腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の人でも安心して使用できるソファはどのようなタイプなのか

      2017/09/08

ソファー 3人掛け カウチソファ 【アバロン ネイビーブルー ファブリック】 カウチ左右入れ替え可 背もたれ一体型 オットマン 同色クッション2個付き (DORIS)

腰痛を持っている人にとって、ソファ選びはとても重要なことになってくるはずです。

選び方によっては、腰痛が酷くなってしまうことも考えられます。

どのような選び方をするべきかは、とても難しい判断になってきますが重要なことは慎重に選ぶことです。

見た目や価格だけにとらわれることなく選ぶことができれば、腰痛の痛みも軽減させることができます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛の人はソファ選びにも注意する

座る体制も辛い腰痛

腰痛を持っている人は、どのような体制をとっていても辛いと感じるでしょう。

とくに立っているより座っている方が辛いと感じる人が多く、座る椅子などによっては症状が悪化してしまうこともあるほどです。

また、椅子だけではなく、ゆっくりくつろぐはずのソファ選びによっても、腰痛を悪化させてしまうことがあります。

できるだけ腰痛を刺激しないソファを、上手に選ぶことがポイントになってくるはずです。

腰痛とソファの関係

腰痛の人は、どのようなソファを選ぶべきでしょうか。

腰痛の症状にもよりますが、ソファは柔らかすぎるようなタイプは反対に症状が悪化してしまうこともあります。

柔らかいソファは、座り始めたときには気持ちよく感じることが多く、一見楽なソファに感じるでしょう。

しかし、長時間こうした柔らかいソファに座り続けることで、確実に症状は悪化していきます。

柔らかいソファは、体制が崩れてしまうことが多く、体の歪みを生み出してしまいます。

こうしたソファに座り続けていることで、急に立ち上がったときに酷い激痛が生じることも決して珍しいことではないのです。

腰痛とソファとの関係を理解して選んでみましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛の人が選ぶべきではないソファ

座面が柔らかいソファ

座面が柔らかいソファは、座り心地が良いイメージがあるかもしれません。

しかし、立ち上がるときには、座面が沈んでしまうため、立ち上がりにくくなってしまうのです。

また、姿勢を整えるときには、座面が柔らかいソファは、お尻や腰、また上半身などに大きな力が必要になってきます。

そのため、腰痛を持っている場合には、こうした座面が柔らかいソファは選ぶべきではないと言えます。

長時間座り続けて楽だと感じるのは、適度な硬さがある方が良いと言えるでしょう。

幅が極端に狭いソファ

幅が極端に狭いソファは、腰が浮きやすくなってしまいます。

楽な姿勢を保ちたいと考えた場合、幅に余裕がなければ自然と腰が浮いている姿勢になります。

さらに自然と足に力が入る姿勢になり、体全体にストレスを抱えている状況になってしまうのです。

腰痛がある場合には、できるだけ幅の広いソファを選ぶことを強くおすすめします。

できるだけ楽な姿勢を維持できるソファ選びを中心に考えることが重要なポイントです。

腰痛の人に人気のソファ3選

アクタスのラクスビータソファ

アクタスのラクスビータソファは、ソファの奥行きやクッションのバランスがとても良く、まさにちょうどよいソファだと感じることができるでしょう。

背の高い人は少し高さが低いと感じるかもしれませんが、女性などにはぴったりくるサイズだと感じることができるでしょう。

部屋に合わせやすいカラーバリエーションも人気なので、愛用できるソファになるはずです。

eilersenのビテッセソファ

eilersenのビテッセソファは、腰だけではなく肩までしっかりサポートしてくれているように感じることができるソファです。

座り心地についても高い評価を得ており、ストレスなく長時間座っていても疲れを感じることは少ないでしょう。

座面が少し高めに設定されているため、座ったり立ったりする動作がとても楽に感じることができるはずです。

腰痛持ちの人だけではなく、さまざまな人にも高い指示を得ているソファです。

eilersenのビッグカールトンソファ

eilersenのビッグカールトンソファは、フェザーを迚も多く使用しているにも関わらず柔らかすぎず絶妙な硬さを実現しています。

そのため、このソファに座ると他のソファでは腰が辛いとまで感じてしまうほどでしょう。

高さについてもまさにちょうど良いと感じることができ、立つときも座るとときも違和感なく動作を行うことができます。

体全体を支えてくれているような感覚にさせてくれますので、座っている間は安心感を感じることができるでしょう。

腰痛の人がソファに座る場合

長時間座ることは避ける

腰痛を持っている人は、楽だと感じることができる椅子やソファに座っていても、長時間になってくると痛みが生じてくるでしょう。

座っているときに痛みなどが発生しなくても、急に立ち上がったりすれば、腰痛は悪化してしまうはずです。

重要なことは、どのような椅子やソファであっても、長時間座り続けないことです。

腰を曲げている姿勢を長時間維持してしまうことで、腰痛の症状は酷くなってしまいます。

痛みを感じる可能性がある時間の前に、立ち上がるなどの行動を取りましょう。

また、立ち上がるときには、必ずゆっくり立ち上がることが大切です。

ソファのアームレストなどに手を付き、腰に無理な負担を与えないようにゆっくり立ち上がることが重要なポイントです。

ソファに体のポイントを必ず当てるようにする

そして、体のポイントをソファに当てるように座ることも大切です。

体の体重がかかる部分には、必ずソファが当たるように座れば、腰への負担は大幅に軽減させることができます。

難しく考えるのではなく、腰へ体重がかかることを避けるように座るとことが重要なのです。

腰痛の状況に応じてソファを選ぶ

急な腰痛になってしまった場合のソファ

急な腰痛になってしまった場合は、どのようなソファに座るべきでしょうか。

慢性的な腰痛とは違い、急な腰痛の場合は極力柔らかいソファを選ぶことも重要な場合があります。

柔らかいソファは、腰への負担が大きくなってしまうことも事実ですが、急な痛みになった場合は硬めのソファよりも柔らかい方が良い場合もあるのです。

こうしたソファのクッション性については、一概に良い悪いが判断できない場合も多いでしょう。

状況に応じて硬さは使い分ける方が良いとは言えますが、無理に長時間座らないことはしっかり意識しましょう。

また、腰痛持ち用に作られている独特の形状のソファもあります。

足がしっかり伸ばせるように設計されており、体全体で腰を支えることができるようになっていますので、安心して座ることができるでしょう。

ソファは疲れた体を休めることができるアイテム

自分に合ったソファを時間をかけて選ぶ

ソファは疲れた体をしっかり、ゆっくり癒してくれるアイテムです。

自宅でゆっくりくつろぐことができる時間は、ソファなしでは考えられないと言った人も多いはずなので、腰痛を軽減してくれるソファをしっかり選ぶように心がけましょう。

また、気に入ったソファは長く愛用したいと考えるはずなので、少し高額になっても納得のできるソファ選びを行うことが重要なポイントになるでしょう。

まとめ

腰痛持ちにも安心して座るこができるソファは、硬めのソファを選ぶべきか、または柔らかいソファを選ぶべきかは悩むでしょう。

大切なことは、しっかり体にフィットするソファを選ぶことなのです。

座るときや立ち上がるときに、腰への負担を感じることなく安心して使用できるソファであることが重要なので、少し価格が高いと感じても愛用できるソファを選びましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