腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛対策や骨盤矯正などに使用されるコルセットの種類や注目点

   

azalee 腰痛 サポートベルト コルセット 薄型 通気性抜群 姿勢矯正 シェイプアップ 男女兼用 L

工場などの長時間に渡る立ち仕事やデスクワークなどの座り仕事など、様々なケースで腰痛の悩みを抱えている方は多くいると思いますし、腰痛の痛みを緩和されるためにコルセットを着用している方も少なくないと思います。

そこで、この記事ではコルセットの種類、メリット・デメリット、選ぶ際に注目すべき要素など、コルセットに関する情報を中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

用途別のコルセットの種類

コルセットには、使用者の症状や状況によって使用するコルセットの性質もそれに適した種類のコルセットを用いる必要があります。

それを踏まえ、ここではコルセットの種類に関する情報を紹介していきます。

骨盤矯正タイプのコルセット

骨盤矯正タイプのコルセットは、腰痛の原因の一つとなっている骨盤の歪み、骨盤の開き、骨盤の緩みなど、骨盤が正常な状態ではない場合に用いるコルセットとなっていて、着用することで骨盤を矯正するタイプのコルセットとなっています。

この骨盤矯正タイプのコルセットは、出産の際に骨盤が開いた状態になってしまった女性が着用するケースが多く、それ以外には立ち姿勢を正す目的や軽度の腰痛改善に用いられる場合があります。

また、このタイプのコルセットは、骨盤の矯正が目的となっていますので、骨盤矯正タイプのコルセットを着用する場合は腰よりも低い位置に着用するような作りになっています。

医療用の硬性タイプのコルセット

医療用の硬性タイプのコルセットは、医師の処方によってはじめて使用することになるコルセットとなっていて、腰椎椎間板ヘルニアの手術後や、腰椎圧迫骨折などの際に処方され、腰をしっかりと固定して安静な状態に保つ目的のコルセットとなっています。

このような性質のコルセットとなっていますので、医療用の硬性タイプのコルセットはドラッグストアなどで市販はされていません。

サポートタイプのコルセット

このサポートタイプのコルセットは、複数あるコルセットの中でも一番馴染みがあるタイプのコルセットだと思いますし、スポーツショップやドラッグストアで販売されている多くがサポートタイプのコルセットになっています。

サポートタイプのコルセットの用途としては、日常生活の中で腰への負担を軽減させる目的で用いられたり、腰痛の痛みを緩和させる目的で使用するケースが多くあります。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛ベルト・コルセットベスト21ランキングはこちら

コルセットを選ぶ際に注目すべき要素

腰痛の悩みを緩和させるためや骨盤の矯正が目的など、コルセットを使用する目的は多岐に渡っていますし、症状や生活環境によって使用環境や使用時間も人それぞれだと思います。

そんな様々な生活環境の中、コルセットの性能を重視して選択するのは当然のことなのですが、コルセットは長時間着用する機会も多くなる可能性が高いと思いますので、コルセットの付け心地や通気性なども選ぶ上では重要な要素となっています。

これを踏まえまして、ここではコルセットの選ぶ際に注目すべき要素を紹介していきます。

幅で選ぶ

コルセットの幅の違いにより、固定する力が異なっていますので、腰痛の症状が軽度の場合や立ち姿勢の補正目的で使用する場合は幅の狭いコルセットでも十分補うことができますし、骨盤の矯正や腰を安静に保つ目的でコルセットを着用する場合は幅の広いコルセットの方が適していると思いますので、着用する目的や症状に応じてコルセットの幅を重視した選び方もあります。

素材で選ぶ

コルセットには、伸縮性に優れたゴム素材、通気性に優れたメッシュ素材、しっかりとした質感の綿・ポリエステル混合素材など、付け心地や性能に応じて様々な素材で製品化されています。

サポートタイプのコルセットを着用する場合、外出時や仕事中に着用する機会があると思いますし、長時間に渡って着用する機会も大いにあると思いますが、夏場の暑い季節ですとコルセットの内側が蒸れてしまう場合もありますので、通気性に優れたメッシュ素材のコルセットを選ぶのが望ましいと思いますし、ポリエステル・綿の混合素材はメッシュ素材よりもしったりとした作りのコルセットになっていますので、保温性も増しますので冬場などにおすすめできる素材となっています。

このように、コルセットの素材には付け心地の違いもありますし、固定する性能などにも差がありますので、季節によって使い分けするのも良いと思いますし、腰の状況なども考慮した上で最適なコルセットを選ぶのが望ましいと言えます。

形状で選ぶ

コルセットを選ぶ場合は、症状やサポートしたい範囲に応じてコルセットの形状は異なっており、腰から背中部分までの広範囲を覆うタイプのコルセットや、腰からお尻部分まで広範囲に覆うタイプのコルセット、骨盤矯正タイプのような骨盤部分をピンポイントに覆うタイプのコルセットなど、用途や目的によって様々な形状のコルセットがあります。

この形状の違いは、コルセットの性能に大きく関わってきますので、コルセットを選ぶ際には最も重要視するべき要素と言えます。

コルセットを着用する際に生じるメリットやデメリット

コルセットを着用する目的は、腰痛から来る痛みを緩和させたり、腰を支えて保護する目的などで用いられます。

そんな腰をサポートする役割があるコルセットには、一見するとメリットしか感じられない製品に思われますが、着用することによってデメリットが生じてしまう場合もありますので、ここでコルセットを着用することで生じるメリットやデメリットについて紹介していきます。

コルセットを着用することで得られるメリット

コルセットを着用することで得られるメリットは、腰に不安のある方がコルセットを装着することにより、日常生活での活動範囲を広げる効果に期待が持てることが大きなメリットになっています。

また、腰痛の辛さや腰痛が悪化してしまうことを懸念して安静にすることは悪くはないのですが、過度な安静は体の筋力低下に繋がってしまいます。

このような事態を防ぐためにも、コルセットを利用してある程度の活動的な生活を送ることで腰痛の改善や予防に繋がりますので、それをサポートしてくれるコルセットには腰痛の改善と予防においてはメリットが大きいと言えます。

コルセットを着用することで生じるデメリット

コルセットを着用することで生じるデメリットは、腰痛を煩っている方が日常生活を過ごす間の長時間でコルセットを着用していた場合、自宅に戻ってコルセットを外した際に腰の痛みを強く感じてしまう場合がありますので、コルセットを着脱するのが嫌になってしまうということがデメリットと言えます。

また、コルセットは通気性に優れた製品ばかりではありませんので、長時間着用していると装着部分が蒸れてしまう場合もありますし、夏場で薄着の場合には見た目も気になってしまうこともあります。

さらに、コルセットに頼りすぎた生活をしてしまうと、コルセットに依存してしまって着用していないと不安な気持ちになってしまう可能性もありますし、腰痛の改善に必要な腰や背中の筋肉が弱まってしまう可能性もありますので、コルセットとの付き合い方には注意が必要です。

まとめ

コルセットに関する情報を紹介してきましたが、腰痛で悩んでいる方には強い味方になる反面、自身の筋肉量を低下させてしまう可能性もありますので、コルセットを使用する場合は必要最低限に留める努力をし、腰周りの筋肉を強化したり、正しい姿勢を保つことを心掛けるなど、コルセットはあくまでも腰痛改善までのサポートとして用いるようにしてください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - コルセット・ベルト・サポーター