腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛は敷き布団が原因? 腰によい敷き布団の選び方とは

   

airweave(エアウィーヴ) 夏蒸れず、冬暖かい厚さ6.5cm エアウィーヴ四季布団ダブル

腰痛に悩んでいる人は、敷き布団に注意してみましょう。

普段使っている敷き布団が合っていない場合、それが腰に負担をかけている可能性があります。

敷き布団は、夜間に長く体を預けるものなので、適切なものでなければ、体へのダメージが大きくなってしまうのです。

そのため、普段使う敷き布団を選ぶ際は、慎重に検討しなければなりません。

そこで、腰によい敷き布団について、その特徴やおすすめ商品を紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

こんな敷き布団はNG

腰によい敷き布団を説明する前に、まず、使ってはいけない敷き布団から説明しましょう。

避けるべき敷き布団の特徴をしっかり把握して、選ぶ際は確実に除外するようにしてください。

硬すぎる、または柔らかすぎる

敷き布団の硬さは、腰に大きな影響を与えます。

そのため、敷き布団は、硬すぎても柔らかすぎてもいけません。

ちょうどよい硬さの、自分に合ったものでなければ、腰痛の対策にはならないでしょう。

まず、硬すぎる敷き布団は、体がほとんど沈まないため、腰の部分に隙間ができることになります。

すると、仰向けに寝ていても、腰を反らせたような状態になるのです。

その状態で長時間過ごすことになれば、腰に大きな負担がかかります。

腰痛対策として、せんべい布団を選択する人もいますが、そのような硬すぎる布団は逆効果なので、使わないようにしましょう。

一方、柔らかすぎる敷き布団の場合は、体が沈みすぎることが問題です。

人間の背骨は、立ったときの自然なS字カーブが正しい状態ですが、体が沈みすぎると、そのカーブが保てなくなり、腰に負担をかけてしまいます。

柔らかい敷き布団は寝心地がよいため、腰にもよい効果がありそうなイメージですが、実際は逆なのです。

したがって、敷き布団を選ぶときは、硬すぎたり柔らかすぎたりする極端なものは、できるだけ避けるようにしましょう。

低反発素材を使っている

敷き布団の素材には、跳ね返りを少なくした「低反発」と呼ばれるものがあります。

これは、体が沈み込んでも、その重さを跳ね返す力が弱く、体が布団にフィットする感覚が特徴です。

フィット感だけでなく、体が包み込まれるような気持ちよさもあり、快適な寝心地を求めるなら、最適な素材と言えます。

しかし、腰痛に悩んでいる人や、予防したい人にとっては、要注意の素材となります。

というのも、体がぴったりフィットするということは、寝返りを制限してしまう恐れがあるからです。

腰痛を予防するには、なるべく自然に寝返りをうつようにして、腰に長く圧力がかかることを避けなければなりません。

しかし、低反発の敷き布団は、体が沈んだまま固定されている状態と同じなので、身動きがとりづらくなることがあるのです。

そのため、寝心地がよいからと言って、あまり反発の少ないものを選ぶと失敗する可能性があります。

低反発素材の敷き布団は、腰痛対策をするなら避けるべきでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛対策に最適な敷き布団とは

