腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策にはポリエステル?ポリエステルの敷き布団がおすすめされる理由とデメリット

   

タンスのゲン 布団7点セット シングル 中綿1.6kg 抗菌 防臭 洗える 収納ケース付き 固綿三層敷布団 掛布団 敷布団 枕 ビターブラウン AM 000073 BR

腰痛対策の敷き布団としては、ポリエステル素材の敷き布団がおすすめされることが多いです。

でも、ただおすすめされるがままにポリエステル素材の敷き布団を買う事には抵抗がある方もたくさんいるはずです。

そこでここでは、腰痛対策の敷き布団としては、ポリエステル素材の敷き布団がおすすめだというその理由とデメリットを見ていきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

反発力が高いのが最大のメリット

腰痛対策の敷き布団としてポリエステル素材の敷き布団がおすすめされる最大の理由は、やはり反発力が高いことにあるでしょう。

ポリエステル素材の敷き布団は、高いクッション性を持ちます。

それはつまり、反発力が高いということです。

腰痛持ちの方にとって、この反発力はかなり大事なポイントになります。

反発力が無いと、敷き布団の上に寝た時に身体がしずんでしまうでしょう。

身体がしずんでしまうと、その敷き布団の下の固いところに腰のあたりが押し付けられてしまう可能性が高くなります。

そうしてその辺りに腰が押し付けられたら、そこは固いわけですから、痛みを感じることもあるでしょう。

また、そこに腰が当たるのが痛く寝返りが出来なくなる可能性は高くなります。

そうすると、今度はその押し付けられるような痛みから、じんわりと腰の奥の方が痛くなる、いわゆる腰痛の痛みにかわっていきます。

そうして二つの痛みを感じてしまうわけですから、反発力のない敷き布団は避けないとなりません。

反発力があれば体重を分散できる

反発力があれば、そうして身体を下の固いところにあまりつけないようにできるというだけではなく、体重も分散できると言えるでしょう。

反発力があるということは、そこに触れている部分をしっかりと敷き布団が支えてくれるという事になります。

もちろん反発力があるとは言っても、少しも凹まないわけではありませんから、身体の曲線に合わせて、たくさんのところが敷き布団に触れていきます。

そうしてたくさんのところが敷き布団に触れていけばその分色々なところで体重を支えることが出来るようになります。

だから、ポリエステルの敷き布団は体重を分散する力が高いと言えるのです。

体重を分散する力が低いと、腰のあたりにばかり体重の負荷が掛かり、腰痛が起こりやすくなります。

でもこうして体重をしっかりと分散していくことが出来れば、その分腰にかかる負荷が減り、腰痛が起こりづらくなります。

腰痛対策として、ポリエステルの敷き布団はぴったりだと言えるでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

メンテナンスのしやすさも腰痛持ちに合っている

ポリエステルの敷き布団は、メンテナンスもしやすいと言えます。

それも、腰痛持ちに合っていると理由の一つになります。

まずポリエステルの敷き布団は、軽いです。

だから敷き布団を使用する際にネックになる、干すという作業が簡単に出来るでしょう。

簡単に干すことが出来れば、たとえばそこにたまりがちな湿度なども、その都度放出していけます。

ということは、長い間しっかりとしたクッション性を保ったまま使用することが出来るという事になります。

クッション性が無くなってしまうと、それは腰痛対策の敷き布団としての効力を発揮することが出来なくなりますから、そうならないように出来るというのは大きいです。

ポリエステルは洗う事が出来る

また、ポリエステルの敷き布団はだいたいの場合で洗うことが出来ます。

洗うことが出来る敷き布団なんて、そうそうないでしょう。

でもポリエステルであれば洗うことが出来るのです。

だから、たまりがちな湿度も洗濯でいったんチャラにすることが出来ると言えます。

それはおおきなメリットでしょう。

メンテナンスしづらいとしなくなる

どんなに良い敷き布団であっても、メンテナンスをするのが大変だと、次第にメンテナンスをしなくなる可能性は高いです。

でもメンテナンスをしないでいたら、どんな敷き布団でも次第にへたっていってしまいます。

俗に言う、せんべい布団のようになってしまうのです。

それでは、腰痛になるのも仕方ありません。

デメリットは身体が冷えやすいこと

では、逆にポリエステルの敷き布団のデメリットはどこにあるのでしょうか?

ポリエステルの敷き布団のデメリットは、身体が冷えやすいところにあるでしょう。

ポリエステルの敷き布団は、あまり保温力が高くはありません。

だからその上で寝ていると、背中の方が冷えていってしまう事があるのです。

背中の方が冷えていくということはつまり、腰が冷えてしまうという事です。

でも、腰痛持ちの方にとって、腰が冷えてしまうというのは、NG中のNGなことだと言えます。

腰が冷えてしまうと、そのせいで筋肉が縮こまりますし、血流も悪くなるので、ますます痛みが発生しやすくなってしまうのです。

だからそれは、ポリエステルの敷き布団の大きなデメリットになるでしょう。

たくさん着れば良い

ただそれには別に解決策が無いわけではありません。

身体が冷えてしまいやすいというのであれば、そもそも色々と着込んで寝て、身体が冷えないようにすればよいのです。

暑いと寒いであれば、寒い方が対応はしやすいです。

暑くても、脱ぐには限界がありますが、寒いという場合には、とにかくたくさん着込めば簡単に対応できます。

だから身体が冷えないようにして寝るという事も、決して難しいことではないのです。

もちろん着込みすぎてしまって、中でかいた汗が蒸れてしまって、それが腰を冷やしてしまうようになるという状態になるのはよくありません。

なので、バランスを見て着込んでいくという難しさはありますが、それでもこのデメリットにたいしては、着こむことで対処可能だと言えます。

もう一つのデメリットは寝心地

ポリエステルの敷き布団は、クッション性が高いというメリットがありました。

でもそのクッション性は、いうなれば本当のクッションのようなクッション性になります。

だから、高級なマットレスのような、柔らかいクッション性ではないのです。

柔らかいクッション性の場合は、しっかりと身体を反発してくれる上に、さらに身体を包んでくれるような感覚もあるので、寝心地はすごく良いと言えるでしょう。

しかしポリエステルの場合は、そうではありません。

確かに腰痛にとっては良いかもしれませんが、その分あまり心地よく寝ることができるような質感ではないのです。

好みによるところもある

もちろんそれは、好みによるところもあると言えます。

たとえばすごく固いマットレスが好きな方もいるように、クッションのようななんとも言えない人工的な弾力が好きだという方もいることでしょう。

そういう方であれば、ポリエステルの敷き布団は無条件でおすすめできます。

実際に自分がその寝心地をどう思うかというのは、しばらくそれで寝てみないと分からないところもあるでしょう。

なので、とりあえず一度は試してみることをおすすめします。

幸いにもポリエステルの敷き布団はそうして試してみることも問題なく出来るくらいの価格帯になります。

だから試すことも容易に出来るでしょう。

まとめ

ポリエステルの敷き布団が腰痛対策の敷き布団としておすすめされるのは、クッション性が高いということと、メンテナンスが簡単に出来るからと言うことからでした。

もちろんそれと相対するようなデメリットもあるわけではありますが、デメリットは決してすごく大きなデメリットだというわけではありません。

だから基本的には、ポリエステルの敷き布団はおすすめです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団