腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛を軽減させることや腰痛の発症自体を防ぐには椅子の選び方や座り方に注目することが重要

      2017/09/08

【期間限定☆特別価格!!】 Hara Chair ハラチェア プロニーチェⅡ(レッド)≪回転肘モデル≫【ハンガー付】 高機能チェア オフィスチェア パソコンチェア 高機能チェアー ハラチェアー リクライニング ハイバック ヘッドレスト ロッキング メッシュ 腰痛 椅子 イス いす 事務用 回転 チェア haraチェア

腰痛に悩まされている場合、または腰痛の発症を防ぐことを考え場合、椅子の存在はとても大きな物だと言えるでしょう。

一度、腰痛になってしまうことで、なかなか治らない状態になってしまうでしょう。

上手に椅子を選ぶことや、椅子の座り方などを改めて考えることで、今まで悩んでいた腰痛の緩和や腰痛の予防に繋がっていくでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛の症状と対策について

腰痛の症状とは

腰痛の症状は、腰痛になった人でしか分からない辛さがあります。

腰痛と言ってもさまざまな症状があり、とくに酷い状態になってしまった場合は、痛みが腰だけではなく体全身に感じることもあるほどの激痛になります。

こうした症状の多くは、腰だけの原因ではないことが多いと言えます。

上半身の筋肉と下半身の筋肉のバランスが悪く、さらに腰自体の筋肉も衰えてくることで体が激しい運動などに耐えられなくなり、結果的に腰への負担が大きくなり腰痛を引き起こしてしまいます。

一時的な痛みの場合もありますが、酷くなってしまうことで慢性化してしまい治ったと感じても軽度な運動で再発してしまうことも多い症状です。

腰痛の症状の対策方法とは

では、腰痛の症状を起こさないようにするためには、どのようなことを注意するべきでしょうか。

腰痛は慢性化してしまう前に、まずは腰痛自体を起こさないように注意することが一番です。

そのためには、まずは年齢と共に衰えてくる筋力の低下を防ぐことを一番に考えましょう。

また、体の大きさに対して筋肉量が少ない人であれば、年齢に関係なく腰痛を発症してしまう可能性があることを知っておくべきです。

体の筋肉量が増えることで、とくに上半身を支える力が向上していきます。

こうした状態をキープすることができれば、激しい運動を行っても安定して体を支えることができ腰痛の症状は起こさないようにすることができるはずです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛になった場合の対処方法とは

