腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちの人が選んではいけない敷き布団とはどんなもの?

      2017/09/08

敷布団 シングル 『京都西川の固わた入り敷きふとん シングルサイズ (100×210)』 西川 敷き布団 3層構造 しっかり シングルロング 西川製 SL 合繊 シングル敷き布団 西川布団【柄お任せ】 (ピンク系)

腰痛持ちの人は、布団派の人が多いでしょう。

でも、布団であれば何でも腰痛に良いのかと言われると、それはそうではないと言えます。

中には腰痛持ちの人が選ぶべきではない敷き布団もあるのです。

では、どういう物がそれに当たるでしょうか?

ここではそんな、腰痛持ちの人が選ぶべきではない敷き布団について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

厚みがあり過ぎる敷き布団

腰痛持ちの人が避けた方が良い敷き布団として、まず挙げられるのは厚みがあり過ぎる敷き布団になります。

一般的に腰痛の人は、厚みがある程度ある敷き布団を敷いたほうが腰痛には良いと思うものです。

しかし、実は厚みがありすぎるというのは、それはそれで問題になることがあるのです。

では、敷き布団に厚みがあり過ぎることは、何が問題になるのでしょうか?

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

厚みがあり過ぎると柔らかいことが多い

腰痛持ちの人が厚みのある敷き布団を避けた方が良いというのは、いくつかの理由があります。

まず一つは、厚みがあり過ぎる敷き布団は、やわらかすぎる事が多いということです。

なぜ敷き布団に厚みがあるのかを考えると、やわらかすぎる物が多いということが分かるでしょう。

厚みがあるということは、それだけふわふわした素材のものを使用しているということです。

ふわふわしているからこそ、厚みが出てしまうのです。

固いものであれば、ギュットしているので、厚みはでないはずですから。

柔らかすぎると寝返りができなくなる

では、やわらかすぎる敷き布団は、何がよくないのでしょうか?

柔らか過ぎる敷き布団が良くないのは、寝返りができなくなるからです。

布団が柔らかいと、寝返りをしようと思って身体に力をこめても、そのままその力を布団に吸収されてしまって、上手く回ることが出来なくなるでしょう。

なので、全然回れなくなってしまうのです。

そうして寝返りができなくなると、人の体はドンドン固まっていってしまいます。

筋肉を動かすことがなくなるので、筋肉がどんどんかたまっていきますし、そうして筋肉が固まっていくと、それに合わせて血流もどんどん流れが悪くなっていくのです。

すると、次第に腰痛は悪化していってしまうでしょう。

だから、厚みがあり過ぎてやわらかすぎる敷き布団は避けた方が良いのです。

厚みがあると高さによって寝返りが出来ない事も

厚みがあり過ぎることの問題は、それだけではありません。

厚みがあり過ぎる敷き布団は、その厚みによって寝返りができなくなるということもあるのです。

厚みがあるということは、イコールで高さがるということになります。

高さがあると、人は無意識のうちにそこから落ちないように気を遣うものです。

そうして無意識のうちにそこから落ちないように気を遣うということはどういうことかわかりますでしょうか?

それはつまり、寝返りができなくなるということになります。

そういう意味でも寝返りができなくなることがあるので、やはり厚みのあり過ぎる敷き布団は避けるべきだと言えるでしょう。

厚みが無さすぎる敷き布団も避けるべし

厚みがあり過ぎる敷き布団がダメなのであれば、では厚みが全然ないような敷き布団であれば良いのでしょうか?

その答えは、NOになります。

実は、厚みがあり過ぎる敷き布団もだめですが、厚みが無さすぎる敷き布団もだめだと言えるのです。

厚みがあり過ぎる敷き布団は、寝返りを打つことが出来ないからダメだと言えましたが、では、厚みが無さすぎる敷き布団はなぜだめだと言えるのでしょうか?

