腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの魅力を詳しく紹介!

   

プラス デスクチェア オーバル エキストラハイバック KD-Z10SEL ブルー

腰痛になってしまえば、椅子に座っているだけでも辛く感じてしまう事があります。

実際にデスクワークの方は、腰に負担をかけやすいので、腰痛でも利用しやすい椅子を利用する事が重要です。

そこで、おすすめしたいのが『腰痛対策の事務椅子 パソコンチェア』です。

この腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、腰痛でも利用しやすくなっているだけではなく、利便性も高くなっているので詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの特徴

プラス デスクチェア オーバル エキストラハイバック KD-Z10SEL ブルー

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアには、腰痛でも利用しやすいポイントが3つあって、それがカーブ形状・背もたれの高さ・高さ調整です。

そこで腰痛でも利用しやすい椅子を探している方のために、この3つのポイントについて詳しく紹介するので、見ていきましょう。

カーブ形状

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの背もたれは、前方部分に向かってカーブしています。

そのため腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの背もたれに、背中を接して座っていたら『S字カーブ』をキープしやすくなるのです。

このS字カーブとは、真横から観たら、背筋がS字のように見える事からS字カーブと言われています。

このS字カーブをキープできれば、腰にかかる負担を軽減しやすいのです。

そのような事を考えたら、S字カーブをキープしやすい腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、腰痛の方におすすめです。

背もたれの高さ

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの背もたれは高くなっていて、身長が高くない方であれば、首までサポートする事ができます。

そして背が高い方でも背中の大部分をサポートする事ができるので、姿勢をキープしやすくなっているのです。

実際に正しい姿勢をキープしないで椅子に座っていたら、猫背になって、腰痛が悪化するケースがあるのです。

そのため姿勢が崩れて、腰痛が悪化しやすい方は、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアを検討してみる価値があるでしょう。

高さ調整

椅子を利用している際には、椅子の高さを調整する事が重要になるケースがあります。

なぜならパソコンの高さと、椅子の高さが合っていなければ、首を傾けなければパソコンを見る事が難しくなるからです。

そのような事になれば、身体に負担をかけてしまうので腰痛が悪化する場合があります。

ところが、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、ガス圧式で椅子の高さを調整する事ができるので、あまり身体に負担をかけなくても高さ調整できるのです。

そのため、腰痛の方でも椅子の高さを調整しやすいでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

腰痛が悪化しないためのポイント

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは腰痛でも利用しやすくなっていますが、いくつか注意すべきポイントもあります。

そこで腰痛を悪化しないためのポイントを紹介するので、腰痛に悩んでいる方は確認してみて下さい。

お尻の位置

猫背になっている方が、椅子に座ろうとしたら、お尻の位置が前のほうへズレやすいです。

なぜなら背中が丸くなっているので、背もたれの背中を密着させたら、自然にお尻が前のほうへズレてしまうのです。

このような姿勢で座っていたら、お尻ではなく腰で座るような姿勢になってしまいます。

腰で座るような姿勢は、腰に大きな負担をかけるので、腰痛が悪化してしまいます。

そのため腰痛が悪化しないために、日頃から猫背にならないように注意しなければいけません。

座っている時間

私たち人間は二足歩行するので、上半身の体重が両足によって分散されています。

ところが椅子に座っていたら、上半身の体重が、腰に集中してしまうので、腰痛になっている方は注意する必要があるのです。

そのような事を考えたら、腰痛になっている方は、可能であれば1~2時間に1回は椅子から立ち上がって少し休憩したほうが良いでしょう。

もしも仕事上の都合で、何回も椅子から立ち上がれない場合には、適度に背筋を伸ばして少しリラックスするようにしたほうが良いです。

ストレートネック

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの高さを調整しても、首を傾ける癖がある場合には『ストレートネック』になる可能性があります。

このストレートネックとは、首を傾ける事によって、首がまっすぐになってしまう症状の事を指します。

ストレートネックになってしまえば、首や肩周辺に疲労が溜まりやすいので、その疲労は腰にも大きな影響を与えてしまうのです。

そのため首を傾ける癖がある方は、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの高さを調整したら、できるだけ首を傾けないようにしたほうが良いでしょう。

利便性の高いポイント

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアには利便性が高いポイントが2つあって、それが『肘掛け付き』と『キャスター』です。

そこで腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアを詳しく知りたい方のために、この2つのポイントについて紹介するので、見ていきましょう。

肘掛け付き

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは『肘掛け』が付いているので、肘を乗せて気持ちを落ち着かせる事ができます。

実際に肘掛けが付いていない椅子を利用しながら、パソコンのキーボードを打とうとする際には、肘を支えるところがありません。

そのため腕や肩に大きな負担をかける事になってしまうので、腰にも大きな影響を与える可能性が高くなります。

そのような事を考えたら、肘掛けが付いているのは、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアの大きな魅力です。

キャスター

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアはキャスターも付いているので、椅子を持ち上げなくても移動させる事ができます。

実際に腰痛の方は中腰で物を持ち上げようとしたら、腰に負担をかけてしまいます。

そのような事を考えたら、持ち上げなくても椅子を移動させる事ができるのは注目すべきポイントでしょう。

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアを収納できるほど高いデスクを利用している場合には、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアをスライドさせる事も簡単にできます。

商品情報の内容

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアには魅力や注意点が分かってもらえた所で、次に商品情報も紹介するので、この椅子を詳しく知りたい方は確認してみて下さい。

二種類のカラー

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアには、二種類のカラーバリエーションが用意されていて『ミディアムグレー』や『ダークグレー』などがあります。

ミディアムグレーはネイビーブルーとグレーで、ダーググレーはレッドとブラックになっています。

このように腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、実際のカラー名とは想像できないようなカラーになっているので、カラー名で判断して購入したら後悔する可能性があるので注意して下さい。

コストパフォーマンス

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは腰痛でも利用しやすくなっているように作られている事もあって、少し高額な椅子になっています。

実際に、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、楽天市場では送料無料ですが、税込価格59,184円もするのです(2017年11月9日時点)。

実は、腰痛でも利用しやすい椅子の中には、10,000円前後で販売している物もあるので、値段の安い椅子を探している方も注意したほうが良いでしょう。

まとめ

腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアは、S字カーブをキープしやすくなっているので、姿勢が悪くて腰痛になっている方には魅力的な商品と言えます。

ただし腰痛になる原因はいくつもあるので、姿勢が原因でない場合には、腰痛が悪化するケースもあります。

そのため腰痛に悩んでいる方は、腰痛対策の事務椅子 パソコンチェアを利用するだけではなく、病院で腰痛になっている原因を把握する事も重要でしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子