腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を持っている人にとってクッションは重要な存在になる

   

【姿勢が良くなる2WAY座面シート】【腰痛予防・子どもの集中力向上】アーユルメディカルシート レッド

腰痛の人が椅子などに座る場合、クッションは必須アイテムだと言えるでしょう。

クッションがあることで、正しい姿勢をキープできるようになるだけではなく、正しい姿勢作りにも効果があるのです。

しかし、数ある腰痛専用のクッションから最適なクッションを探すことは簡単ではありません。

まずは腰痛専用のクッションについて学んでいきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛にはクッションは必須アイテム

正しい姿勢の維持にはクッションは重要

椅子などに座っている状態で、背筋をしっかり伸ばしている姿勢というのは、横から見てみると背骨が緩やかではありますがS字カーブのようになっていることが分かります。

このS字によって上半身の荷重は拡散され、さらに関節や筋肉によってしっかり上半身が支えられることになるのです。

しかし、こうした上半身の支えは年齢と共にどんどんと能力が低下していき、筋力も同時に衰えていきます。

筋力の能力が低下していくことにより、背骨周辺にある筋肉が背骨を支えきれなくなってしまい、結果的にS字の形状に歪みが出てきてしまうのです。

こうした状態になってしまうことで、周囲に炎症などが起こり腰痛を発症することになるのです。

つまり、まずは座っている姿勢は正しいS字の体制を維持できるようにしておかなければなりません。

そこで役に立つアイテムとなるのが、クッションなのです。

普段使用している椅子だからこそ必要

クッションは、普段使用している椅子ならば慣れているので必要ないと感じるかもしれませんが、普段使用している椅子だからこそ必要になってくるのです。

よく使用する椅子は、本当に自分の体の形状に合っているでしょうか。

また、綺麗なS字カーブを描いている姿勢で座れているでしょうか。

ほとんどの場合では、こうした正しい姿勢を維持したまま座ることはできないでしょう。

普段使用している椅子だからこそ、常に正しい姿勢を維持できるようにクッションを使用して良い姿勢を維持することを意識しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

正しいクッションの使用方法

まずはS字カーブを意識する

正しい姿勢で座り続けることは、普段慣れていない人は辛いと感じるかもしれません。

綺麗なS字カーブを描いたまま座っていると、楽な姿勢ではないと感じはじめ、結局S字カーブが崩れたような姿勢になってしまうでしょう。

しかし、これでは腰痛になってしまう可能性が高まってしまいます。

まず重要なことは、S字カーブを楽にさせるために上手にクッションを使用することです。

椅子の多くは背面は垂直に立っている状態です。

こうした椅子でS字カーブを意識すると、どうしても腰と背中部分と椅子との間に空間ができてしまいます。

こうした状態がきついと感じてしまうのは、椅子との隙間ができてしまい、体を支えるスペースが少なくなってしまうからです。

そこでクッションの活用を行います。

この空間の部分にクッションを当ててみてください。

不思議と楽にS字カーブの状態をキープすることができるようになるでしょう。

また、椅子にしっかり体を預けるようにして座れば、自然とS字カーブを描いて座るようになるはずです。

ただ、クッションが大きすぎたり固すぎたりした場合は、このS字カーブの曲線が極端になってしまうかもしれません。

そこで重要となるのが、自分の体に合ったクッション選びと言うことになるのです。

正しいクッションの選び方

実際に腰に当ててみて判断する

クッションの重要性が理解できれば、あとは正しいクッション選びに進むだけです。

しかし、当然ながらこの正しいクッション選びで腰痛が回避できるかどうかが決まってくるのです。

そのため、クッション選びは慎重に時間をかけて行うことが重要となってくるでしょう。

まずは、立った状態でしっかり正しい姿勢をキープさせ腰にどのくらいの隙間ができているのかを把握しましょう。

極端に体を反るのではなく、あくまでも体を一直線にしていることを意識しましょう。

こぶしなどを当てて、どのくらいのスペースが腰や背中にできているのかを確認してクッションを選びますが、クッションは当然弾力があるためクッションのタイプによってはかなり沈み込んでしまいます。

重要なことは、沈み込んだ状態で腰や背中の空間にクッションが入り込むサイズであることです。

沈み込む前のサイズのクッションを背中や腰に当てても、正しい姿勢で座り続けることはできないでしょう。

こうしたクッションを選ぶには、やはり実際に自分の腰や背中に当ててみて選ぶことが重要となるでしょう。

反発能力も確かめておく

クッションは素材によって、弾力の反発能力に大きな差があります。

この反発能力も腰痛を持っている人にとっては重要なポイントとなり、固すぎても柔らか過ぎてもしっくりこないでしょう。

やはりこの弾力性についても実際に腰や背中に当ててみて決めることが良いでしょう。

基本的にはS字カーブの状態をキープさせることなので、椅子に寄りかかっても極端に弾力性が崩れない物を選ぶことになるでしょう。

クッションの弾力性の選び方は、自分の体重とも大きく関係してきますので、実際に当ててみてどのくらい沈み込むのかを確認して購入するのがベストです。

腰痛に効果的なクッション3選

アーユルメディカルシート

【姿勢が良くなる2WAY座面シート】【腰痛予防・子どもの集中力向上】アーユルメディカルシート レッド

アーユルメディカルシートは腰痛改善や姿勢矯正の専門家と共同開発された、まさに腰痛の人のためのクッションだと言える存在です。

最大の特徴は、今までにない独特な形状でしょう。

今までのクッションとは違い、またいで座るタイプであり、このように座ることで骨盤がしっかり矯正されるように考えられています。

まるで乗馬をしているような体制ですが、この体制こそがに正しい姿勢に繋がるのです。

アーユルメディカルシートは、基本的には日本人の体格をベースとして開発されました。

日本人の多くが悩んでる、骨盤の歪みを整えてくれ、結果的に腰痛改善と姿勢矯正に繋げてくれます。

体のベースから整えたいと考えている人にはおすすめです。

バックジョイリリーフクッション

BackJoy(バックジョイ) 骨盤サポートシート リリーフ グリップ レギュラーサイズ ブラック【正規品】

バックジョイリリーフクッションは、人間工学に基づいてアメリカで開発されたクッションです。

実はこの開発には25年の歳月をかけられているのです。

バックジョイリリーフクッションのその最大の特徴は、国際特許を取得した独自のフォルムです。

骨盤を綺麗に矯正してくれ、体幹を基礎から鍛えると言った特徴があります。

初めてこのクッションを使用したときには、座り心地がぐらぐらすると感じるかもしれません。

座る位置についても最初は間違いなく慣れが必要になってくるでしょう。

また、このクッションは背もたれ部がないため、骨盤の位置は自然と後方に倒れやすくなってしまいます。

しかし、この効果が背骨の矯正に適しているのです。

Style

MTG(エムティージー) Body Make Seat Style(ボディメイクシート スタイル)  レッド

Styleは美しいボディーラインと、疲れにくい体作りを目指し開発されたクッションです。

人間本来の美しさをしっかり引き出してくれる効果があります。

シンプルでありながら、細かい部分まで考えられて作られていますので、使ってみることで効果を実感できるでしょう。

多くの人におすすめできるクッションです。

まとめ

腰痛用のクッションは、最適な座り方や体の矯正など多くの効果をもたらせてくれます。

しかし、こうした効果が得るには、正しいクッション選びの知識を身につけた状態であることは最低条件でしょう。

自分にぴったり合うクッション選びは、決して簡単なことではありませんが、時間をかけて最適だと感じることができるクッションを探して行くようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション