腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛に悩む妊婦さんでも安心して使えるマットレス選びのコツ

      2017/09/08

マットレス トッパー 高反発&低反発の二層式【MLILY エムリリー】デンマーク生まれ  セミダブル 厚み7cm

女性は妊娠すると腰を痛めやすいと言われています。

しかし多くの場合妊娠中の腰痛は病気ではなく、安全に出産するための準備なのです。

痛み止めを使ってごまかすのではなく、腰に負担をかけないマットレスを使って普段から腰をいたわることが大切です。

ここでは妊娠中の腰痛の原因と、妊婦さんでも安心して使えるマットレスの選び方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

腰痛に悩む妊婦さんが多い理由とは?

妊婦さんが腰を痛めやすいのは体が赤ちゃんを産む準備をしているから

「今まで一度も腰の悩みを抱えたことがなかったのに、妊娠してから急に腰痛持ちになってしまった!」という女性が多くいます。

中には運動や仕事はおろか、寝ていることさえ辛いほどの腰痛に悩まされている女性も。

実は、妊婦さんが腰を痛めやすいのは、体が赤ちゃんを産むための準備をしているからなのです。

女性の体は、胎内の赤ちゃんの成長と共に少しずつ変化していきます。

大きくなった赤ちゃんがスムーズに産道を通れるよう、骨盤や背骨の形そのものが変形しているのです。

そのため妊娠中の腰痛はある程度仕方のないことといえます。

とはいえ、その痛みは妊婦さん本人にとってみれば仕方がないでは済まされない辛いものですよね。

妊婦さんの腰痛は、原因を知って正しく対処すれば、ある程度痛みを抑えることもできます。

妊娠による骨盤の変化は病気ではないので、治すということはできませんが、骨盤ベルトやマットレスなどを使ったケアを行うことで痛みを緩和できるかもしれません。

妊娠初期に起こる腰痛と妊娠後期に起こる腰痛は原因が違う

ひとくちに妊娠中の腰の痛みといっても、大きく分けて2種類の原因があります。

妊娠初期に起こりやすい骨盤の緩みによる腰痛と、妊娠後期に起こりやすい背骨の変形による腰痛です。

妊娠初期に起こる腰痛は、骨盤の緩みが原因になりやすいと考えられています。

女性の体は妊娠3ヶ月ごろから「リラキシン」という一種の出産ホルモンを分泌しはじめます。

リラキシンは赤ちゃんをスムーズに出産するために必要不可欠なもので、リラキシンが分泌されると骨盤や関節、靭帯などの部分が緩みます。

すると、体が無意識に緩んだ骨盤を腰やお尻の筋肉で持ち上げようとするため、普段よりも腰に負担がかかりやすくなります。

これが妊娠初期に起こる腰痛に多いとされる原因です。

一方、妊娠後期に起こる腰痛は背骨の変形によって起こると考えられます。

妊娠後期になるとお腹の中の赤ちゃんの体重が増え、母親の体には常に10kg以上の重さが加わります。

しかも重心が体の前方に集中しているため、体を支えるためには常に背中の筋肉で体を後方に引っ張り続ける必要があるのです。

こうした生活が続くと、背中から腰にかけての筋肉に疲労が蓄積し、腰痛に繋がっていくというわけです。

いずれの時期に起こる腰痛も、あくまで一般的に起こりやすい原因です。

もしも痛みがひどいようなら、一度産婦人科の先生に相談してみましょう。

マットレスを変えると腰痛予防になる

妊婦さんは普通に生活しているだけで常に腰に負担がかかった状態が持続しています。

起きている間は座り方に気をつけてソファに体をあずけたり、骨盤ベルトを使用したりすると痛みを緩和することができます。

また、旦那さんに協力してもらって腰痛緩和マッサージをしてもらうのも有効ですね。

しかし問題は睡眠中です。

寝ている間はマッサージもできませんし、妊婦さんはお腹が大きいので寝返りをうったり、うつぶせに寝たりすることができないのです。

姿勢を全く変えずに寝るというのは、想像以上に腰への負担が大きい行為です。

ましてや妊婦さんのお腹には赤ちゃん一人ぶんの重みが加わっているのですから、腰への負担は倍増です。

そこで、妊婦さんには腰に優しいマットレスを使用することをおすすめします。

普段は布団を使っているという方は、赤ちゃんが生まれるまでの間だけでもマットレスに変えたほうが良いと思います。

赤ちゃんの体を案じるあまり、自分の体を大切にすることを忘れてはいけません。

1日に8時間以上もある睡眠時間、正しいマットレスを使って腰の痛みをケアしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

腰痛予防に効果的なマットレスの選び方!

妊婦のために開発されたマットレスがある!

腰痛に悩むかたの為に販売されているマットレスにも色々な種類があります。

しかし妊娠中の腰痛には、妊婦さんの為に開発されたマットレスを使うのがおすすめです。

実は、産婦人科などでも実際に導入されているマットレスの中には、最初から妊婦さんが使うことを目的に開発されたものがあります。

そうした妊婦さん専用のマットレスは、専門の医療機関でなくても、寝具メーカーやネットショップなどから購入することができるのです。

値段は通常の腰痛持ち向けマットレスと同じくらいなので、どうせ買うなら妊婦向けに特化した製品が良いでしょう。

マットレス選びのキーワードは「体圧分散マットレス」

たくさん種類があるマットレス、一体どんな商品がいいの?

と悩んでいる妊婦さんも多いと思います。

マットレスは用途によって使い分けるのが一番ですが、腰痛に悩んでいるなら「体圧分散マットレス」と表記されている商品から見てみましょう。

体圧分散マットレスとは、肩や腰などの睡眠時に負担がかかりやすい部分を保護するために開発されたマットレスです。

フカフカの布団に寝ると、人間の体は腰や頭などの重い部分が布団の中に沈み込んでいきます。

こうした布団は寝心地こそ良いものの、実は沈み込んだ部分に体重がかかり、余分な負荷をかけてしまうことがわかっています。

そこで開発されたのが体圧分散マットレス。

寝転ったときに体の重みが均等に沈むよう計算されたマットレスで、頭や腰などの重い部分がマットの中に沈みません。

長時間の睡眠で筋肉を痛めることがないので、腰痛を患っている方に多く愛用されています。

妊婦専用のマットレスは腰周りにあたる部分が柔らかい!

単なる腰痛持ちなら、通常の体圧分散マットレスでも十分に腰の痛みを緩和してくれると思います。

しかし気を付けたいのは妊婦さんの場合。

妊婦さんの場合、お腹の赤ちゃんに負担をかけないよう、腰周りのマットだけほんの少し柔らかく沈み込む加工が必要なのです。

通常の体圧分散マットレスには腰周りだけを柔らかく沈ませる加工がされていないので、マットレス選びのときには注意が必要です。

妊婦専用に開発されたマットレスは、妊婦さん本人にも、もちろんお腹の中の赤ちゃんにも負担がかからないよう、腰周りにあたる部分だけが柔らかく加工されています。

こうしたマットレスは、沈み込むタイプのマットレスに比べて、寝ているときに体勢を変えやすいため、腰への負担を減らすことができます。

軽く持ち運びができるマットレスがおすすめ

マットレスというと、なんとなく厚みがあってベッドにそのままドスンと置くような大きなものを想像するかもしれません。

でも実は、妊婦さん用のマットレスは女性でも一人で持ち運びできるような軽い商品も多いのです。

理由は、妊婦さんが産婦人科に入院するときや実家で里帰り出産するときでも簡単に持ち運べるため。

こうした軽いマットレスは布団の上に敷くだけで簡単に使えるので場所を選びませんし、出産後も継続して使えるので便利です。

妊婦用の体圧分散マットレスは大きいものほど効果があるというわけではありませんので、持ち運びができるものをおすすめします。

まとめ

腰痛予防に効果を発揮するマットレスは数有りますが、中でも妊婦さんの腰痛に特化した商品が開発されています。

大切なのは「体圧分散マット」「妊婦向けに開発された」「軽くて持ち運びやすい」といった要素を満たしているものを探すのが、マットレス選びのコツです。

十月十日とも言われる長い妊娠生活のなかで、睡眠時間を快適に過ごすためには正しいマットレスを選ぶことが重要ですよ。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団