腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を予防・改善する方法と腰痛の方におすすめの椅子

   

人は座っていると楽なため、立っている時が一番腰に負担をかけていると思いがちですが、実際のところ、毎日の生活の中で、最も腰に負担をかけているのは座っている時だと言われています。

特に毎日パソコンに向かってデスクワークをしている方だと、慢性的な腰痛に悩まされている方も多いと思います。

少しでも快適に仕事をするためには、まず自分でできる腰痛予防法を実践するほか、ストレッチや腰痛改善効果のある椅子を上手に使いながら、腰痛を改善していくことが大切です。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

デスクワークと腰痛の関係

デスクワークと腰痛のメカニズム

デスクワークをすると、決して激しく腰を使っているわけではないのに、なぜ腰痛を引き起こしやすいのか。

それは、人は立っている時よりも、座っているときの方が腰に約1.5倍から2倍もの負担がかかっているということが最大の原因です。

そして、座りっぱなしの状態で長時間同じ姿勢でいると、腰椎や腰周辺の筋肉への負担が増大し筋肉が硬くなり、血流障害や姿勢の歪みをまねき、神経を圧迫してしまいます。

これにより脊椎や骨盤の歪み、坐骨神経痛、筋肉の疲労を引き起こし、慢性的な腰痛へと発展してしまいます。

腰痛を悪化させる要因

ただ単に座っているだけでも、腰には多くの負担がかかっているのですが、間違った椅子の座り方により腰痛を悪化させる原因になってしまうため注意が必要です。

この腰痛を悪化させる座り方とは、主に偏った姿勢で座ることです。

例えば、背中をまるめて前のめりに座ると、背筋をまっすぐに伸ばして座った時よりも、頭の重さが腰にかかり、大きな負担を腰にかけてしまうため良くありません。

また頬杖をついて座ると、体がねじれた状態となるため、偏った負担がかかり骨盤が歪んでしまいます。

そして足を組んで座ることも、重心がどちらか一方に偏ってしまうため、体の歪みの原因となってしまうため気をつけなければなりません。

その他にも良くない座り方としては、背もたれに寄りかかってお尻が前の方にずれている状態で座ることや机と体は並行ではなく、斜めの状態で座るなどは注意が必要です。

姿勢が悪い状態で何時間も座っていることにより、腰に大きな負担をかけたり、骨盤が歪み骨格全体に影響を与えたりするため、肩こりや腰痛を悪化させてしまいます。

そして、姿勢が悪いことにより腰痛だけではなく、むくみや冷え性、生理不順なども引き起こす可能性もあるため、しっかりと姿勢を正して椅子に座ることが大切です。

そのため椅子選びは重要で、椅子が硬かったり、机と椅子の高さがあっていなかったりなど、不自然な姿勢を促す椅子を使用すると、姿勢が悪い状態を習慣化させてしまうため、自分に合った椅子を選ぶことが大切です。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛を予防・改善するために

腰に負担をかけにくい座り方のポイント

腰痛を予防・改善するためには、正しい座り方で姿勢を正すことが大切です。

まずは足をしっかり地面につけて座ることです。

足の裏を地面についていない状態で座ると、上半身の重さが腰に集中してしまうため、腰に負担をかけてしまいます。

この腰への負担を軽くするために、地面に足をつけて左右均等に体重をかけることが大切となります。

足を地面につけることを心がけると、足を組まないため自然に骨盤の歪みを防ぐこともできます。

次に、顎を前に出すような姿勢をとらないことです。

人は顎を前に出すことによって、背中が丸くなり、猫背になってしまいます。

腰に負担をかけないためにも、顎を軽く引き、首に余分な力を入らないように気をつけることが大切です。

さらに腰への負担を軽減するため、椅子に深く腰を掛けて上半身と下半身の角度がほぼ直角になるように座り、腰を背もたれでしっかりと支えることを常に意識する必要があります。