厚みが無さすぎると床の固さを感じてしまう

それは、厚みが無さすぎると、床の固さをダイレクトに感じてしまうからだといえます。

厚みがある場合には、まず敷き布団の柔らかさや固さ以外を感じることはないでしょう。

しかし、厚みが無さすぎると、床の固さをダイレクトに感じてしまうようになるのです。

もし柔らかい敷き布団をしいているのであれば、普通にそれは免れませんし、固い敷き布団を敷いているのであれば、床の固さを感じない場合、その敷き布団は床よりも固いと言うことになります。

なので、結局床の固さか、あるいはそれ以上の固さを感じてしまうことになるのです。

固いところで寝るとシンプルに体が痛くなる

では、そうして床や布団の固さをダイレクトに感じてしまうというのは、何が良くないのでしょうか?

床や布団の固さをダイレクトに感じてしまうというのは、シンプルに身体が痛くなるから良くないと言えます。

それはそうでしょう。

ずっと固いところに身体を落ち着けているわけなのですから、そこに押し付けられている部分が痛くなるのは当然なのです。

そして、もし仰向けに寝ているのであれば、その押し付けられている部分は腰のあたりになるでしょう。

だから、余計に腰痛が悪化してしまうのです。

なので、そういう敷き布団を敷くのはおすすめできません。

もし仰向けで寝てなくとも、結局寝返りを打ったりしているうちに腰は地面にあたるので、腰痛がおこってしまう可能性は高いと言えます。

狭すぎる布団も避けた方が良い

また、腰痛持ちの方は、狭すぎる布団も避けた方が良いでしょう。

狭すぎる布団は、寝返りを阻害してしまいます。

いくら厚みがあり過ぎない布団とは言えども、人は自然とその布団から外れないように寝るものです。

布団から外れてしまえば、やはり固い地面の上で寝ることになりますし、それは仕方ないのです。

狭い布団の上でその布団から外れないように寝るということはつまり、寝返りをしないということに繋がります。

だから、狭い布団の上で寝ることは避けた方が良いでしょう。

どのくらいの敷き布団が狭いのか

では、どのくらいの敷き布団が狭いと言えるのでしょうか?

一般的なシングルサイズの敷き布団であれば、だいたい横幅は100センチくらいになるでしょう。

5センチ程度の前後はあるかもしれませんが、だいたいの場合で敷き布団のサイズは100センチ程度になります。

この100センチと言うサイズ感は、一般的には狭いとは言えないサイズ感になります。

でも腰痛持ちの人にはそれではやや狭いところがあるでしょう。

もっと思い切って寝返りをするためには、マットレスで言うところのセミダブルくらいのサイズ感が必要になると言えるでしょう。

なので、出来ればその位のサイズ感の敷き布団を買うようにするのがおすすめです。

二人以上ならクイーンクラスを

ただこれは、あくまでも一人で寝る時のサイズ感の話しになります。

もし2人で寝るのであれば、その分だけ腰痛持ちの人が選ぶべき敷き布団のサイズ感も大きくなってきます。

一般的に2人で寝る際には、ダブルベッド位のサイズ感である140センチくらいのサイズ感を選ぶことが多いでしょう。

しかし、腰痛持ちの人にとっては、そのサイズ感では小さすぎるのです。

それでは一人当たり、シングルサイズの敷き布団よりも小さなスペースしか使えなくなります。

なので、すごく寝返りが打ちづらくなり、腰痛が起こりやすくなってしまうのです。

そうならない為には、2人で寝る際には、マットレスでいうところのクイーンサイズ以上を選ぶことをおすすめします。

まとめ

腰痛持ちの人が選んではいけない敷き布団は、厚みが無さすぎたりあり過ぎたりするものや、あるいはサイズ感が十分ではないものになります。

逆に言えばこれらのものを避けていけば、しっかりと寝やすくて、腰痛がおこらないようなものを選んでいけるようになるので、是非そうして腰痛を悪化させないような敷き布団を選んでいってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団