腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちさんにあったソファをみつけるためのポイント

   

(DORIS) ソファー 3人掛け カウチソファ 【アバロン ブラウン レザー】 カウチ左右入れ替え可 背もたれ一体型 オットマン 同色クッション2個付き

腰痛持ちの方のソファはどのようなソファを選べばいいんでしょうか?

地べたにすわるよりはソファなどの座る形のものがあるといいといわれてはいますけど、柔らかいソファは腰に負担がかかってしまうのでよくないといわれていますね。

ではどういったソファがいいんでしょう。

腰痛持ちの方のソファ選びについてかいていきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰に負担になりにくい姿勢

腰に負担になりにくいソファを選ぶのがベストです。

腰に負担がでない姿勢を保ているソファです。

腰に負担の少ない姿勢というのは、起立をしている姿勢といわれています。

きちんと正してたっている姿勢です。

たっていれば、背骨は、猫背にもなりませんし、C字の姿勢にもなりません。

直立しているS字の姿勢が理想と言われます。

このことから、たった状態の姿勢を維持できるソファが腰に負担のないソファと言えます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

選び方 NGポイント

柔らかいソファはNG

柔らかいソファというのは、腰痛もちの方にはよくないといわれています。

それは体が沈み込んでしまうからです。

沈み込むほど柔らかいのは気持ちよさそうな感じがしますが、沈み込んでしまっているので、起き上がる時に、とっても大変なのです。

腰にもとっても負担がかかりますので、そこで、腰を痛めてしまう方も多くいます。

この起き上がる体制の時に、ぎっくり腰がよくおきてしまうのです。

沈み込んで座っていて、その座った体勢で筋肉が固まってしまって、それから、急激に起き上がる時に、筋肉を痛めてしまうのです。

こんp柔らかいソファが原因でぎっくり腰になったり、腰痛になってしまったりするので、それをさけるためにも柔らかいソファは選ぶことはさけましょう。

硬すぎるソファもNG

柔らかいソファがだめなら硬いソファならいいんじゃないかと思いますが、硬すぎるソファというのも、座面が硬いことで、反発する力が強く、体の圧力が分散されないで、余計腰に負担がかかってしまいます。

特に木目のベンチとかははやっていますが、ずっと座っていると、腰がいたくなってしまったり、お尻が痛くなってしまった方がいらっしゃると思います。

ベンチなどは、座布団や、椅子に装着できるクッションなんかで調整することをおすすめします。

低いソファはNG

低いソファ、ローソファが人気があります。

小さなお子様がいらっしゃる家庭では特に、普通のソファだと高さがあって、お子様が落下してしまったりすると心配なので、ローソファを選ばれる家庭も多くあります。

見た目も可愛いし、ローソファにすることで、家に空間ができて広く見えるのでいいですよね。

しかし、腰痛持ちの方にはこのローソファは腰に負担がかかってしまうのです。

ローソファーというのは、大人は、足をまげて座れないので、足を少しのばした状態になります。

また、立ち上がる時も、腰への負担が普通のたかさのソファよりすごくかかります。

変な体勢で立ち上がらないといけなかったり、スムーズにたちあがれなかったりします。

腰痛持ちの方には、立ち上がるときも座るときも腰に負担が掛からないような高さが重要になります。

奥行があるソファはNG

奥行があるソファですと、背もたれまでよっかかるまでに足を中途半場にのばして座らないといけなくなります。

それもすごく座りやすいイメージなのですが、腰痛持ちの方にはこの体制が腰に負担高買ってしまうのです。

長時間、この体勢のままだと腰痛が悪化してしまう恐れがあります。

深く腰掛けることがいいような感じがしますが、そうでもないんですね。

足もしっかりまげられて、床について、背筋をのばせて座れるソファが一番腰痛もちの方にとっては負担が少ない体制と言えます。

選び方 OKポイント

座った時のせもたれの隙間がキー

ソファに座った際に、背もたれと自分の背中の隙間がキーポイントになります。

背中や腰やお尻の部分に隙間があるようですと、腰に負担がかかるソファになってしまいます。

姿勢を正して隙間がでないようなソファが、腰痛持ちのかたにとってみればいいソファと言えます。

座って隙間が出てしまうようでしたら、クッションなどで調整してみるのもいいと思います。

ソファの選び方として実際に座ってみて、隙間ができているかをチェックしてみるといいと思います。

横幅がおるソファがいい

腰痛持ちの方には横幅がある程度あるソファがいいといわれています。

これは、ソファを座るだけでなく、横になっても使用できるということです。

横幅がないソファですと、座るだけのソファとしての使い方になります。

横幅があるソファを選べば、座っていて疲れたなと思えば、ベッドのように横になることもできますし、大きさがあるのでおく位置の問題にはなりますが、座るだけの体制以外にも用途があるということがポイントになってきます。

腰痛というのは一つの体制を長時間とっていることによっておこることが多いです。

何個かの体制をとっていれば、腰痛は起こりにくいのです。

座高が高いソファ

座高が高めのソファが、腰痛持ちの方にはいいです。

先ほど、ローソファは腰に負担をかけてしまうといいましたが、座高が高いソファというのは、腰に負担がかかりにくいといわれています。

座高がある程度高めのソファだと座った時に、腰の位置と膝の位置が同じイチにくるので、腰への負担が掛からないのです。

ソファに座った時に膝の位置より、おしりの位置が下に行ってしまうものに関しては、腰に良くないと言われています。

ただ、今は低いソファが主流になってきているので、なかなか座高の高めのソファをみつけることが大変になってきてしまっています。

肘おきがあるソファ

肘おきがあるソファが腰痛持ちの方にはいいといわれています。

肘おきがあれば、立ち上がる時に、肘おきで、立ったり座ったりするときに寄りかかることによって腰への負担が少なくすみます。

ソファに立ったり座ったりする頻度は高いと思うので、その何回もやっていることで腰への負担は結構かかっています。

しかし、肘おきがあることによって、腰にかかる力も軽減するので、腰への負担も軽減します。

このように、腰痛持ちの方が、ソファを選ぶポイントをかいてみました。

様々なソファがある中で、自分にあったソファをみつけることは大変な作業です。

作業の硬さでも硬過ぎはダメですし、やわらか過ぎはだめですし、体にちょうどいい硬さだったり、高さにしても低過ぎはダメだったり高すぎはだめだったりと、ちょうどいい高さをみつけるにも苦労します。

ちゃんと座ってみて実物をみてから、きめたいですね。

一瞬座るだけだと、どれだけのものかはわからないので、ちゃんとゆっくりと座ってみて様々なシーンを想像してみて、安い買い物ではないので、じっくり選んで自分にあったソファを見つけましょう。

長期間に渡って使用できるソファをみつけられるといいですね。

体に優しく使用しやすいソファをぜひこのポイントをもとにみつけてみてください。

まずは自分のお気に入りのソファにしぼってから見に行ってみてください。

まとめ

腰痛持ちさんにとってソファ選びというのは結構難しいものです。

家にソファは欲しいですが、腰に負担が来てしまうものではないかときになったりします。

せっかく購入したものが、腰に負担をかけてしまうものでしたらがっかりしてしまうので、ちゃんと自分の体にあったソファを吟味して選んで購入をしてみてください。

腰にも優しいソファに出会えますように。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