腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を改善する効果的な入浴方法と、その効果を高める入浴剤の特徴とは?

      2017/09/08

白元アース HERS バスラボ しっとり保湿 薬用入浴剤 たっぷり炭酸浴 ナイトドリーミング 4種類×3錠入

慢性的な腰痛をお持ちの方にとって、入浴する時はホッとする時間になります。

入浴は腰痛ではない方もホッしますが、腰痛の人にとって入浴は、腰にかかる重力から解き放たれる時間になります。

そして腰が温まるので、入浴時間は長くなってしまうこともあります。

また、お風呂に入浴剤を入れることによって、健康に良い様々な効果を与えてくれます。

それでは、入浴剤を入れることによって得られる効果について説明していきます。

まずは、入浴することによって腰痛に与える良い影響について説明します。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

入浴が腰痛に良い理由

入浴をすることによって、腰痛を改善する効果があります。

その効果について話します

体が温まる

温かいお風呂に入ることによって、体は温まります。

そのことによって、リラックスされ副交感神経が優位になります。

そして、血流も良くなり体全体がジンワリと温まります。

体全体が温まることによって、「ヒートショックプロテイン」というたんぱく質が増えます。

ヒートショックプロテインというのは、傷ついた細胞を治す作用を持つたんぱく質のことです。

また、免疫細胞の作用を強くしたり、乳酸の発生が遅くなります。

それと、癌の予防効果もあります。

これらのことにより、ヒートショックプロテインが増えることは、とても体に良いことなのです。

そのヒートショックプロテインを簡単に増やす方法が入浴となります。

湯船に浸かって体を温めることによって、ヒートショックプロテインが増えて免疫力も上がります。

以上のようなことが腰痛にも良いのです。

でも、お湯の温度の上げ過ぎは良くありません。

熱すぎる湯船に浸かっていると、交感神経が刺激されてしまいます。

そのことにより血管がちぢんでしまいます。

そして、ヒートショックプロテインの効果も薄くなります。

また、体にも負担がかかるので、熱すぎる湯船に浸かることは良くありません。

そのため、適温かぬるめの湯船に浸かることが大切です。

水圧による効果

入浴すると、体に水圧がかかります。

水圧を受けることにより、肺が圧迫されます。

そのことにより、呼吸が少しだけ浅く速くなります。

そして、そのことと体が温められる相乗効果で、血流が良くなるのです。

手やふくらはぎなどの部分に圧力を受けることによって、リンパ液や血液が体の中心(コア)に押し戻されることも血流が良くなる要因になります。

このような入浴による圧力の効果を最大限に活かすためには、肩まで湯船に浸かることが大切です。

半身浴をやられている方が多いですが、肩まで使ったほうが効果があります。

そして、この効果を効率よく引き出すために、お湯は熱すぎないようにしましょう。

少しぬるいくらいがちょうど良いです。

また、心臓関係の病気を持っている人は、お医者さんに相談し入浴しましょう。

それと、お風呂からあがるときは、気を付けてください。

お風呂からあがると、体にかかっていた水の圧力がなくなり、血圧が低下します。

そのことにより、脳への血流が一時的に減ってしまいます。

そうなると、立ちくらみを起こしてしまうかもしれません。

そして気を失ってしまい大けがをする可能性もでてきます。

そのため、お風呂からあがる時は、注意することが必要です。

特に高齢者は、肩まで浸からずに半身浴のほうがおすすめです。

それは、水の圧力を減らすためです。

リラックス効果

湯船に浸かると、体にかかる重力が減ります。

この力のことを、浮力といいます。

浮力は、体をリラックスさせる効果があります。

人間は重力を受けながら生活をしています。

そのため、筋肉や関節などにかなりの負荷がかかっています。

しかし、湯船に浸かることにより、浮力効果で体にかかる負荷が大きく減ります。

そのことによって、体の力が抜けてリラックスすることができるのです。

リラックスをすることによって、自律神経のバランスをとることにも繋がります。

このリラックス効果は、腰痛持ちの人にとっても有効です。

リラックス効果をあげるためにも、半身浴よりは肩まで使ったほうが良いでしょう。

けれど、大きな浮力により体の安定感がなくなって、バランスを失いやすくなります。

したがって、腰痛持ちの人や高齢者、幼い子供は、お風呂からあがるとき注意することが重要です。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

