腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の方は必見!エアリーマットレスは体圧分散と通気性を両立?

   

アイリスオーヤマ エアリーマットレス 高反発 三つ折り 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ブラウン MAR-S

腰痛になっている多くの方たちを悩ませる問題として、ベッドで寝ている時に腰に負担をかけてしまう事が挙げられます。

そこでおすすめしたいのが、体圧分散と通気性を両立した『エアリーマットレス』です。

腰痛になっている方は、通気性が悪いマットレスを何回もメンテナンスをするのが大変だと思うので、このエアリーマットレスの魅力について詳しく紹介するので見ていきましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

エアリーマットレスの魅力

エアリーマットレスの魅力的なポイントとして、体圧分散・通気性・メンテナンスが挙げられます。

そこで、このマットレスを詳しく知りたい方のために、この3つのポイントについて紹介するので確認してみて下さい。

体圧分散

アイリスオーヤマ エアリーマットレス ハイブリッド 高反発 三つ折り 通気性 洗える 抗菌防臭 シングル ホワイト HB90-S

エアリーマットレスが、体圧を分散する事ができるのは『3次元スプリング構造』を採用しているからです。

この3次元スプリング構造によって、腰にかかる負担を軽減する事ができるのです。

実際にエアリーマットレスを販売しているメーカーのサイトでは、エアリーマットレスを使用した時の体圧分散の試験結果が掲載されています。

その試験結果の画像によれば『ウレタンマットレス』では腰や肩周辺に体圧が集中していたのに『エアリーマットレス』を使用したら腰や肩周辺の体圧が分散している事が分かったのです。

そのため腰にかかる負担を軽減できるマットレスを探している方には、エアリーマットレスはおすすめです。

通気性

エアリーマットレスは『エアロキューブ』を使用していて、この素材によって芯材の中身が空洞のような状態になっているのです。

そのため製品体積の約95%が空気になっているので、身体をふんわりと包み込むような感覚を味わえます(個人差があります)。

そして、このような特殊な素材を使用している事によって優れた通気性を確保しているので、エアリーマットレスは体圧分散と通気性を両立する事に成功しました。

メンテナンス

エアロキューブを採用しているエアリーマットレスは、通気性が優れているので、ダニやカビが繁殖する可能性を低くする事ができます。

ダニやカビが繁殖したら、健康に悪い影響を与えてしまうので、湿気対策のためにマットレスを壁にたてかける必要があります。

しかし腰痛の方が重いマットレスを壁にたてかけるのは、辛く感じてしまうでしょう。

所が通気性が優れているエアリーマットレスであれば、マットレスを壁にたてかける回数が少なく済むので、腰にかかる負担も軽減できるでしょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレスベスト11ランキングはこちら

