腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方が選ぶべき寝具とは?おすすめのニトリの敷き布団を紹介!

   

腰痛の方は、体を横にして眠るだけでも、腰が痛く感じてしまうので、睡眠の質をキープする事は簡単ではありません。

腰にかかる負担を軽減しやすい寝具を選ぶ事が必要になりますが、どの寝具を選んだら良いのか分からないでしょう。

そこで、腰痛の方が選ぶべきポイントや、おすすめのニトリの敷き布団を紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方が選ぶべき敷き布団

敷き布団は、マットレスに比べて腰に負担をかけてしまう製品が多くなっています。

しかし、腰痛の方でも利用しやすい製品も多くあるので、そのような寝具は、どのような特徴があるのか解説しましょう。

ボリューム

マットレスであれば、腰痛の方でも利用しやすい製品が多くなっているのは、敷き布団に比べてボリュームがある製品が多いからです。

実際に、ボリュームがある寝具であれば、腰が少し沈み込んでも底つき感を緩和できるので、腰にかかる負担を軽減できます。

ただし、ボリュームがありすぎる敷き布団を購入してしまえば、重量が重くなっている製品もあるので、押入れに上げようとしたら腰に大きな負担をかけてしまいます。

重量が重くなっている敷き布団を購入した場合には、寝具を上げる際には、家族の方に手伝ってもらいましょう。

体圧分散

押入れに敷き布団を上げる際の負担を考えたら、あまりボリュームがなくても体圧分さできる寝具を選んだほうが良いです。

実際に、数多くある寝具の中には、特殊な形状になっていて、体圧を分散できる製品があるのです。

体圧を分散できたら、体の沈み込みを抑えられるので、隣のほうへ寝返りを打ちやすくなります。

もしも寝返りを打つ回数が少なくなったら、同じ姿勢で眠り続ける事になってしまって、腰が下のほうになっている時間が長くなってしまう事があります。

そのような事になれば、腰痛が悪化する可能性が高くなってしまうので、体圧分散しやすい寝具を選ぶ事は重要です。

通気性

腰痛の方には、あまり関係がないように思うかもしれませんが、実は『通気性』が優れている敷き布団を選ぶ事も重要になります。

なぜなら、通気性が悪い寝具を利用してしまえば、湿気がたまりやすくなってしまうので、寝苦しく感じてしまって、寝返りを多く打つ可能性が高くなってしまうからです。

寝返りを打つ事は、姿勢を変えるために必要なのですが、寝返りを打つ回数が多すぎたら腰にかかる負担が大きくなってしまいます。

そのため、通気性が優れている敷き布団もおすすめです。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

寝具で対応できない腰痛

腰痛の方でも利用しやすい寝具はありますが、残念ながら寝具では対応できない腰痛の症状もあるのです。

そこで、どのような症状だと、寝具では対応できないのか紹介するので、確認してみて下さい。

ストレス

多くの方たちは、外的要因で腰痛になってしまうものと思ってしまうかもしれませんが、実は『ストレス』をためすぎて腰痛になってしまう事もあるのです。

なぜなら、ストレスをためる事によって『ドーパミンシステム』が乱れてしまうからです。

ドーパミンシステムとは、私たち人間の体に備わっているもので、痛みを和らげる働きがあります。

そのため、腰に疲労がたまっている状態で、ストレスがたまっていけば腰痛になっていき、症状が悪化するので注意して下さい。

内臓の病気

腰を痛めた事もなければ、それほどストレスもためていないのに、腰痛になった場合には、病院で診てもらったほうが良いです。

なぜなら『内臓の病気』を発症した場合には、内臓が肥大化して腰を圧迫する場合があるからです。

内臓の病気を放置していたら、腰の痛みに悩まされるだけではなく、命に関わる場合もあるので、早めに病院で治療しましょう。

腰痛対策を講じるポイント

腰にかかる負担を軽減する敷き布団を利用しながら、腰痛対策を講じておけば、症状を少しは軽くする事もできます。

今まで、腰の痛みに悩まされてきた方たちのために、どのような対策を講じれば良いのか説明しましょう。

適度な運動

腰を痛めてしまった場合には、最初のうちは安静にしておく事が重要です。

しかし、いつまでも安静にしていたら、腰の筋力が低下してしまって、症状が悪化する事もあるので注意しなければいけません。

実際に、腰付近の筋肉は、腰を支える働きがあるので、適度に運動しておく必要があります。

腰痛になっている場合には、激しい運動をしたら症状が悪化します。

そのため、ウォーキングまたは水中ウォーキングなどをして、腰にあまり負担をかけないようにして、運動するようにしましょう。

姿勢を矯正

猫背になっている方は、椅子に座る時に背もたれへ寄りかかったら、お尻が前のほうへズレてしまいます。

お尻が前のほうにズレている状態で、座り続けていたら、上半身の体重が腰に集中しやすくなってしまうので、注意しなければいけません。

そのような事態を避けるためにも、姿勢を矯正しておいて、腰にあまり負担をかけないようにする事が重要です。

実際に、マットレスで横になっている時でも、猫背になっていたら、体に大きな負担をかけるので背筋を伸ばすようにしましょう。

おすすめの敷き布団

ニトリで販売されている敷き布団の中には、腰痛の方でも利用しやすい寝具がいくつも販売されています。

今まで、自分の体に合う寝具を見つけられなかった方たちのために、おすすめの敷き布団を3つまで紹介しましょう。

じんわりフィットする低反発敷ふとん

じんわりフィットする低反発敷ふとんは、敷き布団なのに『ウレタン』という素材を採用しています。

ウレタンとは、多くのマットレスが採用していて、信頼性の高い素材です。

本製品は、低反発タイプになっていて、フィット感が優れています。

実は、体重の軽い方が、高い反発力になっている寝具を利用したら、湾曲している腰が浮いてしまう事があるのです。

腰が浮いてしまえば、筋肉が緊張状態に陥ってしまうので、腰痛が悪化する事があります。

そのため、体重が軽くなっている方に合いやすい製品です。

抗菌・防臭ふっくらボリューム敷き布団

抗菌・防臭ふっくらボリューム敷き布団は『抗菌防臭綿』を採用しているので、寝心地がよくなっています。

実際に、数多くある寝具の中には、臭い匂いがする製品もあって、匂いに敏感な方が利用しづらい製品もあるのです。

それに引き換え、本製品は防臭機能が備えられているので、匂いに敏感な方でも利用しやすくなっています。

寝具の厚みは、10cmもあるので、マットレスに劣らないほどのボリュームがある事から、腰にかかる負担を軽減できるのです。

点で支える体圧分散敷布団 シングル

点で支える体圧分散敷布団 シングルは、中材が『凹凸(おうとつ)形状』になっているので、製品名の通りで体を点で支える事が可能です。

フラットな形状の敷き布団では、反発力が高くなければ体の沈み込みを抑えられませんが、凹凸形状であれば反発力がそれほど高くなくても体の沈み込みを抑えられます。

さらに、本製品は折りたたみタイプになっているので、コンパクトなサイズにできる事から、腰痛の方でも押入れに上げやすくなっています。

まとめ

腰にかかる負担を軽減できる敷き布団を選べば、あまり腰が痛く感じないので、睡眠の質をキープできます。

私たち人間は眠る事によって、腰の疲労を軽減する事ができるので、寝心地の良い寝具を選ぶ事は重要です。

ただし、重量が重すぎる寝具を選んでしまえば、押入れに上げる事は簡単ではないので、寝心地だけではなく重量にも注目して購入するようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団