腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を改善させるには良い椅子を選んで正しい姿勢で座ることを意識することが重要

   

腰痛に悩んでいる人は、とても多いでしょう。

とくに最近では年配の人だけではなく、若い人でも腰痛に悩んでいる傾向にあります。

こうした悩みを解消させるには、腰痛の原因になりやすい椅子を見直してみることから始めてみましょう。

正しい姿勢をキープして座り続けることで、腰痛は改善しやすくなっていきます。

できるだけ早い段階で自分に合った椅子を見つけることが重要です。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の人が注意するべきポイント

腰への負担は常に意識する

腰痛の人は、常に腰への負担を意識するべきでしょう。

腰痛はストレッチなどで改善する方法もありますが、基本的には安静にした状態で改善を行うべきです。

そのため、腰にどのくらいの負担がかかっているのかは意識しておく必要があるのです。

例えば椅子から急に立ち上がる場合には、腰にとても大きな負担を与えてしまいます。

立ち上がる際には、足に大きな負担がかかってしまうように感じるかもしれませんが、実は腰や背中、腹筋などの力を必要とするのです。

そのため意識をしなければ、腰に大きな負担がかかってしまい最悪の場合には、腰痛はさらに悪化した状態になるでしょう。

こうした状態を防ぐためにも、腰へ負担がかかるタイミングは理解しておくべきです。

激しい運動は必ず避ける

腰痛の人が必ず行うべきではないことは、激しい運動です。

ストレッチレベルであれば、自分のペースに合わせて行っても問題はありませんが、自分の腰の能力を越えた運動は必ず避けるようにしましょう。

激しい運動は確実に腰痛を悪化させてしまいます。

酷い場合には、突発的な腰痛であっても慢性化してしまう可能性があります。

どのくらいが激しい運動なのかと言った基準は難しいですが、安静にしておくことが重要なことは必ず理解しておきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛と椅子との関係

椅子によって悪化も改善もする

腰痛の人は、立ち上がったり座ったりする動作だけでも辛いと感じるでしょう。

しかし仕事の関係など、座らないで良いと言うことはありません。

そのため、座る椅子についても自分に合った物を利用することが重要なのです。

腰痛の状況によっては、椅子のタイプにより悪化も改善もされます。

そのため、選ぶ椅子には最も注意を払うべきなのです。

とくに座ったときに既に違和感がある椅子は必ず避けましょう。

違和感があれば、長時間座り続けた場合には悪化してしまうことは避けられないでしょう。

腰痛を意識した椅子を選ぶ

椅子の中には、腰痛の人専用の椅子もあります。

腰痛の人でも無理なく座ることができるだけではなく、腰痛改善を目的とした椅子もあります。

こうした椅子のタイプを活用すれば、長期的な椅子の使用でも腰痛は悪化しにくくなると言えるでしょう。

とくに慢性化状態の腰痛の場合には、迷うことなくこうした腰痛専用の椅子を選ぶように心がけましょう。

腰痛の人が選ぶべき椅子のタイプ

柔らかすぎるタイプは避ける

腰痛を抱えている人の場合、座る椅子はクッション性に優れているタイプの方が有利だと感じてしまうでしょう。

クッション性がある方が、ゆったりとくつろぐことができるように感じてしまいますが、実際にはこうした椅子は腰に大きな負担を与えてしまっている状態になるのです。

クッション性があれば、腰への自由が効かなくなり、常に腰に力を入れて座らなければならなくなります。

そのため、腰痛は酷くなっていき座り続けることで痛みは慢性化していきます。

程よい厚みのある椅子を選ぶことが重要となります。

正しい姿勢を維持できる椅子

また、常に正しい姿勢を維持できるタイプであることも重要です。

腰への負担を恐れて正しい姿勢が困難になっている人も多いですが、こうしたままではいつまでたっても腰痛は改善されていきません。

座っている間も正しい姿勢を維持できるタイプの椅子を選ぶようにしましょう。

体の曲線に合わせて座るようなタイプの椅子もありますので、こうした椅子を選ぶようにしてみましょう。

補助機能がある椅子

腰痛を抱えている人が椅子に座る場合、一番腰への負担を感じる場面は椅子に座るタイミングと椅子から立ち上がる場面でしょう。

座る場面でも立ち上がる場面でも、腰への負担はとても大きくなってしまいます。

また、座り続けているときにも同じ体制を維持しようとすると、腰への負担はとても大きくなってしまいます。

こうした状況を防ぐには、椅子へ取り付けてある補助機能を活用することが一番です。

例えばアームレストがあるだけで、座り心地は大きく変わってきます。

座り心地だけではなく、立ったり座ったりと言った動作がとても楽になるでしょう。

できる限りこうした機能が付いている椅子を選ぶようにしましょう。

腰痛に効果的な椅子3選

アーユルチェアー

【姿勢が良くなる椅子】【腰痛予防・お子様の集中力向上にも】アーユルチェアー オクトパス レッド

アーユルチェアーは、坐骨の位置を整える効果が期待できます。

またそれだけではなく骨盤の歪み自体を矯正することで、自然と正しい姿勢へと導いてくれる効果が期待できるのです。

まさに姿勢トレーニングチェアだと呼べる存在であり、姿勢改善や腰痛改善に最も効果的な椅子です。

とくに長期的に腰痛に悩まされてきた人にはおすすめであり、長く利用することで高い効果を発揮してくれる椅子だと言える存在です。

アーロンチェア

アーロンチェア ポスチャーフィットフル装備 グラファイト/クラシック Bサイズ AE113AWBPJG1BBBK3D01

アーロンチェアは、人口工学と人体の運動理論に基づいて設計開発された椅子です。

そのため、使用すればその良さをしっかり実感することができるでしょう。

腰の生理的湾曲をサポートしてくれさらに、お尻にかかる体圧を分散させることができる機能によって骨盤を正しい位置に整えてくれ腰痛の痛みを緩和してくれるだけではなく改善までもサポートしてくれる椅子です。

さらに、腰痛の人には嬉しい長時間座っていても疲れにくいと言った特徴も持っています。

腰痛自体を改善してくれる椅子なので、根本から改善したい人にはおすすめです。

バランスチェア

サンワダイレクト バランスチェア ガス圧昇降タイプ 100-SNC038

バランスチェアは、体の重み自体を効率よく分散してくれる機能があります。

効率よく分散させることで、直立姿勢に近い状態をキープさせることができ、腰への負担を緩和してくれるのです。

さまざまな腰痛改善に効果的な椅子がありますが、骨盤矯正と言う意味ではこの椅子はとてもレベルが高いと言えるでしょう。

さらにこのバランスチェアは、デザイン性にも優れた一面がありますので、女性にはとてもおすすめの椅子です。

椅子に座ると腰痛が酷くなる原因

姿勢が悪いことが一番の原因

腰痛を抱えていない人でも、姿勢が悪いことで腰痛を引き起こしてしまうことはあります。

とくに椅子に座っているときには姿勢の悪さが強調されてしまい、腰痛が悪化してしまうことは多いでしょう。

腰痛に良い椅子を選ぶことも重要なポイントになりますが、それ以上にまずは正しい姿勢で座り続けることを意識することが重要なのです。

正しい姿勢を意識して座ることで、腰痛になりにくい体質へと変化させることができるのです。

腰痛にならないことが一番良いと言えることは間違いないので、正しい姿勢をキープできる習慣を身につけていきましょう。

まとめ

腰痛と椅子との関係は、とても深いと言えるでしょう。

良い巣を選ぶことで、今まで悩んでいた腰痛は改善させることができます。

自分に合った椅子を時間をかけて選び、その椅子を使用し続けることで腰痛の改善だけではなく腰痛自体を防ぐことができます。

しかし腰痛を改善させるにはまずは、正しい姿勢で座ることを意識することから始めることも知っておきましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子