その際に、机と椅子の間隔を空け過ぎないこともポイントとなります。

そして、パソコンのモニターを長時間見続けて仕事をするという方は、パソコンのモニターを水平よりもやや下を向くくらいの高さに設置して仕事をするようにすると、腰痛や肩こり、首痛を予防することができます。

腰痛を防ぐセルフケア

まず大切なのは、デスクワーク中にこまめに休息をとることです。

腰痛は長時間同じ姿勢でいることにより、血流障害や骨盤の歪みが生じて悪化してしまうため、こまめに休息をとり、背筋を伸ばしたり立ち上がったりするなど体勢を変えてあげることが重要です。

次に、体幹を整えるトレーニングを行うことです。

体幹が弱く、体の軸がしっかりしていないと、体のバランスが取れていないため、正しい姿勢を保つことが難しくなります。

そこで、体幹を鍛えて、筋力をアップさせることが大切です。

体幹を鍛えることで、脊髄が自然の状態へ戻り、骨盤を安定させるため、正しい姿勢を保つことができるようになります。

その結果、腰痛対策へとつながります。

最後に、腰痛を改善するためのストレッチもおすすめです。

長時間間違った体勢で座ることにより、骨盤の歪みやバランスが崩れて腰痛が発生しているので、この骨盤の歪みを解消するためにストレッチを行います。

特に、腰の骨や筋肉を動かし可動範囲を広げ、曲がった状態を正常な状態に近づける腰のストレッチや太ももの筋肉をのばして、骨盤のバランスを整える太もものストレッチなどが有効です。

椅子選びのポイント

腰の負担を軽減させるためには座り方が大切でしたが、ちゃんとした座り方を習慣化するためにも、しっかりとした椅子選びが大切です。

そのポイントとしては、柔らかすぎる椅子は極力避けた方が良いです。

柔らかすぎる椅子は、リラックスはでき体重は分散させることはできますが、お尻が沈んでしまうため前傾姿勢なりやすく姿勢が乱れてしいます。

高すぎる椅子や低すぎる椅子も要注意です。

高すぎる椅子は、足を地面につけることなく、ブラブラとしてバランスがとりにくく腰に負担をかけ、低すぎる椅子は足の位置が体に近づくため、姿勢が悪くなり、腰への負担が増大してしまうためです。

腰を掛けた時に足が90度に曲がり、しっかりと地面に足の着くものを選ぶことが大切です。

姿勢を矯正する作用のある椅子を使用し座り方を良くすることが、結果的に腰痛を改善することへもつながります。

腰痛におすすめの椅子

腰痛を改善するには、自分の体に合った椅子を使用し、姿勢を正すことが大切です。

しかし、自分に合った椅子を使用しても、なかなか姿勢を改善することは難しいです。

そのため、今回は姿勢を矯正することに着目した腰痛対策のおすすめの椅子を紹介します。

人は座っていると楽なため、立っている時が一番腰に負担をかけていると思いがちですが、実際のところ、毎日の生活の中で、最も腰に負担をかけているのは座っている時だと言われています。

特に毎日パソコンに向かってデスクワークをしている方だと、慢性的な腰痛に悩まされている方も多いと思います。

少しでも快適に仕事をするためには、まず自分でできる腰痛予防法を実践するほか、ストレッチや腰痛改善効果のある椅子を上手に使いながら、腰痛を改善していくことが大切です。

デスクワークと腰痛の関係

デスクワークと腰痛のメカニズム

デスクワークをすると、決して激しく腰を使っているわけではないのに、なぜ腰痛を引き起こしやすいのか。

それは、人は立っている時よりも、座っているときの方が腰に約1.5倍から2倍もの負担がかかっているということが最大の原因です。

そして、座りっぱなしの状態で長時間同じ姿勢でいると、腰椎や腰周辺の筋肉への負担が増大し筋肉が硬くなり、血流障害や姿勢の歪みをまねき、神経を圧迫してしまいます。

これにより脊椎や骨盤の歪み、坐骨神経痛、筋肉の疲労を引き起こし、慢性的な腰痛へと発展してしまいます。

腰痛を悪化させる要因

ただ単に座っているだけでも、腰には多くの負担がかかっているのですが、間違った椅子の座り方により腰痛を悪化させる原因になってしまうため注意が必要です。

この腰痛を悪化させる座り方とは、主に偏った姿勢で座ることです。

例えば、背中をまるめて前のめりに座ると、背筋をまっすぐに伸ばして座った時よりも、頭の重さが腰にかかり、大きな負担を腰にかけてしまうため良くありません。

また頬杖をついて座ると、体がねじれた状態となるため、偏った負担がかかり骨盤が歪んでしまいます。

そして足を組んで座ることも、重心がどちらか一方に偏ってしまうため、体の歪みの原因となってしまうため気をつけなければなりません。

その他にも良くない座り方としては、背もたれに寄りかかってお尻が前の方にずれている状態で座ることや机と体は並行ではなく、斜めの状態で座るなどは注意が必要です。

姿勢が悪い状態で何時間も座っていることにより、腰に大きな負担をかけたり、骨盤が歪み骨格全体に影響を与えたりするため、肩こりや腰痛を悪化させてしまいます。

そして、姿勢が悪いことにより腰痛だけではなく、むくみや冷え性、生理不順なども引き起こす可能性もあるため、しっかりと姿勢を正して椅子に座ることが大切です。

そのため椅子選びは重要で、椅子が硬かったり、机と椅子の高さがあっていなかったりなど、不自然な姿勢を促す椅子を使用すると、姿勢が悪い状態を習慣化させてしまうため、自分に合った椅子を選ぶことが大切です。

腰痛を予防・改善するために

腰に負担をかけにくい座り方のポイント

腰痛を予防・改善するためには、正しい座り方で姿勢を正すことが大切です。

まずは足をしっかり地面につけて座ることです。

足の裏を地面についていない状態で座ると、上半身の重さが腰に集中してしまうため、腰に負担をかけてしまいます。

この腰への負担を軽くするために、地面に足をつけて左右均等に体重をかけることが大切となります。

足を地面につけることを心がけると、足を組まないため自然に骨盤の歪みを防ぐこともできます。

次に、顎を前に出すような姿勢をとらないことです。

人は顎を前に出すことによって、背中が丸くなり、猫背になってしまいます。

腰に負担をかけないためにも、顎を軽く引き、首に余分な力を入らないように気をつけることが大切です。

さらに腰への負担を軽減するため、椅子に深く腰を掛けて上半身と下半身の角度がほぼ直角になるように座り、腰を背もたれでしっかりと支えることを常に意識する必要があります。

その際に、机と椅子の間隔を空け過ぎないこともポイントとなります。

そして、パソコンのモニターを長時間見続けて仕事をするという方は、パソコンのモニターを水平よりもやや下を向くくらいの高さに設置して仕事をするようにすると、腰痛や肩こり、首痛を予防することができます。

腰痛を防ぐセルフケア

まず大切なのは、デスクワーク中にこまめに休息をとることです。

腰痛は長時間同じ姿勢でいることにより、血流障害や骨盤の歪みが生じて悪化してしまうため、こまめに休息をとり、背筋を伸ばしたり立ち上がったりするなど体勢を変えてあげることが重要です。

次に、体幹を整えるトレーニングを行うことです。

体幹が弱く、体の軸がしっかりしていないと、体のバランスが取れていないため、正しい姿勢を保つことが難しくなります。

そこで、体幹を鍛えて、筋力をアップさせることが大切です。

体幹を鍛えることで、脊髄が自然の状態へ戻り、骨盤を安定させるため、正しい姿勢を保つことができるようになります。

その結果、腰痛対策へとつながります。

最後に、腰痛を改善するためのストレッチもおすすめです。

長時間間違った体勢で座ることにより、骨盤の歪みやバランスが崩れて腰痛が発生しているので、この骨盤の歪みを解消するためにストレッチを行います。

特に、腰の骨や筋肉を動かし可動範囲を広げ、曲がった状態を正常な状態に近づける腰のストレッチや太ももの筋肉をのばして、骨盤のバランスを整える太もものストレッチなどが有効です。

椅子選びのポイント

腰の負担を軽減させるためには座り方が大切でしたが、ちゃんとした座り方を習慣化するためにも、しっかりとした椅子選びが大切です。

そのポイントとしては、柔らかすぎる椅子は極力避けた方が良いです。

柔らかすぎる椅子は、リラックスはでき体重は分散させることはできますが、お尻が沈んでしまうため前傾姿勢なりやすく姿勢が乱れてしいます。

高すぎる椅子や低すぎる椅子も要注意です。

高すぎる椅子は、足を地面につけることなく、ブラブラとしてバランスがとりにくく腰に負担をかけ、低すぎる椅子は足の位置が体に近づくため、姿勢が悪くなり、腰への負担が増大してしまうためです。

腰を掛けた時に足が90度に曲がり、しっかりと地面に足の着くものを選ぶことが大切です。

姿勢を矯正する作用のある椅子を使用し座り方を良くすることが、結果的に腰痛を改善することへもつながります。

腰痛におすすめの椅子

腰痛を改善するには、自分の体に合った椅子を使用し、姿勢を正すことが大切です。

しかし、自分に合った椅子を使用しても、なかなか姿勢を改善することは難しいです。

そのため、今回は姿勢を矯正することに着目した腰痛対策のおすすめの椅子を紹介します。

背筋がGUUUN美姿勢座椅子RICH

背筋がGUUUN美姿勢座椅子リッチ カバーセット メッシュグリーン

腰が辛くて、長時間座っていることが辛いという方におすすめの椅子です。

この椅子は、低反発ウレタン採用で、腰が沈み込み過ぎるのを防ぎながら心地よく腰を包んでくれます。

また、背筋にぴったりフィットするボリュームクッションを使用し、隙間なしで面を支えるため姿勢が崩れるのを防止するほか、座面がラウンド型になっているため、すっぽりとお尻がはまり、骨盤の歪みを防止する働きがあります。

座る以外にもストレッチをすることにも使えるので、姿勢矯正をすると同時にストレッチもしたいという方におすすめです。

アーユルチェアー

【姿勢が良くなる椅子】【腰痛予防・お子様の集中力向上にも】アーユルチェアー オクトパス レッド

この椅子は、内側の筋肉が発達し骨盤が倒れやすいという日本人の特性に着目し開発された椅子です。

腰痛を改善するためには、この骨盤を立てて姿勢を整えることが大切です。

この骨盤を立てるポイントは坐骨で座るということです。

アーユルチェアーは、小さな座面をまたいで座るようにできていて、日本人がうまく坐骨を使って座れるようにと開発された椅子です。

また、座面は柔らかすぎず弾力をもった仕様になっていて、立った骨盤を心地よく正しい姿勢をキープするための腰あてもついています。

この椅子は骨盤のバランスを整え、身体への負担をやわらげて、理想的な姿勢を保てるように働きかけます。

座っている時間もしっかりと腰をケアできるので、長時間デスクワークの方におすすめです。

まとめ

デスクワークは知らず知らずのうちに、血流障害や骨盤の歪みを引き起こし、その結果自分の腰を痛め、腰痛を悪化させてしまいます。

そのため、少しでも腰痛を改善させるため、定期的な休息とることや体幹トレーニング・ストレッチをすることが大切ですが、特に重要なのは姿勢を整えて座る習慣を身につけるということです。

一言で、姿勢改善といってもなかなか自分では難しいため、腰痛改善効果のある椅子を上手に使いながら、まずは姿勢を矯正して腰痛を改善していくことが大切です。

自分でできるケアと同時に姿勢を整えていくことによって、腰痛を改善していくことができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子