腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の人に合っているのはソファ?それとも地面に座ること?

      2017/09/08

タンスのゲン ソファ-カバー 3人掛け 肘掛き ぴったりフィット ブラック 22100002 BK

腰痛持ちの方は、家でくつろぐ際にもやはり腰の痛みが気になるものです。

なので、家の中では出来るだけ腰に負担のかからない状態で過ごしたいと思うでしょう。

では、実際家の中で過ごす時、腰に負担がかからないのはどのような姿勢なのでしょうか?

ここではソファと地面に座ること、どちらが腰に負担が少ないかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

ソファは腰痛持ちにはあまり良くはない

まずソファは、腰痛持ちにはあまり良くはないと言えるでしょう。

ソファというのは、基本的に柔らかい素材である事が多いです。

リラックスを促す物になりますから、それは仕方ないでしょう。

でも、そうして柔らかい素材のモノに座ると、それは腰の負担に繋がりやすいです。

なぜなら、腰がしずんでしまうからです。

腰がしずむと体重が腰にかかる

腰がしずんでしまうと、自分の体重が特に腰にかかるようになります。

腰がしずんでしまうということは、腰のある位置が、体の中で特に下にある位置になるでしょう。

ソファに座っているわけですから、足は地面についているでしょうが、それでも膝よりもお尻の位置が下に着ている時には、足の方にはあまり重さは流れません。

なので、体重は特に腰にかかってしまうのです。

そうして重さが特にかかるようになるというのは、やはり負担になります。

だから、腰痛がおこってしまうようになるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

地面に座るのは体勢にもよる

では逆に地面に座るのはどうでしょうか?

地面に座ると一口に言っても、地面に座る際の座り方は、色々あります。

たとえばあぐらをかいて座ることもできますし、体育座りも出来ます。

正座だってできるでしょうし、足を伸ばして座る事もあるでしょう。

このように色々な座り方があるので、当然腰への負担も座り方によって変わってくることにはなります。

基本的には腰にはあまり良くない

ただ、基本的には腰にはあまり良くはないと言えます。

なぜなら地面に座る際の座り方は、どうしても前のめりになりがちだからです。

地面に座る際には、体育座りにしても、あぐらをかくにしても、体はかなり前のめりになります。

いうなれば猫背のような状態になるのです。

そうなると、当然ながら腰には負担がかかります。

だから、腰には基本的にはあまり良くないと言えるのです。

地面は距離も遠い

また、地面に座る場合、座るための距離も、そこから立ち上がるまでの距離も、ソファを利用した時に比べると遠くなります。

立っている状態から座る時には、かなり身体を動かさないとなりません。

逆に地面に座っている時から立つときにも、同じようにかなり身体を動かさないとならないでしょう。

そうしてかなり身体を動かすとなると、やはりその分だけ腰への負担は大きくなります。

だから、ソファに座る事もあまり腰には良くないですが、地面に座る事もあまり腰には良くないのです。

地面には腰への負担が少ない姿勢もある

ただ地面に座る際の座り方の中には、腰への負担が少ないような姿勢もあることは事実です。

それはどういう姿勢かというと、正座です。

正座は、お尻の下にかかとのあたりがくるので、そこで体重を支える事が出来るようになります。

さらに、基本的には姿勢は立っている時に近いような姿勢になります。

なので、体重による腰への負担があまりないのです。

こういう座り方であれば、腰痛への影響もあまりないと言えるでしょう。

ただし正座は長時間出来ない

ただそんな正座にも弱点はあります。

それが、正座は長時間することは難しいという事です。

正座をしていることに慣れている人は、まずほとんどいないのではないでしょうか?

だから正座をしていると、どうしても足がしびれてきたりしてしまうのです。

足がしびれてしまうと、無意識のうちに姿勢を崩してしまうようになるでしょう。

姿勢を崩してしまうということはつまり、腰にあまり負担の無かった姿勢ではなくなってしまうということになります。

それでは正座をしている意味もなくなってしまいます。

それは正座のデメリットと言えるでしょう。

家でくつろぐ時間は長時間である事が多いはず

ましてや、ここで紹介している、地面に座るのとソファに座るのはどちらの方が腰への負担が少ないかという話ですが、これはあくまでも家でくつろぐ際の話しになります。

家でくつろぐ際にはやはり、長時間くつろぐことが多いでしょう。

たとえばダラダラと漫画などを読んだり、あるいは映画を見たりすることもあるでしょう。

そうなると当然ながら2時間3時間そこで過ごすことになります。

正しい姿勢で正座をこなしながらそれをこなすのはかなり難しいのではないでしょうか?

だから、正座も、家でのリラックスタイムの姿勢としては、あまりおすすめは出来ません。

少ない時間であればおすすめなので、朝ちょっと出発前にくつろぐときなどは、正座で過ごすのは大いにアリだと言えます。

ソファに工夫して座るのが正解

でもここまでの流れだと、ソファに座るのも基本的にはダメ、地面に座るのもだめ、正座は姿勢としては最適だけど、長時間は座れないと、どんな体勢で座ることもできなくなってしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか?

家でのリラックスタイムで腰痛持ちの人におすすめなのは、ソファに工夫して座ることです。

それは確かに、普通に座っていたら、腰のあたりがしずみこんでしまい、腰が痛くなりますが、工夫して腰がしずみこまないようにしていけば、腰にかかる負担は少なくなっていき、腰痛はかなり抑える事が出来るようになるでしょう。

ソファであれば座る時や立つときにかかる腰への負担も少ないですし、それが一番でしょう。

どういう工夫をするべきか?

ソファに工夫をして座るのが一番だと言われても、どのように工夫するべきなのか分からないという方もたくさんいるでしょう。

ではソファは、どのように工夫して座るのが良いのでしょうか?

ソファに工夫して座るとはいっても、特別難しいことはありません。

お尻の下にクッションを入れる

たとえばお尻の下にクッションを入れるとか、その位の工夫で問題ありません。

お尻の下にクッションをいれておけば、そのクッションの分お尻の位置は高くなります。

つまり、腰が下に沈み込んだとしても、そのクッションの分高くなるので、あまり腰に負担がいかなくなるのです。

そうなれば当然腰にかかる負担は少なくなるでしょう。

だから、腰痛になりづらくなるのです。

適度に立ち上がるのも正解

また、ずっと座っているのも良くないので、せっかく立ち座りが楽なソファに座っているのですから、数十分に1回くらいはソファから立ち上がるようにすると良いでしょう。

そうすると身体の筋肉を一度しっかりとほぐすことが出来るようになるので、それによって腰痛を防ぐことも出来るようになります。

ずっと負荷がかかる姿勢で座っていると身体の筋肉はすごく縮こまりやすくなりますし、筋肉が縮こまるとそれによって痛みが発生するようになるので、そうならないように適度に立ち上がるという工夫は、すごく効果的だと言えるでしょう。

まとめ

ソファと地面に座るのどちらの方が腰痛に効果的なのかということの紹介でしたが、結論はソファに工夫をして座るのが一番だという事になります。

もちろん正座に慣れている人であれば、正座で過ごすのもアリでしょうが、やはり基本的には正座は辛いでしょうから、ソファに工夫して座るのがおすすめになります。

そうして普段から腰に負担をかけないようにしていきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