腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を持っている人が椅子を選ぶ場合に気をつけなければならないこと

      2017/09/08

メーカー組立完成品 エルゴヒューマン ベーシック Ergohuman Basic ハイタイプ エラストメリックメッシュ  EH-HAM KM-11 ブラック EH-HAM-HB-KM-11

椅子を選ぶときには、どのようなポイントを考慮しますか。

腰痛などの症状を抱えている人は、やはり腰に負担がかからない椅子を選びたいと考えるはずです。

しかし、決して安い物ではない腰痛に効果のある椅子を選ぶことは簡単なことではありません。

まずは基本的なことから身につけ、腰痛をしっかり改善できる椅子を探せるようにしていきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛と椅子の関係

まずは正しい座り方を理解する

椅子に座っているだけで、腰が痛くなってしまうと言った人は多いでしょう。

とくに腰痛を抱えている人は、立っているときよりも、椅子に座っているときの方が辛いと感じてしまうことがあるはずです。

こうした椅子に座っているときに感じる痛みを少しでも軽減させるには、まずは正しい座り方を理解することから初めてみましょう。

正しい椅子の座り方は、まずは椅子の面にしっかり体を固定させることです。

空間ができてしまうことで、体の体重が腰に集中してしまい、負担が大きくなってしまうのです。

椅子の形状に合わせて、体の体重をしっかり椅子に預けることを意識して座りましょう。

必要に応じてクッションなども利用する

また、必要に応じてクッションなども上手に利用してみましょう。

椅子にぴったりと腰や背中を当てることは、簡単なようで実はとても難しいことです。

どうしても隙間ができてしまう場合には、その隙間の部分にクッションなどを当て、隙間を埋める方法もあります。

また、腰から背中にかけては緩いS字カーブになっていることが一般的です。

椅子の形状に合わせて、この背中のカーブを合わせることは簡単ではありません。

まずは自分の背中の形状から知っていくことも大切です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人の椅子の選び方

体の姿勢から選ぶ

腰痛を持っている人が椅子を選ぶ場合、まずは自分の体の姿勢から理解してみましょう。

体の姿勢から椅子を選ぶことができれば、体に大きな負担を感じることなく座り続けることができるようになるでしょう。

まずは、多くの椅子に座ってみましょう。

重要なのは、瞬間的に楽だと感じるだけではなく、長時間座り続けても楽だと感じることができるかどうかです。

腰への負担を減らしてくれる椅子は、体にぴったりと感じます。

当然、足もつま先だけではなくかかとの部分までしっかり床に付けることができる物であることが大切です。

体のあらゆる部分が椅子や床に付いており、体を支えていることを実感できれば、その椅子は自分の体型に合っていると判断しても良いでしょう。

こうした判断が行えるのは、多くの椅子を知ったからこそ行える判断です。

突発的に決めるのではなく、時間をかけて多くの椅子に座って判断してみましょう。

腰痛に効果的な椅子から選ぶ

腰痛に効果的な椅子は販売されています。

こうした椅子が全ての人に効果があるわけではありませんが、試してみる価値は非常に高いでしょう。

インターネットの口コミサイトを利用すれば、こうした腰痛に効果的な椅子を試した人のレビューを確認できるはずです。

どのような効果が期待できるのか、自分には合っているのかをこうしたインターネットの口コミで事前に確認をしてみることも良いでしょう。

腰痛に効果的な椅子3選

美姿勢習慣ココアラズベリー

美姿勢習慣 ココア

美姿勢習慣ココアラズベリーは、腰痛改善のために正しい姿勢で座ることができるようになる椅子です。

この椅子が優れているポイントは、首から足の太ももまでをしっかり支えてくれる設計になっていることです。

腰痛の改善だけではなく、骨盤の歪みも綺麗に整えてくれる効果が期待できます。

座椅子として活用することを想定されて作られていますが、少し大きめの椅子に置いて使用することも十分可能です。

更にこの椅子にはリクライニング機能が搭載されていますので、自分の姿勢に合わせて角度を調整することもできます。

完全にリクライニングを伸ばして、マットレスのように使用することもできますので、機能性にはとても優れています。

エルゴヒューマンベーシックハイタイプ

メーカー組立完成品 エルゴヒューマン ベーシック Ergohuman Basic ハイタイプ エラストメリックメッシュ  EH-HAM KM-11 ブラック EH-HAM-HB-KM-11

エルゴヒューマンベーシックハイタイプは、整体師の人もすすめるほど、腰痛に適している椅子だと言えます。

長時間椅子に座っていると、腰痛に悩んでいる人ではなくても姿勢が凝り固まってしまい背中や腰が辛いと感じてしまうでしょう。

また無理な姿勢で長時間椅子に座ってしまうことで、腰や肩に疲労がたまってしまい、気が付いたときには慢性的な痛みへと変化してしまうこともあります。

こういった人には、エルゴヒューマンベーシックハイタイプはとてもおすすめできる椅子です。

エルゴヒューマンベーシックハイタイプは座りながら正しい姿勢へと導いてくれるだけではなく、肩こりや腰痛の解消も同時に行ってくれます。

多くの腰痛を持っている人が満足をしていますので、とくに仕事で座ったままの状態が長い人にはおすすめできる椅子だと言えます。

オフィスチェア腰楽ハイバック

オフィスチェア腰楽ハイバックは、その名の通り腰への負担がとても楽に感じることができるオフィス用の椅子です。

会社によっては、全ての椅子をこのタイプに統一している会社もあるほどで、その信頼性や実績などが理解できるでしょう。

大きな背中でもすっぽり支えてくれる67センチ大きなハイバック背面は、腰だけではなく体のさまざまな部分に痛みを感じている人にはとても強い味方になってくれる椅子です。

体全体をしっかりサポートしてくれますので、長時間のデスク作業でも疲れにくい設計になっています。

また、長時間座ることを想定して背面は通気性のいいメッシュ仕様になっていますので、ムレにくい構造だと言えるでしょう。

また、形状は緩やかなS字構造になっており、頭部と腰を椅子がサポートしてくれるのがよく分かります。

座っている間は、常に体重を分散してくれていますので、まさに腰痛などを持っている人が長時間座ることを想定した椅子です。

椅子を変えても腰痛が改善されない場合

まずは椅子の構造から理解する

腰痛に悩まされている人は、何とかこの状況を打破したいと悩んでいるでしょう。

こうした思いから、さまざまな椅子を今まで試してきたと言った人もいるはずです。

しかし、椅子を変えても腰痛の改善への変化が見られない場合もあります。

そうした場合には、まずは椅子自体の構造から考えてみる必要があります。

メーカーにもよりますが、さまざまなデータを活用して腰や肩、背中などの形にこだわった作りをしていても、その形状が全ての人に合うわけではありません。

つまり、購入して実際に使用してみなければ分からないと言えるのです。

しかし、全ての椅子を購入して自分に合うかどうかを確かめることは不可能でしょう。

できるだけ失敗をしない購入を目指すには、まずは椅子の構造について学んでおく必要があるのです。

なぜ背面へのS字カーブに効果があるのか、なぜ座面部分はクッション性に優れている必要があるのかなど、基本的な椅子の構造から理解をしていけば、自分自身に合った椅子を見つけやすくなるはずです。

まとめ

腰痛と椅子との関係は、切っても切り離せない関係にあるでしょう。

座ることで楽だと感じることができる椅子のはずが、座ることでさらに腰痛が酷くなったと言った状況にならないように、自分自身でしっかり基本的なことから学んで椅子を選ぶように心がけましょう。

正しい椅子を選ぶことで、デスクでの快適な仕事が可能になるはずです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子