腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を解消できる椅子は、見た目も素材も、普通の椅子と違いがある

   

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSL グラファイト Bサイズ AER1B23DW ALP G1 G1 G1 BB BK 23103 -

最近、あなたの腰痛がひどくなっている原因は、普段座っている椅子が合っていないからかもしれません。

でも、自分の体に合った椅子って、どうやって見つければいいのか、分からない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、あなたの体に合った椅子を見つけるために、どういった点に注意すればいいのか、買い方や商品の選び方を見ていきます。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

いい椅子を買うには、椅子を専門に扱っている店を選ぶ

自分に合った椅子にめぐり合うためには、まず、椅子の販売に力を入れている店を選ぶ必要があります。

腰痛を防ぐための椅子は、単に座れればいいのものではなく、腰への負担が少ない姿勢を取りやすいものが必要なのです。

オフィス用品店、椅子専門のネット通販ショップなど、質の高い椅子を豊富に取り扱っている店を選びます。

価格帯は、最低でも数万円、高いものだと十数万円はかかりますが、腰痛を和らげ、あるいは解消するには、必要な投資なのです。

こんなところでケチケチしていると、肝心の「腰痛を解消する」効果が得られなくなってしまいます。

できるなら、実店舗で座ってみて、腰と椅子との空き具合などを確かめるのが、腰痛解消に本気の方には一番おすすめの方法です。

家具専門店やホームセンターの商品は、腰痛解消の面からはもう一つ踏み込んでほしい

家具専門店の椅子は、デザイン性や質感が素晴らしく、中には腰痛対策を採用しているものもあります。

しかし、最新の技術を適用するところまではいっていないので、腰痛解消にはもう少し、何か欲しい感じになります。

木材の品質や見た目の高級感は素晴らしいので、腰痛対策もあったら、もっといいものになりそうです。

ホームセンターの商品は、価格が安い反面、腰痛対策にまでは手が回っていない印象です。

座り心地を追求した商品はありますが、長時間座り続ける人の腰痛の対策には、さらに踏み込んだ商品も置いてほしいところです。

ホームセンターらしく、安い価格で、腰痛解消に効果のある商品が現れれば、とても魅力的だと思います。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

実店舗で椅子を買うときに注意する3つのポイント

実店舗で購入するときには、腰かけて確かめてほしいのですが、注意してほしい点が3つあります。

1 つ目は、座る時の姿勢で、いかに椅子が素晴らしくても、座る側が歪んでいては、効果はありません。

椅子に深く腰掛け、あごを引いて背筋を伸ばし、机があれば、椅子との間が開き過ぎない姿勢をとります。

2つ目の注意点は、1つ目の注意点を守って座った後、足の裏全体が床につくか、腿が真っ直ぐになっているかどうかです。

足の裏がつかないと、足が体を支えられず、姿勢が不安定になってしまい、腰に負担がかかってしまいます。

椅子の高さが大きく、あなたに合っていないので、高さの調整をしてもらうか、その椅子はあきらめるのが良さそうです。

腿が上がってしまう場合は、椅子の高さが低すぎるので、同じく調整や、他を選択する必要があります。

最後に、椅子にひじ掛けがついているか、その高さは自分に合っているかどうかの点です。

腕の重さは、体重の16%ほどに相当するので、ひじ掛けがないと、腕の体重が肩や腰にかかってしまい、腰痛の原因となります。

ネット通販で購入するときは

ネットで購入するときには、座って確かめることはできないので、少し違和感のある座り心地になるかもしれません。

その違和感を埋めてくれるのが、腰の部分に置いて姿勢をサポートするランバーサポートです。

ランバーサポートは、その上に座るだけで正しい姿勢をサポートする、姿勢矯正クッションの役割を持ちます。

価格も数千円のものがほとんどなので、より負担の少ない腰を求めるならおすすめします。

アーロンチェアは、腰痛解消への王道

ハーマンミラー アーロンチェア リマスタード ポスチャーフィットSL グラファイト Bサイズ AER1B23DW ALP G1 G1 G1 BB BK 23103 -

アーロンチェアは、アメリカのハーマンミラー社の椅子で、人間工学に基づいた設計がなされています。

あなたの体型に合わせたカスタマイズが可能になっており、成人の99%の方が快適に過ごせる椅子になっているのです。

サイズもA~Cの3段階が用意されており、しかも目安になる身長と体重の表があるので、自分のサイズが一目で分かります。

一般的な椅子は、綿や布を使用していますが、アーロンチェアは、全く使わず、ぺリクルと呼ばれるメッシュを用いています。

体圧分散に優れた素材であり、通気性にも優れているので、長い時間使っていても、背中やお尻が蒸れにくい設計になっています。

価格は10万円から、27万円までと高いのですが、12年間の保証がついており、性能を考えると十分元は取れそうです。

修理、アフターサービスに関しても、問い合わせを受け付けているので、万が一壊してしまっても直してもらえます。

人間工学とは何か、アーロンチェア開発の苦労

人間が快適に生活を送るためには、物が体にフィットする感触や、動かしやすい位置に配置されている必要があります。

例えば、地面の凹凸がなければ、人は歩きやすいですし、道幅を狭くして、車の速度を遅くし、人間を歩きやすくします。

椅子に座るときに、最も負担の少ない姿勢になるように、体を導く設計を施したものが、人間工学に基づいた椅子になります。

多くの人間から被験データをとる必要があり、時間もコストもかかるので、人間工学を応用した製品開発は大変なのです。

その大変な作業を乗り越えて、アーロンチェアは誕生し、我々に座る時の快適さをあたえてくれています。

人間の背中はS字に湾曲している

人間の背中は、真っすぐに伸びているわけではなく、S字型に曲がっているのが本来の姿なのです。

背中側がまっすぐの椅子よりも、S字型になっている椅子が、人間の体にフィットしているはずです。

アーロンチェア以外の高機能な椅子においても、背もたれは必ずと言っていいほど湾曲しています。

立っている姿勢に比べ、座っているのは腰への負担は重いので、できるだけ立った姿勢に近づけるため、S字になっているのです。

背もたれをS字に湾曲させるのは技術も手間もかかるので、安い椅子にはまずこの形は見られないのです。

メッシュやウレタンのような、普通の椅子には使わない素材を使うことで、さらに腰痛を防ぐアシストもします。

高機能な椅子は、見た目においても、素材面においても一般的な椅子とは大きく違っているのです。

椅子に座り続けるのは、そもそも体に良くない

腰に負担のかからない椅子について見てきましたが、いかに正しい姿勢を保って座っていても、腰痛からは逃れられません。

20分~1時間に一度は席を立って、体を軽く動かすのが、腰痛を防ぐには最も効果があります。

座り続けるとしても、足や手、肩を少しずつ、意識的に動かし、筋肉の緊張をほぐすことが必要です。

座るのも筋肉を使うことなので、あまり長く座っているのは、同じ筋肉を長く使い続けるのと同じことなのです。

椅子の周りが散らかっていると、手足はますます動かしにくくなるので、ものを片付けることも腰痛解消のためになります。

椅子の上で足を伸ばしたり、胡坐をかいたりするのが、腰痛防止の効果的な方法なのです。

まとめ

腰痛を解消するためには、高い買い物をしないといけないのですが、日常の中で、椅子に座る時間は膨大な量になります。

時間の量を考えると、椅子に対する見方も変わり、大切にしなければならないものに思えてきます。

椅子は長期間使うものですし、腰痛の苦しみを思えば、高く見えて、実はそんなに高い値段ではないのかもしれません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子