腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を緩和するお風呂の入り方と入浴剤の活用方法とは?

   

115608

腰痛の人はお風呂に入ることで改善する場合があります。

腰痛の人に効果的なお風呂の入り方、そしてさらにその効果を高める入浴剤の使い方について紹介をします。

血行を良くすることで腰痛は改善しやすくなります。

血行を良くするためにはお風呂の温度や姿勢、そして、お風呂上りの対策がとても大切です。

リラックスしたお風呂で腰を労わりましょう。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛の時にはお風呂で腰を労わって

腰痛の原因にはさまざまなものがあります。

多いのは腰回りの血行が悪くなっている場合です。

なぜ、腰回りの血行が悪くなっているのかは、身体が冷えてしまっていたり、重いものを持ち上げたり、身体を捻ったりして腰を酷使していたり、立ちっぱなしや座りっぱなしなど同じ姿勢を続けていたりして凝ってしまっているということが多いです。

寝具が合っていなかったり、悪い姿勢で長時間いたり、腰を酷使し過ぎていたりすると、筋肉が強張って、血行が悪くなります。

また、太り過ぎや加齢による筋肉や骨の衰えも血行の悪さを招きます。

また、無理な姿勢などをしていなくても日ごろ、ストレスを抱え込んでいると筋肉が萎縮してしまい、血行が悪くなります。

この血行の悪さを解消する方法にはさまざまなものがありますが、中でも手軽にできるのがお風呂です。

お風呂はシャワーや柔軟体操、温かい服装やカイロなどと比べて、とても簡単に身体の芯まで温め、血行をよくしてくれます。

そして、そのお風呂に入浴剤を使えばさらに血行が良くなり、腰痛を労わることができます。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする入浴剤ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛によってはお風呂を避ける

腰痛にお風呂は良いコトが多いですが、腰痛の原因によってはお風呂がは腰痛を悪化させてしまうこともあるので注意をしましょう。

腰が炎症を起こしている場合は神経を刺激してしまうので避けましょう。

ギックリ腰は安静が大切なので、あまり刺激しないほうが良いです。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛も場合によっては症状を悪化させてしまいます。

気になる場合は医者に相談するのがおすすめです。

同じように見える腰痛の症状であってもお風呂への影響は違う場合があります。

お風呂の効果を高める入浴剤

お風呂の効果をさらに高めるのが入浴剤です。

ほとんどの入浴剤にはリラックスする香りが配合されています。

体だけでなく、心までときほぐすことで、筋肉はさらにほぐれます。

また、炭酸ガスや温泉成分など、身体をさらに温め血行をよくしてくれる成分が配合されています。

なので、お風呂上りも湯冷めがしにくく、血行の良い時間が長続きします。

夏にも入浴剤はおすすめ

こうやって書くと入浴剤は寒い季節に身体をさらに温めるためのもののように感じるかもしれませんが、それだけではありません。

逆に、湯上りにほてったり汗ばんだりしてしまうのが不愉快でお風呂に入りにくい夏にも入浴剤はおすすめです。

夏場であっても腰を酷使すれば腰痛を招いてしまいますし、冷房や冷たい飲み物や食事などで身体の芯は冷えていることは珍しくありません。

夏用の入浴剤は身体を温めるのと同時に、湯上りに肌をさっぱりとさせる成分が配合されているものが多いです。

香りもミントやユーカリなどさわやかなものが多いです。

腰痛にはお風呂が良いと分かっていても、夏はあまり入る気分にならない時こそ、入浴剤を使ってみましょう。

お風呂の温度は38度から40度

腰痛を和らげるためにお風呂に入るのならば温度は38度から40度くらいが適温です。

ややぬるめのお風呂です。

これより低いと身体が十分に温まりませんし、あまり高過ぎるお風呂はゆったり浸かることができません。

また熱すぎて具合が悪くなってしまう危険性もあります。

ぬるくて物足りないという人は積極的に入浴剤を使いましょう。

入浴剤は血行を促進してくれ、温度以上に身体を温めてくれます。

半身浴でじっくりと温めて

お風呂は肩までしっかり浸かるようにと子どもの頃に言われた人が多いかもしれませんが、腰痛のためには下半身よくもおすすめです。

10分から30分、無理をしない程度にたっぷりと浸かりましょう。

このとき、上半身を冷やさないようにしましょう。

浴室全体を温めたり、肩にタオルなどをかけておくと良いでしょう。

下半身が十分に温まったらつぎに肩までつかりましょう。

仕上げに熱めのシャワーを

お風呂はややぬるめが腰痛に良いですが、お風呂から出る時には仕上げに熱めのシャワーを浴びるのがおすすめです。

40度から45度くらいが良いでしょう。

シャワーは勢いよくかけることで身体を刺激し、血行を促進してくれます。

背中や腰、肩などをとくに念入りにかけましょう。

入浴の姿勢は腰に負担をかけないように

お風呂に入る時には腰に負担をかけないように心がけましょう。

後ろに倒し気味にすると腰が楽になりやすいです。

しかし、それでは辛いという人は正座になってみましょう。

入浴剤は入れたらすぐに入る

お風呂の効果をさらに高める入浴剤ですが、入浴剤の効果は長く続くとは限りません。

家庭ごとの事情などもあるかもしれませんが、お風呂に入れたらすぐに入浴するのが理想です。

とくに炭酸ガスの効果を謳っている入浴剤は時間をあまり置かずに入るようにしましょう。

入浴剤を投入してから時間が立ちすぎると気の抜けた炭酸飲料のようになってしまいます。

そうでなくても、香りなども時間が立つごとに薄くなってしまいます。

また、お風呂に溶かす前でも、入浴剤の封を開けたらなるべく早めに使い切るようにしましょう。

空気中の湿気や酸素などで品質が劣化してしまうことがあります。

入浴剤の成分は洗い流さないで

お風呂の最後のシャワーを浴びることで血行を促進することができますが、一方でそれをするとせっかくの入浴剤の成分が身体から落ちてしまうことになります。

入浴剤は洗い流した方がいいかそうでないかは入浴剤によります。

入浴剤の成分が強いものは肌への刺激があり過ぎるので洗い流したほうが良い場合もあります。

一方で洗い流さないほうがより効果が高まるものもあります。

とくに温泉成分が配合されている入浴剤は注意が必要です。

また、香りが強すぎる入浴剤もある程度洗い流した方が良いかもしれません。

洗い流した方がいいか悪いかは入浴剤の説明分と自分の肌の調子などで判断しましょう。

シャワーを浴びたあとにもう一度洗面器でお風呂のお湯を身体にかければ入浴剤を纏うことができます。

湯冷めをしないように注意を

お風呂や入浴剤の効果は身体を温め、血行を良くすることです。

しかし、お風呂から上がると急激に身体が冷えてしまいます。

入浴剤を使うことで湯冷めはしにくくなりますが、まったく湯冷めをしないわけではありません。

せっかく温まった身体やよくなった血行を無駄にしないように、お風呂のあとは身体を冷やさないようにしましょう。

すぐに身体を拭いて、温かいパジャマなどを着ましょう。

腹巻をすることでお腹や腰の冷えを防ぐことができます。

夏場であっても薄手の腹巻をするのがおすすめです。

また、水分補給も忘れずにしましょう。

水分が不足すると筋肉がこだわりがちになります。

とはいえ、冷たい水分の一気飲みは避けます。

まとめ

腰痛の人はお風呂に入り、血行を良くすることで改善することがありますが、かえって悪影響になる場合もあるので、気になる場合は医者に相談しましょう。

お風呂の効果をさらに高めるのが入浴剤です。

しかし、入浴剤は入れてすぐに入らないとあまり効果を得られない場合があります。

また、お風呂から上がった後はせっかくよくなった血行を再び悪くしないように体を冷やさないようにしましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 入浴・入浴剤