腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の人が使うのに適しているクッションとはどういうもの?

   

【正規品】QUARTER REPORT クッション中材(圧縮) 45×45 日本製

腰痛の人は、クッションも上手く活用した方が良いでしょう。

でも、上手くクッションを活用するとはいっても、どのようなクッションを選んで行けば良いのかわからないという方もたくさんいるでしょう。

あまり腰痛の方が使うのに適していないクッションを利用していても、逆効果になることもあるでしょう。

そこでここでは、腰痛の人が使うのに適しているクッションについて紹介していきます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

ある程度厚みのあるクッション

まず腰痛の人が使うのに適しているクッションとしてあげられるのは、ある程度厚みのあるクッションです。

クッションの厚みというのは、腰痛の人においてはすごく大切なことになります。

厚みのあるクッションを使うのが腰痛の人に適しているという理由は、大きく分けて二つあります。

高さがでること

まず一つは、それをお尻の下にいれた時に、高さが出るということです。

クッションを使うシーンというのは、多くの場合で椅子に座っている時になるでしょう。

そんな風に椅子に座っている時にクッションを使うのであれば、高さがある程度出た方が良いのです。

でもなぜ、ある程度高さが出た方が良いのでしょうか?

それは体重のかかり方が変わるからです。

あまり高さが無い椅子に座っていると、膝より骨盤の位置が下になったりします。

体重は、基本的により下にあるところにかかるようになりますから、そうなると腰のあたりにすごく体重の負荷がかかることになるでしょう。

そうしてそのあたりに負荷がかかるようになれば、そのあたりが痛くなってしまうのも当然だと言えます。

だからそうならないように、ある程度高いクッションを使って、お尻の位置をアゲてあげるのです。

そうすれば、地面についている足の方により負荷がかかるようになるでしょう。

なので、腰にかかる負担は減っていくのです。

後ろにいれることも出来るようになる

ある程度厚みのあるクッションが腰痛の人に適している理由として、後ろにいれることも出来るようになるということも挙げられます。

ある程度厚みのあるクッションであれば、お尻の下に入れるだけではなく、たとえば腰のあたりと背もたれの間にそれを入れる事も出来るのです。

それは、特に奥行きのある椅子やソファに座ることが多い人にとってはすごく助かるでしょう。

奥行きのある椅子やソファでは、背もたれに寄り掛かろうとすると、すごく姿勢が後ろに反るようになります。

そうして姿勢が後ろに反ると、やはり腰には負担がかかります。

だから腰痛は悪化してしまうでしょう。

でもそこに厚みのあるクッションが入れば、それによってがっつり身体を反らなくてもしっかりと支えてもらえるようになるので、問題なく座ることが出来るようになるでしょう。

そういうこともあるので、腰痛の人が使うべきなのは、ある程度厚みのあるクッションだと言えるのです。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

スポンサーリンク

固めのクッションであることも大切

また、固めのクッションである事も大切だといえるでしょう。

クッションにも、やわらかいものもあれば固いものもあります。

柔らかいクッションは、確かにさわり心地はすごく良いです。

でも、お尻の下に入れたりすることにはあまり向かないと言えるでしょう。

そういう柔らかいクッションをお尻の下にいれたとしても、それはただただつぶれてしまうだけになるでしょう。

だから、あまりソレを使う意味がなくなってしまうのです。

たいして固いクッションであれば、しっかりと高さや厚みをキープすることが出来ます。

なので、腰痛の人が使うのであれば、クッションはある程度固いものがおすすめなのです。

固すぎると痛くなるので注意

ただそうはいっても、固すぎるとお尻や腰が痛くなったりするので注意が必要です。

それはそうでしょう。

固すぎるクッションというのはいうなれば木で出来た椅子の上に、何もしかずに座っているようなものです。

そういう固いものの上にずっと座っている場合、やはりそのせいでお尻や腰が痛くなってしまう可能性は高いのです。

なので、固いとはいっても、全然凹まないくらい固いものを選ぶのは避けた方がよいでしょう。

横に広いものを選ぶとより効果的

腰痛の人に適したクッションとして、横に広いものと言うことも挙げられます。

なぜ腰痛の人には横に広いクッションが適しているのかわかりますでしょうか?

腰痛の人に横に広いクッションが適している理由として言えるのは、使い勝手が幅広くなるということです。

一般的にクッションの使い方は、お尻の下にいれたり、背もたれと腰の間にいれたりして使用することが多いです。

それは、そういう使い方しかできないからだとも言えます。

でも、横に広いクッションであればほかの使い方もできます。

たとえば寝る前に、それを腰の下に入れて寝るという事も出来るようになるのです。

腰の下に入れると寝返りがしやすくなる

寝る前にクッションを腰の下に入れると、寝返りがしやすくなります。

寝ている時に寝返りがしやすくなるということは、腰痛持ちの人にとってはすごく大切なことだと言えます。

そうして寝ている間に寝返りがしやすくなると、自然と寝返りの回数は増えるでしょう。

寝返りの回数が増えていけば、寝ている間に筋肉が凝り固まってしまう事を防げるようになるのです。

寝ている間に筋肉が凝り固まってしまうと、やはり、血流も悪くなりますし、腰痛が引き起こされやすくなるでしょう。

だからそうならないように、寝返りは多く出来た方が良いのです。

でも、何も対策なしで寝返りを増やそうとしても、なかなかそれはかなわないでしょう。

それを叶える為に出来るのが、寝ている間に横幅の広いクッションを腰の下に入れるという方法なのです。

そういう使い方ができれば、ますます腰痛対策になりますから、やはり腰痛の人にはある程度横幅の広いクッションがおすすめだと言えるのです。

洗濯できるものであれば尚可

あと腰痛の人に適しているクッションの条件として言えるのは、洗濯が出来るということです。

クッションというのは、使用しているうちにどんどん凹んできます。

それはそうでしょう。

常に体重の重さがそこにもかかるわけですし、そして何よりクッションというのは比較的に蒸れやすいものになります。

蒸れている状態のものに体重の負荷がかかってくると、普通の状態のものよりもはるかにつぶれやすくなります。

そうしてそれがつぶれてしまうと、腰にとって良くない状態となるのです。

洗うことができれば復活する

でも、それと洗う事が出来ることがどう関係あるのかわからないという方もいるでしょう。

確かに一見すると、つぶれるということと、洗えるということは全然関係ないようにも思えます。

しかしそれは実はすごく関係のある事だったのです。

洗うことが出来れば、しっかりと湿気を飛ばすことができるようになるので、その都度つぶれているクッションが復活することも多いのです。

そのためつまり、洗う事が出来るものは、常にある程度しっかりした状態でいられるということになります。

だから、腰に余計な負担をかけないで使用していくことが出来るようになるのです。

まとめ

腰痛の人がこれからクッションを買う場合、是非これらの事を参考に、腰痛の人が使用するのに適しているようなクッションを買っていってください。

もしかしたら最初はあまりそれの使い心地を良く思わない可能性もあります。

でもきっと使い続けていくうちに、腰がよくなっているように感じていくはずです。

腰痛の人にとっては座り心地よりもその方が大切でしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション