腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策のための事務椅子を配備する重要性!そのメリットとは?

   

会社を経営している方で、オフィスで働いている部下から「最近になって座り仕事が辛くて、腰が痛いです」と言われたら、叱責するでしょうか。

実は、このような事を言われた時は、腰痛対策の事務用椅子を配備する時期が来たと思ったほうが良いです。

なぜなら、腰痛対策の事務用椅子を配備したら、様々なメリットがあるからです。

そこで、腰痛対策の事務用椅子を配備するメリットや、おすすめの商品などを紹介するので、参考にしてみて下さい。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛対策の事務椅子を配備する重要性

苦労して会社を経営するようになった方は、腰痛対策の椅子は贅沢(ぜいたく)と思ってしまうかもしれませんが、今は社員の悩みに対応しなくてはいけない時代になってきました。

そこで、今の時代に、なぜ腰痛対策の事務椅子が必要になったのか説明するので、確認してみて下さい。

働き方改革

日本政府は『働き方改革』を提唱していて、この働き方改革こそが、腰痛対策できる事務椅子を配備したほうが良い理由になります。

働き方改革を聞いた事がある経営者は多いと思いますが、この改革は人口が減少していく時代に対応するために必要な改革です。

つまり、高齢者や女性でも働きやすい環境を整えて、働き手を増やす事により、人口減少していく時代に対応していく時代になってきました。

今の日本は、高齢者の割合が増えていますし、会社で働けなくて家で家事をしている女性は未だに多いです。

そのため、働きやすい環境を整えて、社員の数を確保する事が必要になってきたので「腰痛対策の事務椅子とは贅沢」と言えない時代という訳です。

新入社員を確保

新入社員を確保する重要性は理解できたかと思いますが、それで、なぜ腰痛対策の事務椅子が必要かと言えば、私たち人間は立っている時よりも座っている時のほうが腰に大きな負担をかけてしまうからです。

なぜなら、立っている時は上半身の体重の負担は両足で分散されていますが、座っている時は上半身の体重の負担は腰やお尻に集中してしまうからです。

さらに、高齢者の場合には、腰痛になっている方が多くいますし、女性は冷え性が原因で腰痛になっている方たちが多くいます。

そのような事を考えたら、腰痛対策の事務椅子を配備する事は、重要なポイントと言えるでしょう。

ホワイト企業をアピール

職場環境をよくする事が重要なのは、社員を確保するだけではなく『ホワイト企業」をアピールする事もできるからです。

最近の日本では『ブラック企業』という言葉が注目を集めていて、社員を苦しめるような企業は、ニュースで大々的に報道されて、企業のブランドイメージを落とす原因になってしまいます。

ブランドイメージが落ちてしまえば、そのような企業とは取引したくないと思い始める所も増えてしまう恐れもあるので、職場環境をよくする事は、重要なポイントです。



スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

職場環境をよくするメリット

職場環境をよくしようとしたら、お金をかけてしまうので、躊躇(ちゅうちょ)してしまう経営者は多いかもしれません。

しかし、職場環境をよくしておけば、様々なメリットを得る事ができるので詳しく解説しましょう。

離職者が減少

部下の悩みに応じないで、職場環境をよくしないような企業は、離職者が続出する恐れがあります。

現在の日本は、終身雇用や年功序列が崩壊しているので、簡単に転職する社員が増えてきました。

そのため、離職者の数を抑えるためにも、社員の悩みにも応じて、必要な物を配備する事は重要です。

離職者の数が少なくなっていけば、新しい社員に仕事を教える手間をはぶく事ができますし、長く働いている社員が増えていけば、様々な仕事を覚えている社員も増えていきます。

社員の集中力がアップ

腰痛になっていない方でも、腰痛対策の椅子を利用していれば、腰にかかる負担を軽減できるので、集中力をアップしやすくなります。

そうなれば、今までよりも作業効率がアップして、残業させなければ作業を終わらせられなかった事でも、定時で終わらせられる仕事も出てくる可能性が高いです。

定時で終わらせる事ができれば、残業手当を払う必要がないので、コストを下げる事も可能です。

腰痛対策を講じられる椅子

腰痛対策の事務椅子を配備する重要性やメリットなどを理解できた所で、次に、どのような椅子が当てはまるのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