スポンサーリンク

体圧を分散するメリット

腰痛に悩んでいる方たちから注目されているのが体圧を分散できるマットレスですが、実際に体圧を分散するメリットを知らない方は多いでしょう。

そこで体圧を分散できるマットレスを使用した場合のメリットを紹介するので、そのメリットを知ればエアリーマットレスの重要性が分かるはずです。

腰にかかる負担を軽減

マットレスには様々な種類があって、低反発なものもあれば、高反発なものもあります。

それぞれ特徴が違って一長一短あります。

そのため腰痛の方におすすめできるものは、低反発ものとも言えないですし、高反発なものとも言えません。

そのため腰痛の方が重視するポイントは、反発の種類ではなくて体圧を分散できるかどうかと言えます。

なぜなら体圧を分散できなかったら、腰にかかる負担が集中してしまう場合があるからです。

そうなれば腰に痛みを感じてしまうので、睡眠の質が低下して、睡眠不足になってしまうのです。

そのため体圧を分散できれば、寝ている最中に、腰にかかる負担を少しは和らげる事ができるでしょう。

寝返りをうつ回数

寝ている最中に、腰に痛みを感じてしまったら寝返りをうって、腰にかかる負担を軽減しようとするでしょう。

しかし健康的な身体であれば寝返りをうつ事に問題はありませんが、腰痛になっている方が寝返りをうったら腰に痛みを感じてしまいます。

そのため体圧を分散して、腰にかかる負担を軽減すれば寝返りをうつ回数が、あまり増えなくなるのです。

肩コリを起こす可能性

体圧を分散できないマットレスを使用したら、腰痛の方は寝返りをうって横向きになって寝るでしょう。

確かに、横向きになれば腰にかかる負担が軽減できる場合もあります。

しかし横向きで寝ていたら、首が高い位置になってしまうので、首に角度がついてしまうのです。

そのような状態で寝てしまえば、肩に負担をかけてしまうので肩コリになってしまいます。

肩コリと腰痛はあまり関係がないように思うかもしれませんが、肩と腰は背骨によって、つながっているので関係性があると言われています。

実際に肩コリになったら、肩をかばうために腰に負担をかける場合があるのです。

そのため肩にかかる負担を軽減するために、横向きで寝る可能性を低くするマットレスを使用するメリットは大きいでしょう。

ダニの繁殖を抑制

通気性が良いエアリーマットレスを使用していたら、ダニが繁殖する可能性が低くなりますが、その理由や重要性について知らない方もいるでしょう。

そこでダニの繁殖するデメリットや対策を紹介するので、確認してみて下さい。

ダニが繁殖するデメリット

ダニは40種類もあって、その中でも多く生息しているのが『チリダニ』です。

このチリダニはアレルギー性疾患の原因と言われていて、チリダニの死骸(しがい)・抜け殻・糞でも、私たち人間の身体に悪い影響を与えてしまいます。

このチリダニは、高温多湿になっていたら繁殖しやすくなるので、梅雨のような時期には特に注意しなければいけません。

しかしエアーマットレスのような通気性が優れたものであれば、マットレスをたてかける回数が少なくても、ダニが繁殖する可能性が低くなるでしょう。

ダニの対策

マットレスでダニが繁殖しないようにするためには、天日干しがおすすめです。

なぜならダニは、50度以上の高熱を30分以上まで加えたら、死滅するからです。

そのためエアーマットレスを使用する際にダニ対策を講じる時には、できるだけ窓から直射日光が当たる場所にたてかけたほうが良いでしょう。

もしも一人暮らしの方で腰痛になっている場合には、自分でマットレスをたてかけるのは大変なので、掃除機でマットレスにいるダニを吸引してみるのも良いでしょう。

エアリーマットレスの口コミ

エアリーマットレスは、魅力的なポイントが多かったので「本当にそこまで魅力的なマットレスなのだろうか」と思った方もいるでしょう。

そこでエアリーマットレスを利用した方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

悪い口コミ

エアリーマットレスを使用している方で、お尻を支えている部分が凹んでしまったケースがありました。

このようにお尻の部分が凹んでしまったら、体圧を分散する事が難しくなるので注意したほうが良いでしょう。

そのため肥満体型になっている方は、体重が重くなっているので、エアリーマットレスを使用する際は気を付けたほうが良いでしょう。

良い口コミ

シングルのエアリーマットレスを使用している方で、壁にたてかけやすい所を気に入っている方がいました。

これは、エアロキューブを採用していて製品体積の約95%が空気になっているのが、効いているのでしょう。

そのため腰痛で、マットレスを壁にたてかけるのが辛く感じてしまう方は、エアリーマットレスのシングルはおすすめです。

まとめ

エアリーマットレスは、体圧分散と通気性を両立しているので、腰痛になっている方は利用してみたいと思うでしょう。

しかし通気性が良いとは言っても、メンテナンスを全くしなければ、ダニやカビが繁殖してしまうのです。

そのため、適度にメンテナンスをする事が重要です。

もしもマットレスを壁にたてかけるのが大変な場合には、軽くなっているシングルを選んだほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団