腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策に良い?ドーナツ型のクッションのメリットとは

      2017/09/08

clausius 円座 ドーナツ型 高反発 クッション 骨盤矯正 猫背 痔 ブルー

腰痛対策に使えるクッションは色々な形状のものがあります。

中には、真中が切り取られているような、ドーナツ型のクッションもあります。

そんなドーナツ型のクッションは、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

メリットが分からないと使いたくないという方も多いでしょう。

そこでここでは、ドーナツ型のクッションのメリットについて紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

ドーナツ型のクッションは通気性が良い

まず一つ言えるのは、ドーナツ型のクッションは通気性が良いということです。

一般的なクッションの場合、お尻は完全にクッションと密着することになります。

たとえば、お尻に汗をかいたりした時、そのまま蒸れる感じがすることでしょう。

密着している分、湿度を逃がすことが出来ませんから。

でも、ドーナツ型のクッションであればどうでしょうか?

ドーナツ型のクッションであれば、ドーナツの中央部分がくりぬかれているわけなのですから、そのあたりはまず蒸れることはありません。

そのあたりが蒸れないということは、そこから湿度を逃がしていけると言うことになります。

だから、汗をかきやすいひとには、ドーナツ型のクッションはすごくおすすめになります。

通気性と腰痛の関係

でも、通気性が良い事と、腰痛とは何も関係がないように思える人もいるでしょう。

確かに、一見するとそれはまったく関係が無いことのように聞こえます。

しかし、意外とそれは関係がある事だったりもするのです。

なぜなら、お尻が蒸れてしまうと、その不快感からか、お尻を浮かせようとしてしまう事が多くなるからです。

お尻が蒸れて不快な時に、お尻を浮かせる方法にはどのような方法があるでしょうか?

それはやはり、足を組んで自然とお尻を浮かせるという方法でしょう。

足を組めば、その分だけ自然とお尻は浮くようになります。

しかし、そうして足を組むことは、腰痛にと繋がる事なのです。

足を組むことで骨盤も斜めになりますから、体重のかかり方が変わってきます。

すごく強く負荷がかかるようになるのです。

そうなれば、当然腰痛になる可能性も高くなります。

だから、そうならなくて済むように、通気性は良いに越したことはないのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

お尻に与える影響が少なくなる

ドーナツ型であることで、お尻に与える影響が少なくなるという利点もあります。

というのも、普通のクッションだと、何度も言うとおり、クッションとお尻が密閉されてしまいます。

それはつまり、それだけお尻とクッションで増えている面積が多いということになるのです。

お尻とクッションで触れている面積が多いということは、それだけお尻に与える影響は多いということになるのです。

たとえばお尻の内側のあたりにニキビができたりすることもあるでしょう。

あるいは今既にニキビができている人だったら、お尻が完全に密閉されて、お尻とクッションのあたる面積が増えれば、そのニキビをすごく痛く感じる事もあるでしょう。

そうしてソレを痛く感じたら、やはりそれが当たらないようにして座ってしまうはずです。

でもその体勢は、まず間違いなく骨盤は斜めになっているでしょうし、体重のかかり方もかなり極端になるでしょう。

だから、どちらかの腰に腰痛が起こる可能性が高くなります。

もしドーナツ型のクッションを使用していれば、それも防ぐことが出来るでしょう。

ニキビも出来ないし痛みもない

ドーナツ型のクッションを利用していれば、お尻の内側のあたりは、どこにも触れないことになるでしょう。

椅子にも触れません。

もちろんクッションの厚みが薄すぎれば、お尻が椅子にあたることはあるかもしれませんが、そうでない場合は、お尻が椅子に触れることはないのです。

なので、当然ながらそこの位置にニキビができやすくなることもないですし、もしそこにニキビができてしまっていたとしても、そこが自分の体重などでつぶれて痛くなるということはまずないでしょう。

ということはつまり、座っている間に痛みを避けて変な体勢になってしまうということはなくなるということです。

ニキビができていても、常に良い姿勢で座ることが出来るようになるでしょう。

なので、腰痛が起こりづらくなるのです。

持ち運びがしやすい

ドーナツ型のクッションのメリットとして言えることはまだあります。

それが、持ち運びがしやすいという事です。

ここで言う持ち運びがしやすいというのは、何も穴の開いているところに手を引っかけて、それで持ち運びがしやすくなるというような事を言っているわけでは有りません。

確かにそういう意味での持ち運びもしやすくはなるでしょうが、そうではなく、ここで言っているのは、カバンに入れての持ち運びがしやすくなるということです。

ドーナツ型のクッションは、普通のクッションと違い真ん中に穴があいています。

真ん中に穴が開いているということは、その穴の分だけ、普通のクッションよりも体積が少ないということになります。

ということは、折り曲げようとした時の反動も小さいということになり、折り曲げやすくなると言えるのです。

折り曲げやすくなれば、ちょっと詰め込んだカバンの中にも押し込むことが出来るでしょう。

だから、持ち運びがしやすくなるのです。

持ち運びできると腰痛対策に

クッションを持ち運びできるということは、腰痛対策になります。

というのも、椅子にもいろいろな物がありますから、高さが合わない椅子もあれば、固さが合わない椅子もあるでしょう。

そんな椅子に座らないとならなくなることも、多々あります。

そんな時、クッションがあれば、どんな椅子でも自分好みの固さにすることができると言えますし、高さの調節だってクッションを使って上手く出来るようになるでしょう。

そういうことがあるので、クッションを持ち運ぶことは、腰痛対策になると言えるのです。

ドーナツ型は首の後ろにも入れやすい

ドーナツ型のクッションは、首の後ろにも入れやすいというメリットがあります。

首の後ろにクッションを入れると、頭を支えることが出来るようになります。

なので、肩やクビに余計な負担がかからなくなるのです。

そうなれば、良い姿勢もキープしやすくなるでしょう。

でも一般的なクッションの場合、どうしても頭の後ろの出っ張っているところとクッションがぶつかって、やや頭が前に出がちになるところがあるのです。

だから、そこまで効果的にはならないでしょう。

しかしドーナツ型の場合はどうでしょうか?

ドーナツ型の場合は、ドーナツのアナのあいているところに頭の後ろの出っ張りがくるので、そうして頭が前に出すぎてしまう事もありません。

丁度良いバランスで頭を支えることが出来るでしょう。

そういう風に腰痛対策をすることが出来るのもドーナツ型のクッションのメリットと言えるでしょう。

蒸れもしない

また、そうして頭にクッションをいれても、ドーナツ型であれば頭が蒸れることもありません。

頭は熱を持ちやすいところなので、蒸れても仕方ないところではありますが、やはり蒸れると体勢を崩してしまいがちになります。

だから、頭にクッションを入れる際にも蒸れないということはすごく大切な事なのです。

まとめ

腰痛対策のクッションとしてのドーナツ型のクッションのメリットについてはわかりましたでしょうか?

こうしたメリットがあるわけですから、これから腰痛対策としてクッションを買おうと思っている人には、ドーナツ型のクッションはすごくおすすめだと言えます。

気になったら是非一度、ドーナツ型のクッションを買ってみてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション