腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛の解消と自分に合う敷き布団を選んで痛みを緩和しよう

   

就寝して起きてから直ぐに腰痛は様々なところで痛みが出てきてストレスに感じ、腰の痛みは毎日の生活に負担が掛かり改善したい方も沢山いると思います。

腰痛を改善するのは難しいことですが就寝中に合わせて痛みを和らげられる方法があります。

敷き布団に効果的な腰の負担とストレスを回復して少しずつ腰に優しい睡眠を取っていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の原因と敷き布団の関係性

腰痛には生活習慣に対してそれぞれ原因が様々です。

10人が腰痛で悩んでいた場合に10通りの原因がありバラバラな生活スタイルで一概に1つのアドバイスで改善できるほど簡単ではないと感じます。

一人一人に起床時間から睡眠時間まで幅広く全てを捉えられないことも事実な上で1つだけ共通することがあります。

共通することは睡眠です。

睡眠における行動は皆同じで睡眠時間は多い少ないこと、寝付く時間もバラバラな中で立ったまま座ったままの例外を除けば横になっている睡眠時間は全ての方に共通する姿勢です。

横になったまま何時間も一定の姿勢でいることは腰痛に考えられる原因を和らげられる大きなポイントです。

運動不足で筋肉が弱くなっていたり身体に負担が掛かっている激しい運動、デスクワークのような長時間パソコンを使った生活の他に身体の内部に異常がある場合など。

色んな原因が浮かび上がる中でストレスが中心に居座っていることが大きな特徴です。

就寝している時は本来1日の疲れ切った身体を回復させる大事なことです。

運動メインで疲れた1日では筋肉の回復に徹底し、デスクワークのようなパソコンで1日中活動していた場合には脳に蓄積されたストレスを緩和します。

緊張していた身体や脳をしっかりと回復するための睡眠には腰痛を改善できる関係性を持っています。

腰痛で悩んでいる方には睡眠の仕方に合わせて自分が使っている布団が合っていない可能性があります。

ストレスを中心に考えて作られている布団には腰痛を改善する効果を中心に売っている布団もあります。

腰痛だけでなく生活環境に合わせて身体を回復しやすい布団を選ぶことで、日々の生活が明るく感じられると思います。

自分に合う布団選びは布団の特徴を少しだけ知ってみるだけで簡単に見つかります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

敷き布団の特徴と効果

初めに敷き布団には弾力性の違いから2つに分けていきます。

1つは弾力性がある硬い布団には通気性に優れているのが特徴で、有名な高反発マットレスのような弾力性に近い効果です。

弾力性のある敷き布団には横になった時の体圧をバランス良く分散し身体の負担を緩和します。

一部分に負担が掛からないように考えて作られていて、寝る姿勢に対して腰に負担が掛かる寝方の方におすすめです。

2つ目は柔らかい敷き布団の特徴です。

寒い季節に合う敷き布団として熱を吸水しやすく温かい寝心地です。

硬い敷き布団との違いは柔らかいことで身体を包み込んで体圧を分散させます。

一見2つとも身体に優しくどちらも一緒に考えられるメリットがありますが、寝る姿勢とストレスにポイントの違いがあります。

硬い敷き布団には寝ている間に身体の向きを変えることが多い方に向いていて、寝返りをするときに硬い敷き布団は色んな姿勢に合わせて体圧を発散させます。

バランスよく体圧を発散させて身体の向きを変える時にもストレスを緩和します。

反対に柔らかい敷き布団には寝返りをしにくい特徴があり、姿勢を変えるのが不向きです。

寝返りが多い方には不向きなことで結果的にストレスになってしまいます。

自分の寝方に合わせて敷き布団を選ぶことによって腰痛を緩和できると同時に合わない敷き布団を使い続けることは原因を更に悪化させてしまうデメリットにもなります。

硬い方向け柔らかい方向けの相性をメリットとデメリットで比較して見つけていきましょう。

硬い敷き布団のメリットとデメリット

硬い敷き布団には血行を良くしてくれて筋肉の疲れを取る効果が最大のメリットになります。

寝返りを多くする方向けの敷き布団として血行と筋肉に最適な効果を得られることは疲労回復に繋がります。

血液の巡回が良くなることで筋肉の疲れを取り除き身体から回復してくれるので、運動した身体に大切な回復に向いています。

腰に対して他の疲れが集まるのを防ぎ身体からストレスを取り除いてくれます。

激しい運動で腰痛に悩んでいる方に向いている改善方法です。

反対にデメリットでは睡眠自体の寝つきが悪く感じてしまうことがあります。

硬さ自体に違和感を感じてしまいストレスにおける充分な改善に繋がらない睡眠になってしまいます。

腰痛と関係性が高いストレスにも目を向ける中で硬さに対して弱い敷き布団を選んだりして改善する方法が適切だと感じます。

季節が寒い時期に通気性が高まると寝付けないなど自分に合っていない場合には、掛け布団で温かいものを代用できるので工夫次第で良くなると思います。

柔らかい敷き布団のメリットデメリット

柔らかい敷き布団にはストレス回復に徹底しています。

身体の圧力を包み込むように発散させる敷き布団には自然と安心感を感じます。

寝心地が良くリラックスしやすい柔らかさにはデスクワークやパソコンのように長時間の身体の体勢を休ますのに最適です。

身体の緊張と脳に溜まったストレスを緩和してくれるのがメリットです。

デメリットとして柔らかい敷き布団には精神的な効果を発揮できる一面で腰痛の改善に全面的に繋がる効果は期待しにくいところです。

ゆったりとリラックスできる環境と寝心地に身体の疲れを回復するには硬い敷き布団が良いと感じます。

長時間の姿勢で活動する時間の緊張感と脳の負担を改善したい方に柔らかい敷き布団は向いていると思います。

寝方を変えて腰痛を軽減

敷き布団の改善と同時に就寝の姿勢で腰の痛みを和らげる方法を紹介します。

姿勢では仰向けと横向きの2つがありますが、自然と自分が楽な姿勢にどちらかになると思います。

楽な姿勢でいても腰が痛く感じ眠りにくいことがある方におすすめの方法です。

簡単な方法で効果は個人差がありますが痛みを改善する方法として実行してみて下さい。

仰向け

仰向けで痛みを感じている原因は股関節に関わる場合が多いです。

股関節が仰向けで伸びてしまって痛みを引き起こしているときに痛みを軽減する方法は膝を曲げることで和らぎます。

膝を曲げることで股関節が伸びるのを防げるので効果的な方法です。

楽に膝を曲げるときにクッションなどを膝に入れておくことで疲れないで自然な姿勢になります。

横向き

横向きで痛みを感じる方は腰椎を支える方法が効果的だと言われています。

腰にタオルを5cm~10cmくらいの厚みにして横になる間に入れて寝ると楽になると思います。

2つとも簡単な方法なので試してみて下さい。

姿勢は腰痛を和らげるだけでなく治ることに繋がります。

身体に負担のかからない姿勢には腰痛の予防として大切なことです。

蓄積されたストレスが結果的に腰に痛みを訴えているので、身体を休める就寝時間は楽な姿勢で身体を回復してみて下さい。

まとめ

腰痛と就寝には関係性があり個人差によっては腰の痛みを早く改善できる効果もあります。

敷き布団には特徴に合わせて腰の痛みを改善して良くしていきます。

柔らかい敷き布団や硬い敷き布団にも特徴は変わるので自分に合うものを選ぶことで腰が楽に感じると思います。

腰に負担を掛けないことが一番良い方法ですが、無理なく楽な姿勢にするためにも敷き布団は腰痛と関係性が高いと思います。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団