腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方でも利用しやすい『GronG 健康クッション』を紹介!

   

椅子に座ろうとしたら尾てい骨が当たっているような感じがして、腰が痛く感じるような事はないでしょうか?

実際に椅子に座ろうとして、尾てい骨が当たって痛くなるケースでは様々な原因があるので、多くの方たちが同じようなケースで腰痛に悩まされています。

所が『GronG 健康クッション』という商品は、尾てい骨の負担を軽減する事ができるので、尾てい骨が痛く感じてしまう方のために詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

GronG 健康クッションの特徴

GronG 健康クッションは腰痛の方でも利用しやすいように設計されているので、他のクッションを使用した時に腰が痛く感じている方でも、GronG 健康クッションを利用してみる価値があります。

そこでGronG 健康クッションを利用したら、腰にかかる負担を軽減できる仕組みを紹介するので確認してみて下さい。

立体構造

GronG 健康クッションで注目すべき特徴として『立体構造』が挙げられます。

実際にGronG 健康クッションは、お尻や太ももがフィットしやすい構造に作られているので、姿勢が崩れづらくなっているのです。

そのため、姿勢が崩れて腰にかかる負担を軽減できているのです。

さらに尾てい骨を支えている部分は、なめらかなカーブになっているので、尾てい骨の体圧を吸収してくれます。

そのため尾てい骨にかかる負担を軽減できるクッションを探している方には、GronG 健康クッションはおすすめです。

メッシュ素材

クッションを使用する際に、お尻がクッションと接触する事によって熱がこもってしまいます。

そのためお尻がムレてしまって、不快感を抱いてしまう方は多いでしょう。

そのような時は多くの方が椅子から立ち上がりたくなるかもしれませんが、椅子から立ち上がる時には腰に大きな負担をかけてしまいます。

そこでGronG 健康クッションはメッシュ素材を採用しているので、お尻があまりムレなくなっているのです。

そのため椅子から立ち上がる回数も抑えられるので、腰にかかる負担も軽減できます。

低反発

GronG 健康クッションは低反発なクッションなので、優しくお尻を包み込んでくれます。

そのため、長い時間に渡って座っていても腰が疲労感があまりたまりません。

ただし低反発になっているので、お尻がある程度まで沈み込んでしまうのです。

そのような事になれば腰に負担をかける事もあるので、低反発に関しては一長一短あります。

ただし椅子に座っている時に疲れやすい方は、低反発になっているGronG 健康クッションを利用してみる価値があるでしょう。

滑り止め加工

椅子に座っている時に姿勢が崩れやすいケースとして多いので、背もたれから腰が離れてしまって、お尻が前のほうへズレてしまう場合です。

このような姿勢はお尻で座っている状態というよりは、腰で座っているような姿勢になります。

そのため、腰に大きな負担をかけてしまうので、姿勢が崩れやすい方は注意しなければいけません。

所がGronG 健康クッションは滑り止め加工がされているので、お尻が前のほうへズレるのを抑えてくれるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

尾てい骨に痛みがある場合

GronG 健康クッションは尾てい骨にかかる負担を軽減できますが、いつまでも尾てい骨に痛みを感じている症状を放っておく事は健康面で良くありません。

そこで尾てい骨に痛みが感じてしまう原因について紹介するので、確認してみて下さい。

骨に異常があるケース

尾てい骨が痛くなってしまうケースで、尾てい骨が骨折していたり、ヒビが入っていたりする場合があります。

尾てい骨が骨折する事は、にわかに信じ難い方は多いかもしれませんが、転倒した際に腰を強打したら尾てい骨が骨折するケースがあるのです。

特にスキー・スノボー・アイススケートなど転びやすいスポーツを行う際には、注意しなければいけません。

そのため椅子に座ろうとして尾てい骨が痛く感じるようであれば、病院で医師に診てもらって、尾てい骨に異常がないか確認してもらって下さい。

尾てい骨が引っ張られるケース

筋膜に問題があって、尾てい骨が引っ張られてしまう場合があります。

このような事が起きてしまうのは背もたれに寄りかかった座り方をしていたり、同じような姿勢を続けていたりして、筋力が低下する事が原因です。

そのため尾てい骨が痛く感じた場合には、椅子に座っている時に背もたれに寄りかかっていないか注意する必要があります。

さらに長い時間に渡って座る事もよくないので、定期的に椅子から立ち上がる事も重要です(腰痛の時に立ち上がる回数が多いと腰が痛く感じるので注意)。

尾骨が当たるケース

姿勢が崩れている状態で座っていたら、尾てい骨が椅子の座面に当たる事があります。

このような時には、GronG 健康クッションのようにクッションを使用する事によって、尾てい骨にかかる負担を軽減できます。

ただし、クッションの柔らかさに頼って猫背になっていたら腰にかかる負担が大きくなってしまうのです。

そのため、猫背になっている方はできるだけ、猫背にならないように注意したほうが良いでしょう。

商品情報の詳細

GronG 健康クッションの魅力が分かってもらえた所で、次にGronG 健康クッションの洗濯方法やコストパフォーマンスについて紹介するので確認してみて下さい。

洗濯方法

GronG 健康クッションはカバーを外せば、カバーを洗濯機にかける事ができます(中材は洗濯できないので注意)。

このように、GronG 健康クッションは洗濯しやすい素材を使用していますが「クッションを洗濯する必要があるのだろうか」と思う方はいるでしょう。

実はクッションには多くのダニが存在しているので、ダニが繁殖したらクッションに座っている時に、お尻がかゆく感じてしまう事があるのです。

そのため定期的に、クッションは洗濯して干す事が重要です。

コストパフォーマンス

GronG 健康クッションは立体構造で尾てい骨にかかる負担を軽減できているので、多くの方たちは「高額なクッションではないのか」と思うでしょう。

所が、GronG 健康クッションは、楽天市場では税込価格2,780で購入できるのです(2017年9月16日時点)。

しかしクッションにしては値段が高いように感じるかもしれませんが、立体構造で尾てい骨にかかる負担を軽減できる事を考えたら、コストパフォーマンスの高いクッションと言えるでしょう。

利用者たちの満足度

GronG 健康クッションは立体構造になっているので、尾てい骨にかかる負担を軽減できても、実際に利用している方たちが満足しているの知りたい方は多いでしょう。

実際にGronG 健康クッションを利用している方たちは、多くの方がGronG 健康クッションについて満足していました。

特に滑り止め加工のお陰で、姿勢が崩れなくて満足している方もいました。

このように姿勢が崩れないのは滑り止め加工だけではなく、お尻をホールドするような構造になっているのも効いているのでしょう。

その他にも適度な硬さになっていて満足している方もいたので、使用感にこだわる方にもGronG 健康クッションはおすすめです。

まとめ

GronG 健康クッションは、尾てい骨にかかる負担を軽減できるので、尾てい骨が原因で腰痛に悩まされている方には、魅力的なクッションに見えるでしょう。

ただし尾てい骨が原因で腰痛になっている状態を放置していたら、腰痛を悪化させる可能性が高いので、注意しなければいけません。

そのためGronG 健康クッションを利用しながら、腰痛になっている原因を把握して、対抗策を講じたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション