腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を予防できる椅子を紹介!その特徴や注意点とは?

   

【配送・組立・設置込】 コクヨ オフィスチェア インスパイン CR-GA2515E6GME6-V ヘッドレスト付 可動肘 ブラックフレーム 背ブラック/座ブラック

日本では、多くの方たちが腰痛に悩まされているので、腰を痛める前に予防しておく事が重要です。

実は、数多くある椅子の中には、腰痛を予防できる製品がいくつも販売されているのです。

しかし、そのような椅子に座る際でも、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで腰痛を予防できる椅子の特徴や、注意すべきポイントなどを紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛を予防できる椅子の特徴

腰痛を予防できる椅子の特徴を把握しておけば、どのような椅子を選べば良いのか、分かるようになります。

それでは、どのような特徴になっている椅子を選んだら良いのか説明するので、確認してみて下さい。

クッション性

椅子の座面の『クッション性』が優れていなければ、短時間でお尻が痛く感じるようになってしまいます。

お尻が痛く感じるようになったら、姿勢を崩したくなりますが、姿勢を崩したら、腰に負担をかけてしまうので注意しなければいけません。

そのため、クッションが優れている座面になっている製品を選ぶ事が重要です。

座面のボリュームが厚くなっている製品であれば、底つき感を緩和できるので、体重が重くなっている方でも利用しやすくなっています。

安定感

椅子を購入したばかりの時は、新品の状態なので、短期間で故障するケースはまれです(中古品の場合は除くので注意)。

しかし、椅子を長く利用していたら、ギシギシと音が鳴るようになっていき、不安定な状態になってしまう事があります。

そのような事態を避けるために『安定感』が優れている椅子を利用して、安定した状態で座って、正しい姿勢をキープしたほうが良いです。

数多くある製品の中には値段を安くする代わりに、耐久性が優れていない製品も多いので、購入する際には、しっかりとした作りになっているのか確認して下さい。

特殊な形状

猫背になっている方は、背筋が後方に曲がっているので、椅子の背もたれに寄りかかってしまえば、お尻が前のほうにズレやすくなってしまいます。

お尻が前のほうにズレた状態で、背もたれに寄りかかっていたら、上半身の体重の負担が、腰に集中しやすくなるので注意しなければいけません。

猫背の場合には、座面の中央がへこんでいる椅子を利用したほうが良いです。

座面がへこんでいれば、お尻のズレが発生しづらくなるので、猫背の方でも、お尻を背もたれに接触した状態で座りやすくなります。

調整機能

数多くある椅子の中には『調整機能』が優れている製品が、いくつか販売されています。

例えば、座高を段階的に調整できる製品を利用していれば、自宅で利用している机に合わせやすくなります。

実は、机と椅子の高さが合わなければ、机に手を置いた時に、肘や肩に負担をかけるようになってしまうのです。

肘や肩は、腰とは関係がないように思うかもしれませんが、体の一部に負担をかけるようになったら、それは腰にまで悪い影響を与えてしまうケースがあるのです。

そのため、椅子を選ぶ際には、調整機能が優れているのか、確認するようにして下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

椅子に座る際の注意点

腰痛の予防ができる椅子でも、座る際には、いくつか注意すべきポイントがあります。

それを知らないで座っていたら、最悪のケースでは腰を痛めてしまうので、どのような所に注意すれば良いのか紹介しましょう。

座っている時間

多くの方たちは意外に思うかもしれませんが、私たち人間は、立っている時よりも座っている時のほうが、腰に負担をかけてしまいます。

実際に、立ち仕事をしていた方が、デスクワークをするようになってから、腰痛になってしまうケースが多くあるほどです。

なぜ、このようなケースが起きてしまうのかと言えば、立っている時は、上半身の体重の負担は、両足によって分散されるからです。

腰にかかる負担を軽減するためには、1~2時間まで座っていたら、1回は立ち上がって休憩を取るようにしましょう。

正しい姿勢

正しい姿勢で座る場合には、腰を背もたれに接するだけではなく、足を組まないようにする事も重要です。

なぜなら、足を組んでしまえば、骨盤の左右のバランスが崩れてしまうからです。

さらに、パソコンを操作する方に多いのですが、前かがみになってしまう姿勢も猫背になりやすい事から、腰痛になる可能性が高くなってしまいます。

腰痛を予防できる椅子に座る場合でも、足の位置や前かがみなどに注意するようにして下さい。

立っている時も腰痛を予防

椅子に座っている時だけ気を付けていても、腰痛になってしまう事があります。

そこで、立っている時は、どのような所に注意すれば良いのか紹介するので、みていきましょう。

適度な運動

学生時代の頃は、体育の授業や部活動があるので、体をよく動かしていた方が、会社員になってからは体を動かす機会が少なくなってしまうケースが多くあります。

実は、体をあまり動かさなくなってしまえば、腰の筋力が低下して、腰痛になってしまう可能性が高くなってしまうのです。

なぜなら、腰の筋肉は、腰を支える働きがあるからです。

腰の筋力が低下しないようにするためには、激しい運動までしなくても良いのですが、定期的にウォーキング程度は、するようにしましょう。

ギックリ腰

工場で、重い物を持ち上げる仕事をしている方で多いのが『ギックリ腰』です。

ギックリ腰になってしまうのは、中腰の姿勢で重い物を持ち上げようとするので、物の重さの負担が腰に加わりやすくなってしまうからです。

本来であれば、重い物を持たなければ良いのですが、転職をする事が難しい場合には、しゃがみこんだ姿勢で重い物を持って下さい。

それから足に力を入れて、足を伸ばすような感覚で立ち上がりましょう。

足と腕の力を使って、重い物を持ち上げれば、腰にかかる負担を軽減できます。

おすすめの椅子

腰痛を予防できる椅子について説明してきましたが、それを聞いても、どの製品を購入したら良いのか悩んでしまう方もいるかもしれません。

そのような方たちのために、おすすめの椅子を2種類まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

コクヨ オフィスチェア インスパイン

【配送・組立・設置込】 コクヨ オフィスチェア インスパイン CR-GA2515E6GME6-V ヘッドレスト付 可動肘 ブラックフレーム 背ブラック/座ブラック

『コクヨ オフィスチェア インスパイン(CR-GA2515E1GMT5-V)』は、ワンタッチで座面の高さを調整できるようになっているので、デスクの高さに合わせやすくなっています。

さらに座面は、前後にも調整する事ができるので、あまり腰に負担をかけなくても、デスクワークが可能です。

『ロッキング』の調整も可能になっているので、ある程度まで背もたれの角度を変えられるようになっているのです。

これほど調整機能が優れている椅子なので、Amazonでは税込価格147,269円もします。

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ

Ergohuman オフィスチェア エンジョイ ハイタイプ EJ-HAM BK (KM-11)

『Ergohuman オフィスチェア エンジョイ(EJ-HAM BK)』は『エラストメリックメッシュ』を採用する事によって、体重を均等に分散する事を実現しました。

そのため、骨盤のバランスが崩れづらくなっているので、正しい姿勢で座り続ける事が可能です。

背もたれには『ランバーサポート』が備えられているので、腰を前のほうへ押し出すような形状になっています。

ランバーサポートを活用すれば、猫背対策を講じる事もできるので、背筋を真っ直ぐにする事が難しい方には、おすすめの椅子です。

まとめ

腰痛を予防できる椅子を利用したら、正しい姿勢をキープしやすくなるので、腰にかかる負担を軽減できます。

ただし、椅子を利用する本人が、正しい姿勢をキープしようとする意識を持たなければ、姿勢が崩れてしまう事もあるので注意しなければいけません。

腰痛は、様々な症状があるので、座り方に注意しても腰が痛くなった場合には、早めに病院へ行って医師に診てもらうようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子