椅子に座る姿勢から考える

腰痛になってしまった場合は、どのような対処方法を取るべきでしょうか。

さまざまな方法がありますが、中でも椅子に座る行為は腰痛の場合はとても苦痛に感じてしまうでしょう。

座ったり立ったりする動作がとても辛く感じるかもしれませんが、腰痛になった場合はできるだけ腰を安静に保つことが重要です。

そのため、状態にもよりますが座った姿勢で安静にしておくことが良いと言える場合もあるのです。

そして、重要なポイントが椅子に座る姿勢にあります。

椅子に座る場合は、できるだけ体のさまざまな重心を椅子に預けるような格好で座ることが大切です。

腰への負担を少しでも軽減させるには、腰以外に背中やお尻、そして太ももに至るまでしっかりサポートさせるようなスタイルで座ることが重要と言えるでしょう。

体に合った椅子を選ぶことも重要

また、自分の体に合った椅子を選ぶことも大切です。

腰痛の人におすすめな椅子としては、柔らか過ぎない椅子を選ぶことです。

クッション性に優れている椅子は、一見腰に良いと考えられがちですが、実は腰に大きな負担がかかってしまうことがあります。

体の多くの部分をサポートさせるには、少し硬いと感じる椅子の方が良いと言えるでしょう。

また、アームレストが付いている椅子もポイントになってきます。

アームレストがあることで、腰や背中、お尻だけではなく腕の部分でも体を支えることができるようになります。

また、立ち上がる場合にはアームレストがあることで立ち上がりやすくなるでしょう。

腰痛になる前に椅子選びには注目しておくべき

腰痛になる前に椅子選びは慎重に行う

腰痛になってしまった場合、座る椅子は慎重に選ぶべきだと言えますが、腰痛になってしまう前に椅子選びに注目しておくことも大切です。

椅子が自分に合わないために、腰痛になってしまったという例も少なくはありません。

とくに仕事などで長時間椅子に座ることが多い場合には、少しずつ腰への負担が大きくなっていき、気が付いたときには酷い腰痛になってしまっていたということもあります。

少しずつ腰痛の症状が進んでしまう場合は、自分の椅子が原因となり腰痛になってしまったとは考えないかもしれません。

そのため、腰痛になる前に椅子選びは慎重に行う必要があるのです。

実際に座ってみて違和感がないか確認をしてみる

椅子が原因で腰痛になってしまった人は、座ったときに違和感をおぼえにくい人かもしれません。

腰に合わない状態で長期間座ることは、とても危険だということをまずは認識し、本当に自分に合った椅子なのかをしっかり体で確認することが大切です。

例えば、座ったときに体のどこかに負担がかかっていないかを確認してみましょう。

腰痛は腰への負担だけで発症するものではありません。

肩凝りから腰痛へと発展してしまうことも十分考えられますので、腰だけではなく肩への負担も感じていないかもチェックしておきましょう。

また、椅子によっては角度調整を行える物もあります。

それだけではなく、高さ調整も同時に行える機能を備えている物もありますので、必ずこうした機能は活用するように心がけましょう。

自分に合っている椅子とは、体が楽に感じる椅子なのです。

椅子に座り続けることも腰痛を引き起こす原因となる

腰への負担を考えて休憩を行うことも重要

体にしっかり合っている椅子を慎重に選んでも、腰痛を完全に防げるわけではありません。

仕事上、常に椅子に座り続けることになる場合でも、必ず腰痛のことを考慮して休憩を行うこともとても重要となります。

基本的には、1時間に数分は椅子から立ち上がり、体を伸ばすようにストレッチを行うことをおすすめします。

また、椅子を利用してストレッチを行うこともできます。

椅子によっては背ももたれが後ろに倒れる機能があり、こうした機能を活用して体を伸ばすストレッチを行うように心がけましょう。

特にパソコンなどの作業を行っている場合は、体制上、背中が前に倒れ掛かったようになってしまうため、腰への負担が大きくなってしまい腰痛の危険性はとても高まってきます。

できるだけ1時間に数分は、こうしたストレッチを取り入れて腰痛防止に心がけましょう。

椅子から立ち上がり少し歩き回るだけでも腰痛防止になる

また、ストレッチが無理な状況でも、椅子から立ち上がる動作を行うだけでも十分効果的なのです。

立ち上がる場合には、瞬時に立ち上がるのではなく、必ずゆっくり体に力を入れながら立ち上がりましょう。

そのときにアームレストがある場合には、必ずアームレストを手で支えながら立ち上がるようにしましょう。

こうすることで、腰への負担はかなり軽減されるでしょう。

そして、体に力を入れ少し回りを歩くことで、体の姿勢が元に戻りますので、腰痛の発症を防ぐことができるようになります。

常に腰への負担のことを考慮して椅子に座ったり、立ち上がったりを行うことで、腰痛が防止できるのだと意識付けることが重要です。

毎日継続して続けることで、腰痛の軽減や発症は随分と緩和されていきます。

まとめ

腰痛を緩和させることや、予防を行うには、椅子の座り方を改善させる必要があります。

そして、自分に合った椅子をしっかり選び、必要であれば角度調整が行える物やアームレストが付いている機能などをしっかり活用させることが重要です。

長時間、椅子に座り続けることも腰痛を引き起こす原因となってしまいますので、椅子を利用したストレッチなども活用してみましょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子