腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の人に最適!耐久性、通気性に優れた敷き布団ブレスエアー

   

【日本製】東洋紡 ブレスエアー 洗える敷き布団 オールシーズン通気性抜群 100cm×200cm シングル 三層敷布団 体圧分散 360度全周全開ファスナー

ブレスエアーはたくさんの細かい繊維が集まってできた優れた素材です。

敷き布団がよくないと腰痛を悪化させる場合もありますが、ブレスエアーならそういった心配も少ないでしょう。

寝ている間も腰をしっかりと支えてくれるため無駄な沈み込みもなく、腰痛の人にも最適です。

また衛生面でも優れているためお手入れもしやすくなっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛と敷き布団の関係

朝起きて腰が痛いと、それだけで起きるのも嫌になってしまうのではないでしょうか。

腰は体の中心にあるため腰痛になるととにかく何をするのも億劫になってしまいます。

また腰痛は姿勢などとも関係しているため、日々の生活面で気を付けなければいけない事も多いでしょう。

特に寝る時は自分でもどういった姿勢で寝ているかわかりにくく、体に負担がかかってしまう場合もあるため注意が必要です。

例えば昨日はそれほどでもなかったのに、寝て起きたら腰の痛みがひどくなったという人もいるのではないでしょうか。

どうしてこのようになったのかわからず困ってしまう人もいるのかもしれませんが、敷き布団が関係している場合も多いため寝具の見直しなどが必要になってくる事もあるでしょう。

敷き布団はただ下に敷いているだけではなく寝ている間の姿勢にも関係してきます。

腰痛の場合は特に自分に合ったものを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰に負担がかからない敷き布団とは

腰痛の人にとって敷き布団はとても大切です。

体を休めようと横になっても、それによって姿勢を崩してしまったりすると逆に腰を痛めてしまうこともあります。

またもともと腰痛のあった人が体にあわない敷き布団を使う事でさらに悪化させてしまう場合もあるでしょう。

そうならないためにも寝具選びは慎重にする必要がありそうです。

例えば人は寝る時に横になりますが、その際に寝具の沈み込みなどで腰に負担がかかることがあります。

最初はフカフカとしていて寝心地もよく感じますが、その状態で長時間寝ていると腰にもよくありません。

理想的なのは起きている時と同じような姿勢で寝れる事ですが、それを実現するためにも寝心地はしっかりとチェックする必要があるでしょう。

腰痛の人向けブレスエアー

【日本製】東洋紡 ブレスエアー 洗える敷き布団 オールシーズン通気性抜群 100cm×200cm シングル 三層敷布団 体圧分散 360度全周全開ファスナー

敷き布団にもいろいろなものがありますが、その中でもブレスエアーは腰痛の人のために考えつくられたものです。

ブレスエアーは東洋紡が1990年につくったクッション素材で、見た目は細い繊維が幾重にも折り重なったインスタントラーメンのような構造をしているのが特徴です。

また絡み合う繊維によって隙間ができるため通気性にも優れ、寝具に使うには最適でしょう。

耐久性なども兼ね備えているため敷き布団にも使いやすく、腰痛の人でも快適に眠れるのがブレスエアーのいい点です。

重みにも耐えられるサポート力

ブレスエアーはしっかりとしているため重みにも耐えることができるでしょう。

11万回の耐久テストに合格した繊維の集まりが体重を支えてくれます。

寝る時はどうしても腰や肩などに体重がかかりますが、それによる敷き布団の沈み込みがあるとその部分に負担がかかってしまいます。

横になる時は起きている時と同じような姿勢を保つことが大事ですので、無駄な沈み込みはできれば避けたほうがいいでしょう。

特に腰痛の場合はこうした沈み込みによる姿勢の崩れが体に負担をかけてしまいます。

そのためブレスエアーのようにしっかりと体を支えてくれる繊維は腰痛持ちの人にはおすすめでしょう。

体重の重みに負けないのがブレスエアーです。

寝返りをしても安心

人は寝ている間に何度も寝返りをうちますが、敷き布団の反発が弱いとそのたびに体にも負担がかかってしまいます。

特に腰痛の場合はこうした負担の繰り返しが悪化にもつながるため、いい加減にはできないでしょう。

寝ている間の負担をすこしでも軽くするためにも、楽に寝返りがうてるような敷き布団を選ぶ必要があります。

その点ブレスエアーには適度な反発力があるため寝返りもうちやすくなっています。

細い繊維がバネのような役割をしてくれているので、いつでも楽に方向転換をすることができそうです。

寝ている間の負担も少なくなるので腰痛の人にはおすすめです。

衛生面でも◎

ブレスエアーは通気性にも優れています。

細い繊維が絡み合っているため小さな空間がたくさんできており、湿気をためにくい構造となっています。

そのため蒸れることもなく常にサラッとした使い心地でしょう。

人は寝ている間にたくさん汗をかきますが、敷き布団が蒸れたりすると寝苦しく感じてしまいます。

寝心地が悪いと寝返りなどの回数も増えますし腰にも負担がかかってしまうため、通気性というのも大事なポイントになってくるのではないでしょうか。

またブレスエアーの場合は通気性がいいため洗う事もできます。

敷き布団の場合は干したりすることが多いですが、この布団は洗う事もできるため衛生面でも優れているといえるのではないでしょうか。

その他にも菌の繁殖を抑える効果などもあり、お手入れもしやすくなっています。

軽くて扱いやすい

ブレスエアーはとても軽いつくりになっています。

中にはたくさんの繊維が絡み合っていますが、マカロニのように空洞化しているため敷き布団になっていても扱いやすいでしょう。

敷き布団についてはしっかりしているとそれだけ重みがあるものも多く、移動させるだけでも大変な場合もあります。

日々のお手入れなど普通の人でも扱いに困ることがありますが、腰が痛い人にとってはもっとしんどいのではないでしょうか。

また今腰痛でなくても、日々の敷き布団の扱いによって痛めてしまう事も考えられます。

そう考えるとやはり軽くて扱いやすいものが一番なのかもしれません。

ブレスエアーはとても軽い構造になっているため腰に負担がかかりにくく、お手入れもしやすいのが特徴です。

お試し期間を活用する

敷き布団の場合は人によって合う合わないがあります。

それなりに値段も高いですし、無駄な出費を防ぐためにも自分に合うものを見つけたいと思うのではないでしょうか。

ただこういったものは実際に使ってみないとわからない部分も多いです。

扱っている業者にもよりますがお試し期間を設けているところもありますので、まずはそういったところから始めてみるといいでしょう。

中にはお試しだけだとわかりにくいと思う人もいるかもしれませんが、こうした寝具の場合は意外と長期間試せる場合もあります。

寝心地を試すためには最低1週間は必要ですが、長いところだと30日間という場合もありますので購入する前にこうした制度を活用してみるといいでしょう。

シーツなどは自己負担ですが、これだけの期間使用できればかなりわかるのではないでしょうか。

腰痛といっても人によって痛みの度合いや部位なども様々ですので、やはり実際に使ってみないとわからないことも多いでしょう。

安易に購入して腰痛を悪化させるのも困ります。

ブレスエアーはとても優れた敷き布団ですが、可能ならお試し期間を利用してみましょう。

まとめ

ブレスエアーは耐久性や通気性に優れた素材です。

腰に負担がかからないように適度な反発力も備えているため、腰痛の人でも使いやすい敷き布団となっています。

また洗えるため衛生面でも優れ、軽量化されているため日々のお手入れもしやすいでしょう。

これから購入を考えている場合はお試しなどもうまく活用しながら検討してみるといいでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団