を得ることができます。

厚みが17センチもあるこの敷き布団は、どのような体制でも体をしっかり維持できますので、腰痛に苦しんでいる人にはまさにおすすめできる敷き布団です。

また、シングルサイズとセミダブルサイズ、そしてダブルサイズから選びことができますので、大柄の人でも安心して購入することが可能です。

敷き布団自体の反発能力は、体重が50キロから80キロほどの人を対象として作られていますので、こうしたポイントもチェックして購入してみましょう。

13層やすらぎマットレス

13層やすらぎマットレスは、寝具選びに困っている人でもすぐに納得ができる敷き布団となるでしょう。

13層やすらぎマットレスは、まさにかつてない敷き布団として広く知られるようになってきました。

その名前の通り13層になっています。

中心にはコイルが入っており、その上下には何種類ものウレタンが入っています。

このウレタンとコイルの絶妙なバランスが独特の柔らかさを作っているのです。

長時間の睡眠でも、少し固めのコイルが肩甲骨や骨盤の重さに合わせて沈みこんでくれます。

そのため腰や首にかけて自然なS字カーブを作ることができ、常に良い姿勢を保ちながら眠ることができるようになります。

これほどの性能がありますので、敷き布団としては少し重量があると感じるかもしれませんが、長く愛用するにはちょうど良い敷き布団となってくれるでしょう。

ブレスエアーファイン

ねむりっち 東洋紡 ブレスエアー ほっこりんファイン ウォッシャブル 敷き布団 ブレスエアー35㎜/CV立体中芯  【20日間安心保障】

固すぎず適度な弾力が魅力的なブレスエアーファインは、適度な低反発素材を使用することで実現しています。

敷き布団の重要なポイントに、厚みと密度があります。

気持ちが良く、さらに腰痛への負担を軽減してくれる敷き布団は、この厚みと密度のバランスがとても良い物だと言えるのです。

ブレスエアーファインは、まさにこのバランスを重視した敷き布団なので、気持ちの良い眠りを味わうことができるでしょう。

また、ブレスエアーファインは比較的安価に購入することができますので、まずは腰痛に良いとされる敷き布団を試してみたいと考えている人にはおすすめだと言えます。

自分に合っている敷き布団を選ぶ方法

体圧分散力を見極める

もともと腰痛がない人でも寝具が合わないために、腰痛になってしまったと言う例は実はとても多いのです。

布団が柔らかすぎて体が布団に沈みすぎてしまう、また寝返りを上手く打てないために一定の箇所に体重がかかりすぎてしまい腰痛を招いてしまうのです。

これは寝ている人の体重が腰に集中しているためですが、重要なことは体重を敷き布団によりしっかり分散させることができるかどうかなのです。

ただ、こうした機能はその人の体重や眠る姿勢などにより大きく異なってきます。

どのような不自然な姿勢で眠っても、体の体重をしっかり分散してくれる自分に合っている敷き布団を選ぶことが重要なのです。

コストパフォーマンスを重視する

また、敷き布団は長期間使用していくことで弾力性が低下していきます。

一度低下した弾力性を元に戻すことは簡単ではありません。

すぐに弾力性が低下してしまうことはありませんが、低下していくことを想定してできるだけコストパフォーマンスに優れているタイプを購入することが良いでしょう。

まとめ

敷き布団には、とても多くのタイプがあります。

腰痛を抱えている人も、そうでない人でも敷き布団選ぶには慎重になるべきでしょう。

快適な睡眠を行うことは、体にとってとても重要なことです。

そのためには、まずは敷き布団についての知識を高めてから購入することも大切なことです。

突発的に購入するにではなく、本当に自分に合っているタイプはどのような物なのかを理解しておきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団