腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の原因になるマットレスのへこみへの4つの対策法

      2017/09/08

腰痛は、寝ている時の姿勢の影響もすごく受けるものです。

だから、マットレスがへこんでいたりしたら、それだけで腰痛は悪化してしまう可能性があるでしょう。

だから、もしマットレスがへこんでいたりしたら、腰痛をなおすためにもそれに対処していかないとなりません。

では、どうしたらそれに対処することができるのでしょうか?

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

マットレスを裏表にする

もしマットレスが凹んでしまっていたら、マットレスを裏表にすることがおすすめです。

そしてそれは、出来ればなるべく早く行う方が良いでしょう。

マットレスが凹んでしまうのは、そこに体重が強くかかるからです。

そしてそこに強く体重がかかるということは、普段寝ている時にそこに重みが掛かっているということなのでしょう。

寝る時には毎日そこで寝るわけですから、そこにかかる重みは日々積み重なっていくと言えます。

そうして日々積み重なっていった重みによって日々凹みが深くなり、深くなることによってさらにそこに体重がかかるようになるという悪循環に陥ります。

そうなるとドンドン腰痛も悪化していくでしょう。

凹んだマットレスで寝ていると腰痛になるというのは、それによって負荷がかかるところが限られてきてしまうからです。

いうなれば、身体全体で支えていた体重の重みが、腰のあたりに強くかかるようになってしまうのです。

だから腰痛になるわけなので、どんどん凹みが深くなる前に対処する必要があるのです。

もしマットレスが凹んできたと思ったら、速やかに裏表にしてください。

裏表にすれば凹みは関係なくなる

当たり前の話ではありますが、マットレスにはある程度の厚みがあります。

ということは、普段自分が上にのっていた方が多少凹んだとしても、その裏側までは凹みが届いていないということになります。

だから、たとえ自分がのっていた方が凹んでいたとしても、そうして裏返して使用すれば、まだ凹んでないマットレスを使うことが出来るようになるのです。

そうすれば当然腰痛になりえるような偏った負荷がかかることもなくなり、腰痛も少し楽になるでしょう。

凹む前に返すのが理想

一番理想的なのは、そもそもマットレスが凹む前に裏返すということです。

凹んでしまってから裏返すのでは、凹んでしまうまでの家庭で腰にしっかりと負担をかけてしまうことになります。

ですが、マットレスが凹む前に裏返すことが出来れば、腰に負担をかけるような寝姿勢になる前にマットレスを返すことになるので、ずっと腰痛を楽にしていくことが出来るでしょう。

そうして次第に腰痛をなおしていけるようになるかもしれません。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

180度回転させるのも正解

マットレスが凹んでしまい腰痛が悪化しそうな時の対処法として、マットレスを180度回転させるという方法もあります。

マットレスを回転させていけば、凹んでいるところに、今まで体重がかかっていた部分が来なくなります。

ということは、それは、あまり凹んでいないのと同じようなことになるのです。

もちろん裏表を返す時のように、完全に凹んでいない状態にすることが出来るわけではありませんが、それでも凹んでいるところに体重がかからなくなるというのはすごく大きな効果があるでしょう。

回転と裏返すのを併用するとなお吉

180度回転させるのと、裏表を返すのを併用して使用していくのが特におすすめです。

たとえば今週は普通に寝て、次の週は回転させて寝て、そしてその次の週には裏表を返して寝るようにするのです。

そうすると、体重がかかっていたところをしっかりと休ませることができるようになるので、そもそもマットレスが凹みづらくなるでしょう。

多少は手間はかかりますが、そうするのが一番マットレスの寿命を延ばすことが出来ると言えるでしょう。

マットレスだって安い買い物ではありませんから、どうせ使うならば長く使いたいと思うものです。

多少手間はかかりますが、是非そうしてみてください。

そもそも、回転させるだけならまだしも、久しくベッドの下側にあった部分を久方ぶりに表にしてその上で寝るというのは、衛生的に気になるという人もいるでしょう。

ちょくちょく変えていれば、それも気になることはなくなるでしょう。

凹んでいる部分にタオルやクッションを敷く

マットレスが凹んでしまった時には、その上のタオルやクッションを敷くというのもおすすめの対処法です。

もちろん一番いいのは、上記であげたように、しっかりとマットレス自体で対処していくということです。

しかし、回転させることが出来ないタイプだったり、裏表にすることが出来ないタイプのものも中にはあるでしょう。

だからそういう物を使っている時には、こうして対処していくのです。

結局マットレスが凹んでいるのの何が悪いのかと言いますと、それはやはり先述の通り、凹んでいるせいでそこにますます体重がかかるようになり、だんだんと凹みが深くなり、腰にかかる負荷が増えていってしまうということです。

ということは、つまりそこを凹んでいないようにすることが出来たら、問題は解決するわけです。

なので、マットレスと身体の間にタオルやクッションを入れてしまうのです。

凹んでしまった分だけをかさまししてあげることができれば、凹みのせいでそこに体重が深くかかるということはなくなっていくでしょう。

そうして、腰痛を楽にしてあげることが出来るようになるのです。

逆に盛り上げないように注意

ただこの方法には注意点もあります。

それが、腰が盛り上がらないようにするということです。

タオルやクッションをマットレスの上に敷くということは、うっかりしたらそれの高さが出過ぎる事もあるということです。

高さが出過ぎて腰が盛りあがってしまうと、その姿勢はその姿勢でまた腰に悪い姿勢となるのです。

だから、そうならないように、高さはしっかり見ていかないとなりません。

寝ている感じの感覚はもちろんのこと、よこから写真を撮ってみたりして判断していくと良いでしょう。

買い替えるというの一つの方法

いっそのこと買い替えてしまうというのも、一つの方法だと言えるでしょう。

マットレスが凹んでしまった時というのは、一つのマットレスの買い替え時でもあるのです。

だから、そのタイミングを逃さずに買い替えるという選択肢も全然なしではありません。

ここまでに紹介してきたような対処法で対処していっても、いつかはマットレスを買い替える時はくるわけです。

それならば、先に買い替えても後で買い替えても同じようなものなのではないでしょうか?

だから、このタイミングで買い替えるというのもおすすめです。

もちろんその分のコストはかかるわけですから、買い替えるというのはすべての人におすすめできる方法ではありません。

しかし、ある程度経済的に余裕があるのであれば、買い替えるという選択肢も持っていて良いのです。

もし買い替えるのであれば、次に使う時には、上記のように回転させたり裏表を返したりして使用していくと良いでしょう。

そうしてなるべく寿命を延ばしていってください。

まとめ

マットレスが凹んでしまった時には、こういう方法対処して、腰痛に対策していきましょう。

なんとなく凹んでもそのまま放置してしまったりしがちですが、それがドンドン腰痛を悪化させていくわけなのですから、早めに対処した方が良いことは確実です。

確かにマットレスをいじるのは大騒動なので面倒なことではありますが、腰はすごく大切です。

是非しっかり対処していってください。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団