腰によくない敷き布団を確実に除外したならば、続いて、腰によい敷き布団を検討してみましょう。

基本的には、よくない敷き布団とは逆の特徴を備えたものが、腰痛対策に適した敷き布団となります。

硬さが自分に合っている

腰によい敷き布団というのは、硬すぎず柔らかすぎず、自分の体にあった適度な硬さがあるものです。

そうした敷き布団であれば、体が沈みすぎることがないため、立ったときのような、自然な背骨の状態を維持することができます。

また、体が浮きすぎることもないため、腰と敷き布団の間が埋まり、ちょうどよい具合に体がフィットするでしょう。

すると、布団がしっかり体を支えている状態になるので、姿勢を維持するために筋肉を緊張させる必要がなく、良質な睡眠にもつながります。

つまり、腰痛対策で敷き布団を選ぶ場合は、硬さや柔らかさを重視しすぎるのは、よくない方法なのです。

そうした選び方をすると、自分の体に合わない硬さを選んでしまいがちです。

よいものを選ぶなら、硬さや柔らかさよりも、自分が寝ていて負担が少ないかどうかを考えるようにしましょう。

そのためには、できるだけ「試し寝」をしてみるのがおすすめです。

実際に寝てみることで、自分に合った敷き布団かどうか、より判断しやすくなるでしょう。

高反発素材を使っている

腰痛対策で効果的な素材は、反発力が高く、体を跳ね返す働きがある「高反発」の素材になります。

これは、一見すると腰によくなさそうですが、実はとてもよい効果があります。

適度な跳ね返りがあると、体が動きやすく、自然に寝返りをうつことができるのです。

寝返りというのは、無意識に行っている行為なので、ちょっとした障害でも、自然に回数が減ってしまうものです。

例えば、低反発の敷き布団で体が固定されると言っても、自分の意志で動こうと思えば動くことはできます。

しかし、睡眠中の寝返りの場合、無意識に体が動かないことを選択してしまうのです。

そのため、寝返りを妨げそうな要素はできるだけ少ない方が、効果的な腰痛対策になります。

高反発素材のような動きやすさがあれば、のびのびと寝返りをうつことができるでしょう。

ただし、反発力にも種類があるので、あまり強すぎないものを選ぶべきです。

その際は、自分の体型についても考慮してください。

小柄で軽い人が、あまり高反発な敷き布団に寝ると、まったく体が沈まないので、逆に腰を痛めてしまいます。

高反発素材を選ぶときも、「自分の体に合っている」というポイントを外さないことが大切なのです。

使用時の注意点

確実に腰痛対策をするなら、敷き布団を選んだだけで満足していてはいけません。

せっかくよい敷き布団を選んでも、間違った使い方をしたのでは、宝の持ち腐れです。

適切な敷き布団を選んだのなら、使い方までしっかり考えるようにしましょう。

フローリングに直接敷かない

敷き布団は、フローリングの床に直接敷いてはいけません。

なぜなら、フローリングの硬い床が、圧力を跳ね返すことになるからです。

そうなると、腰に負担をかけない敷き布団でも、その効果は十分に発揮されません。

また、寒い時期になると、冷たさが伝わりやすくなるので、腰が冷えて余計に痛みが増すことも考えられます。

もしフローリングに敷かざるをえないのであれば、なるべく敷き布団だけを使うのは避けてください。

敷き布団だけなく、マットレスを下に入れておけば、圧力の跳ね返りはかなり軽減することができるでしょう。

劣化したまま使わない

敷き布団は、どんなに腰によいものを使っていても、そのうちに劣化してきます。

へたってきた敷き布団をそのまま使い続けても、本来の効果を得ることはできないので、そのときは新しいものに買い替えた方がよいでしょう。

劣化しない敷き布団というのはありませんが、中には、かなり耐久性の高い商品もあるので、そうしたものを選んでおけば、劣化を遅らせることは可能です。

また、こまめに干すようにして、できるだけ湿気をとばしながら使えば、長持ちさせることができるでしょう。

おすすめの敷き布団

では、腰痛対策におすすめの敷き布団をいくつか紹介しましょう。

それぞれが優れた特徴を備えているので、自分に合ったものを使ってみてください。

エアウィーヴ 四季布団

airweave(エアウィーヴ) 夏蒸れず、冬暖かい厚さ6.5cm エアウィーヴ四季布団ダブル

マットレスで有名なエアウィーヴが、昭和西川と共同開発した敷き布団です。

この敷き布団の特徴は、部分によって硬さを変えることで、より腰への負担を少なくしている点です。

腰の部分は少し硬めに、肩や足が当たる部分は柔らかめになっており、スムーズな寝返りが可能となっています。

また、通気性にも優れており、夏は涼しく、冬は暖かいというメリットもあります。

名前のとおり、どんな季節でも快適に使用できる敷き布団なのです。

スリープル Futon Style

この商品の特徴は、中が10層構造になっており、17cmもの厚さがあることです。

そのため、ふわふわとした心地よい感触があります。

しかも、独自に開発した体圧分散法が用いられており、ふわふわした寝心地でありながら、しっかりと圧力を分散させることができるのです。

また、極厚の敷き布団なので、先述したフローリングの問題も解消できます。

この商品であれば、単体で使っても床の影響はかなり少ないでしょう。

雲のやすらぎ プレミアム

【雲のやすらぎ】肩こり腰痛でお悩みの方へ★凹凸加工・体圧分散の浮圧敷き布団

この商品も17cmの厚さがあり、その名のとおり、雲の上のような気持ちよさを実現した敷き布団です。

もちろん、それで体が沈みすぎる心配はありません。

高反発スプリングを用いた、「新クロスクラウド製法」と呼ばれる独自の技術により、優れた体圧分散効果があるのです。

また、念入りに圧縮試験が行われており、へたりにくさも備えています。

先述のように、へたってくると効果が薄くなってしまうので、これは嬉しいポイントです。

なるべく長く使うことを考慮するなら、おすすめの商品と言えるでしょう。

まとめ

敷き布団選びは、腰痛対策を考えるならば、とても重要なポイントです。

どのような敷き布団を使うかで、腰への負担が大きく変わってくるので、適当に選んではいけません。

また、腰への負担が少ない敷き布団は、楽に眠ることができるため、睡眠の質を高める効果も期待できます。

適切な敷き布団を選んで、腰痛も睡眠も、健康的に改善していきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団