入浴剤の効果

お風呂に入浴剤を入れることにより、腰痛改善効果は高まります。

それでは、入浴剤の効果について説明します。

保温効果が高まる

重い物を持ったりして、突然腰を傷める以外の慢性的な腰痛は、温めることにより痛みが軽減します。

そこで、入浴剤が有効になります。

入浴剤を入れることによって、温熱効果が高くなります。

この入浴剤による温熱効果を生み出す成分は2つあります。

1つ目は、炭酸ガスです。

入浴剤をいれると、泡がでます。

それが炭酸ガスなのです。

炭酸ガスはお湯に溶けて、足や腕の血管に吸収されます。

そのことによって、血液に含まれている二酸化炭素の質量は増え血管が広がり、血流が良くなります。

温熱効果を促す成分の2つ目は、無機塩類です。

無機塩類とは、無機酸の水素原子を金属で置き換えした無機化合物のことをいいます。

分かりやすくいうと、ミネラルです。

入浴剤には、無機塩類や硫酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、硫酸マグネシウムなどのミネラルが含まれています。

これらは、血管を広げ、血流を良くして体を中から温めてくれる効果があります。

そして、肌のたんぱく質と結びつき、肌の表面を薄い膜で覆うことによって、保温効果を高めます。

美肌効果

温泉に入ると、肌がしっとりとし若返ったように感じることでしょう。

それと一緒で、入浴剤を入れたお風呂に浸かった時も肌がしっとりとします。

それは、温泉や入浴剤に含まれている成分の保湿効果によるものです。

この保湿効果のある成分は、入浴剤の種類によって変わってきます。

ヒアルロン酸やコラーゲンなど、お肌に良い成分が色々と含まれています。

美肌効果を期待するのなら、自分の皮膚の質と、その入浴剤に含まれている成分が合うのか考えて選ぶと良いです。

腰痛に効果の高い入浴剤でも、自分の肌に合わない物だと、継続して使うことが困難になるので、自分の肌に合う入浴剤を使用することが大切です。

肌の汚れを落とす

入浴剤には、炭酸水素ナトリウムや炭酸ナトリウムが含まれています。

その成分はお湯を弱アルカリ性に変えてくれます。

そして、たんぱく質分解酵素が含まれている入浴剤は多いので、それらにより肌の汚れが落ちやすくなります。

入浴剤には、そんな肌を綺麗にする効果もあるのです。

体の緊張を解く効果

普通の湯船に浸かることでも、リラックス効果がありますが、入浴剤を入れることにより、リラックス効果を高めることができます。

入浴剤のアロマは、心や体を癒す作用があるからです。

腰痛の原因は完全には解明されていませんが、ストレスが原因で腰痛になる場合もあると言われています。

日頃のストレスが蓄積することによって、腰痛になる可能性があるのです。

腰痛になった原因が分からない人は、ストレスが原因かもしれません。

入浴剤は、そのストレスを解消してくれる効果があります。

このことにより、腰痛の改善に繋がるのです。

入浴剤の選び方は重要で、腰痛に効果のある入浴剤は香りが強い物が多いです。

そのことを頭に入れて、入浴剤を選ぶと良いでしょう。

腰痛を良くする入浴の仕方

腰痛改善効果を高める、おすすめの入浴の仕方を説明していきます。

入浴中にストレッチをする

ストレッチは血行を良くし、体の疲れをとる運動として有名ですが、このストレッチを入浴中にすることによって、腰痛の改善効果高まります。

ストレッチは、体を伸ばすことによって筋肉も伸び、血流が促進されます。

血流が促進されることによって、疲労回復を促すことに繋がります。

また、副交感神経が優位になり、乱れた自律神経を元に戻す効果があるのです。

入浴するだけでも、水圧や体が温まることによって血流が良くなりますが、入浴中にストレッチを行うと相乗効果となり、効果がより高くなります。

そのため、入浴中にストレッチをすることは、腰痛を改善するのにとても良いのです。

湯船に浸かっていると、浮力によって筋肉の負荷が減ります。

筋肉の負荷が減ることにより、いつもより体を大きく動かすことができます。

また、水の抵抗により、インナーマッスルも鍛えられます。

最初は、無理をしないようにストレッチをすることが大切です。

慣れてきたら可動域を徐々に広げて、ストレッチの種類も増やしていきましょう。

それと、腰以外のストレッチもやると良いです。

腰以外のストレッチをすることにより、体が柔軟になりますので、腰にかかる負担も少なくなります。

