腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方におすすめの『思いやり座敷椅子』の魅力を紹介!

      2017/09/08

立ち上がりラクラク 優しいお座敷座椅子 「みやび」 (高さ3段階調節) ファブリックタイプ 天然木製 ブラック色

若い頃は腰痛に悩んでいなくても、年齢を重ねるに従って、次第に腰痛に悩まされるようになった方は多いでしょう。

実際に高齢の方で腰痛に悩まされている方は多くいるので、和室であぐらや正座をしようとした時に腰が痛くなってしまうケースがあります。

そのような方におすすめしたいのが和室に合いやすい『思いやり座敷椅子』です。

椅子を使用すれば、腰にかかる負担も軽減できるので、詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

和室に合う思いやり座敷椅子

思いやり座敷椅子が和室に合いやすいポイントは4つもあるので、和室に合いやすい椅子を探している方には興味深い所でしょう。

そこで和室でも使用できる椅子を探している方のために、思いやり座敷椅子が和室に合いやすいポイントを紹介するので、確認してみて下さい。

デザイン

思いやり座敷椅子は、肘掛となる部分がブラウンの木製で作られているので、和室に合いやすいデザインとなっています。

さらに背もたれとなる部分と座面の部分は、高齢の方が好みやすい趣のあるデザインとなっています。

そしてカラーは3種類用意されていて、花柄・ネイビー・エンジなどがあるのです。

これほど様々なデザインが用意されていれば、あなたの好みに合うデザインを見つけられる可能性が高いので、思いやり座敷椅子を検討してみる価値はあるでしょう。

サイズ

和室に椅子を設置する場合には、高すぎる椅子であれば、違和感のあるものになってしまいます。

そこで思いやり座敷椅子は、和室に合いやすいサイズになっていて、幅55.5×奥行40×高さ46.5cmになっています。

高さがこのように低くなっているので、和室に設置しているローテーブルにも合いやすくなっているのです。

そのため今まで、和室に椅子を使用しようとして、ローテーブルと高さが合わない椅子を見つけられなかった場合には、思いやり座敷椅子はおすすめです。

ただし高さ46.5cmでも合わないローテーブルもあるので、思いやり座敷椅子を購入する際には、自宅に設置しているローテーブルの高さを確認してから購入したほうが良いでしょう。

様々な座り方

和室では、多くの方が正座をしたり、あぐらをかいたりするでしょう。

このような座り方は和室に合った座り方と言えます。

しかし腰痛の方が正座をしたり、あぐらをかいたりしたら、辛く感じてしまう場合があるのです。

しかし思いやり座敷椅子は座面の下が空間になっているので、そこに足を通す事ができるので、座った状態で正座する事ができます。

そうすれば、上半身の体重は椅子が受け止めてくれるので、膝下の足に体重が加わる事がありません。

そのため楽な姿勢で正座をする事が可能です。

そして、あぐらをかく場合でも思いやり座敷椅子を利用したら腰にかかる負担は軽減されているので、腰痛の方でも利用しやすくなっています。

コタツと併用

思いやり座敷椅子は低い椅子になっているので、コタツと併用する事ができます。

この辺りも和室に合いやすいポイントになっています。

実際にコタツを使用したら、足を温める事ができるので、冷え性に悩んでいる高齢の方にとって嬉しいポイントでしょう。

そのため思いやり座敷椅子を利用したら、腰にかかる負担を軽減しながら、コタツを利用して足を温める事もできるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の方に辛い和室

思いやり座敷椅子を利用すれば、正座やあぐらの姿勢でも、腰にかかる負担を軽減できます。

しかし椅子を使用しないで、腰痛の方が正座やあぐらの姿勢になっていたら、腰に負担をかける場合があります。

そこで椅子を使用しなかったら、なぜ腰に負担をかける事になるのか紹介しましょう。

正座

正座の姿勢が腰に負担をかけてしまうのは、正座は腰を過度に反ってしまう姿勢になるので、長い間に渡って正座を続けていたら腰が痛くなってしまいます。

そのため腰痛の方が正座をしたら、辛く感じやすいのです。

ただし正座の姿勢でも、腰にかかる負担を軽減できる方法があります。

それはお尻とかかとの間にクッションを挟む方法です。

ただし、このような状態を続ける事は辛く感じてしまう方は多いでしょう。

そのためクッションではなくて、クッション代わりとなる椅子を使用したほうが良いのです。

あぐら

あぐらをかいてしまえば、少し前かがみになって背中が丸くなるような姿勢になります。

実は腰痛の方で、特に注意しなければならないのが『S字カーブ』です。

このS字カーブとは背中の事で、真横から見たらS字のように見える事からS字カーブと言われています。

そしてS字カーブでは腰の部分が前のほうへ曲がっているので、この部分がバネの役割を果たしています。

そのためS字カーブをキープできなくなれば、腰痛が悪化する可能性が高いのです。

そのため、あぐらをかいて前かがみの姿勢になっていれば、S字カーブをキープしづらくなるので気を付けなければいけません。

思いやり座敷椅子の製品情報

思いやり座敷椅子の魅力を分かった方たちの中には、この椅子を購入してみようかと考えている方もいるでしょう。

しかし思いやり座敷椅子の製品情報を知らなければ、購入してからイメージしていたものと違って後悔する可能性もあります。

そこで思いやり座敷椅子の製品情報を紹介するので、確認してみて下さい。

価格

思いやり座敷椅子は和室にも使用できるので、便利な椅子ですが、値段は6,458円もします。

椅子の値段としては少し高くなっているので、思いやり座敷椅子が安い値段と思って購入しようとしたら、驚く事になるでしょう。

そして『思いやり座敷椅子 通販部門 | 通販Do楽』で、この椅子を購入しようとしたら、送料まで負担しなくてはいけません。

ただし思いやり座敷椅子を2個以上購入したら、送料が無料になるので、ご夫婦で購入する場合には問題はないでしょう。

材質

思いやり座敷椅子の材質は、側面や座面補強板が天然木(中国桐)となっていて、座面や背面生地はポリエステル・綿となっています。

そして座面・背面クッションは、ウレタンになっていて、耐荷重さは約100kgとなっています。

このように思いやり座敷椅子は100kgまで耐えられるようになっているので、少し肥満体型になっている方でも利用する事ができるでしょう。

思いやり座敷椅子の口コミ

思いやり座敷椅子は魅力的なポイントが多かったので「本当にそこまで魅力的な椅子なのだろうか」と思った方もいるでしょう。

そこで思いやり座敷椅子を利用した方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

思いやり座敷椅子を購入した方たちの中で多かったのが、部品の欠損や、部品のひび割れでした。

このような状態になっているのを見過ごしていて、購入してから数ヶ月経ってから気付いた場合には、メーカーが返金対応する可能性が低いので注意しなければいけません。

そのため思いやり座敷椅子を購入したら、部品の欠損やひび割れがないのか確認したほうが良いでしょう。

好意的な口コミ

思いやり座敷椅子を使用した方で、温かみを感じる生地で満足していました。

そのため寒い冬場の季節に、コタツと一緒に併用したら心地よく使用する事ができるでしょう。

その他に椅子の作りがしっかりとしていて、安定感のある所を満足している方もいました。

この辺りは100kgまで耐えらえるように作られているのが、効いているのでしょう。

そしてコタツと併用できるような高さになっている思いやり座敷椅子なので、その高さを気に入っている方もいました。

まとめ

思いやり座敷椅子は、和室に合いやすいデザインや高さになっているので、和室の部屋でも椅子に座りたい方には、おすすめの商品です。

実際に思いやり座敷椅子を利用したら、腰痛に負担をかけやすい正座やあぐらの姿勢でも、腰にかかる負担を軽減する事ができます。

そのため腰痛に悩んでいる方で和室で正座をしたり、あぐらをかいたりする時に辛く感じてしまう場合には思いやり座敷椅子を検討してみる価値があるでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子