クッション性

椅子に長く座っていたら、腰やお尻が痛く感じていくので『クッション性』が優れている椅子を配備する必要があります。

クッション性が優れていれば、長く座っていても、あまりお尻や腰が痛く感じないので、作業効率がアップします。

実は、数多くある椅子の中には、背もたれにクッションを備えている製品もあるのです。

クッションで体を支える事ができれば、腰にかかる負担を軽減できるので、腰痛の対策を講じる事が可能です。

肘掛椅子

デスクワークをしている時に、デスクの上に手首を乗せてタイピングする際には、肘を支える事が重要になります。

もしも、事務椅子に肘掛が備えられていなければ、肘を支える事ができないので、肩に大きな負担をかける事になってしまうのです。

肩に負担をかけるようになれば、肩こりになりやすいので、肩こりが原因になって、腰に悪い影響を与えてしまうので注意しなければいけません。

そのため、肘掛を備えた事務椅子を配備して、肩こりの対策を講じたら腰痛対策を講じる事ができる上に、社員のタイピングするスピードをキープする効果も期待できます。

姿勢をキープしやすい形状

椅子に座っている時に、腰痛になる原因として『姿勢』が挙げられます。

正しい姿勢をキープしていれば、腰にかかる負担を軽減できますが、それは簡単な事ではありません。

実際に、正しい姿勢をキープするためには、背もたれに寄りかかった状態で、お尻は前のほうにずらさない事が重要です。

もしも、背もたれに寄りかかっている状態で、お尻が前のほうへずれてしまえば、上半身の体重の負担が腰に集中してしまいます。

実は、数多くある椅子の中には、腰当てを備えた製品があって、背筋を伸ばしやすくなっている物があります。

背筋を伸ばせられたら、お尻のズレを抑えられるので、おすすめです。

おすすめの椅子

腰痛対策を講じられる事務椅子の特徴を紹介しましたが、それでも、どの製品を購入したら良いのか悩んでしまう経営者もいるかもしれません。

そこで、数多くある製品の中から厳選して、おすすめの事務椅子を2種類まで紹介しましょう。

ゲーミングチェア 事務椅子 F32RED

『ゲーミングチェア 事務椅子 F32RED』は、肘掛を備えている上に、クッション性も優れています。

実は、この製品は背もたれ・座面だけではなく、肘掛にもクッションが備えられているのです。

肘掛にもクッションが備えられていれば、肘掛に肘を長い時間に渡って乗せていても、肘があまり痛く感じません。

さらに、背もたれは特殊な形状になっていて、頭・背中・腰を支える事ができるので、正しい姿勢をキープしながら腰にかかる負担を軽減できます。

Hbada オフィスチェア メッシュ

Hbada ハイバック オフィスチェア メッシュ - デスクチェア オットマン付き 可動式アームレスト ランバーサポート 昇降ヘッドレスト 約155度リクライニング 通気性 強化ナイロン樹脂

『Hbada オフィスチェア メッシュ』も、肘掛が備えられている上に、頭部・背中・腰を支えられるような背もたれを備えています。

さらに『メッシュ生地』を備えているので、通気性が優れているのです。

通気性が優れていれば、夏の季節でも腰がむれづらくなっているので、集中力をキープしやすくなっています。

そして『アームレスト』は可動式になっているので、作業に集中しやすい椅子です。

まとめ

日本は、人口減少していくので、経営者にしてみれば、厄介な時代がきたと思っているかもしれません。

しかし、人口が減少している原因は、多くの企業にもあるのです。

あまりにも給料を抑えたり、不景気の時に雇用しようとしなかったりしたので、収入が少なくて結婚を諦めてしまった方が大勢いるのです。

そのような事を考えたら、今こそ腰痛対策の椅子を配備して、社員に寄り添うようにして、困難な時代に立ち向かったほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子