そのことにより、腰痛が改善します。

また、血流が良くなり新陳代謝も上がるため、疲労回復に繋がります。

そして、ストレッチ以外にもツボを押すのも腰痛に効果的です。

入浴中なので、服は着ていません。

そのため、腰痛に効くツボも押しやすくなります。

ツボを押す時は、息を吐きながらゆっくりと押しましょう。

そして、息を吸いながらゆっくりと指を離します。

その押す時間は5秒くらいが理想です。

そこで、腰痛に効くツボを紹介します。

まずは「命門」と呼ばれているツボです。

このツボは、おへその真後ろにあります。

次に「腎兪」というツボがあります。

このツボは、命門から左右両側に指2つ分外側にあります。

次に「志室」というツボがあります。

このツボは、命門から左右両側に指4つ分外側にあります。

4つ目のツボは、「大腸愈」というツボです。

このツボは、腎兪から指4つ分下のところになります。

以上のツボを入浴中に押してあげましょう。

湯船の温度はぬるめにする

炎症を起こしている腰痛は温めてはいけませんが、血流が悪くなることによって起きる慢性的な腰痛には、温めることにより痛みが和らぎます。

しかし、お湯を熱くしすぎてはいけません。

熱すぎるお湯は交感神経を刺激してしまい、ヒートショックプロテインの効果も薄くなります。

したがって、副交感神経を優位にし、ヒートショックプロテインを増やすためには、ぬるめのお湯でゆっくりと体を温めることが重要です。

ぬるいお湯は、副交感神経を優位にし、ヒートショックプロテインが増えやすくなるためです。

入浴によって腰痛を良くするには、お湯に浸かる時間も重要です。

どのくらいの時間お湯に浸かるのが良いのかというと、ぬるめのお湯で10分以上です。

お湯の温度は40度以下にしましょう。

40度以上だと熱すぎます。

そして、胸の下あたりまで湯船に浸かります。

力を抜いてリラックスして入りましょう。

しかし、姿勢が後ろに傾きすぎると、腰や背中に負担がかかってしまいます。

腰痛が酷い人のおすすめの入り方は、正座です。

正座で入浴すると、背筋が伸びます。

そのことによりリラックスでき、立ち上がる時はスムーズに楽に立ち上がることができます。

しかし、立ちくらみなどには注意しましょう。

入浴時間は、少し汗が出てきたらあがって大丈夫です。

体が芯から温まり、血流が良くなったと思ったら、お風呂からあがりましょう。

湯冷めには注意

お風呂からあがったら、体を冷やさないようにしてください。

体を冷やしてしまうと、入浴によって得られた腰痛改善効果が薄れてしまいます。

また、体調を崩す原因にもなりますので、湯冷めには気を付けましょう。

湯冷めを防止する方法として、湯船からあがったらシャワーで、冷たい水を腕や足にかけましょう。

そのことにより、血管を引き締め、多すぎる熱の放出を抑えてくれます。

また、体についている水をすぐに拭くことも大切です。

それは気化熱により、体温低下を防ぐためです。

そして、ボディークリームを塗ることも効果的です。

ボディークリームは、水分の蒸発を防ぐ効果がありますので、湯冷め防止には効果的です。

また、暑いからと言っていつまでも薄着でいないことです。

いつまでも薄着をしていたら、体が冷えてしまいます。

したがって、なるべく早めにパジャマなどを着ることをおすすめします。

お風呂あがりは、冷たい飲み物が美味しいですが、温かい飲み物のほうがおすすめです。

温かい飲み物を飲むことによって、体が冷えることを防止します。

そして、お風呂からあがったらすぐに寝ないことも大切です。

「すぐに寝ないと、体が冷えてしまうのではないか」と思う人もいるでしょう。

しかし、体が温まった状態で布団に入ってしまうと、汗を過剰にかいてしまい、湯冷めや寝冷えの原因となります。

そのため、体温が落ち着いてから眠るようにしましょう。

まとめ

腰痛はとても辛い症状です。

腰が痛いだけで、動きにくくなってしまいます。

腰が痛いため、何をするにしても時間がかかります。

そんな辛い慢性的な腰痛を持っている人には、入浴が効果的です。

入浴は腰痛を改善する働きがあります。

そして、入浴剤を入れることにより、その効果は高まります。

入浴剤を上手に活用して、腰痛を少しでも和らげましょう。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