腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛持ちの方は注意!正しいソファの選び方と座り方!

   

もはや国民病にもなりつつある「腰痛」。

腰痛が悪化してしまうと外出が面倒になるだけでなく、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

様々な原因がありますが、実は普段何気なく座っているソファが悪化させているということもあり得るんですよ。

そこで今回は正しいソファの選び方と、正しいソファの座り方をご紹介致します。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

腰痛とソファの関係

実はソファに長時間座っていて、腰痛が悪化したという話は珍しくありません。

例えば膝が腰の位置より高くなってしまうと、背中が丸くなってしまいます。

この体勢だと、骨盤が後ろに傾いてしまい、腰椎も後ろ側に曲がってしまいます。

本来、腰の骨が前側に傾いてないといけないわけですから、この体勢では腰に負担をかけてしまうのです。

しかもソファに腰掛けるということは、長時間その体制でいることが多いので、腰骨だけでなくまわりの筋肉もその状態のまま固まってしまいます。

そのため、いざ立ち上がろうとした時に腰痛を感じ、最悪ぎっくり腰になってしまうことがあるのです。

立っているより座っている方が体が楽だと感じるので、自然と腰への負担も軽いと考えがちですが、ソファに座る時こそ注意しなければならないのです。

スポンサーリンク

人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング

正しいソファの座り方

それでは腰に負担をかけない正しいソファの座り方をご紹介致します。

骨盤を立てる

ポイントは座骨を椅子にしっかり当て、骨盤を立てて座ることです。

骨盤が後ろに倒れた状態で座ってしまうと、内臓のためのスペースが狭くなり圧迫されてしまい、腰に負担が集中してしまうことになります。

ではどのように座れば、骨盤を立てることになるのでしょうか。

ポイントは、「深く座る」ことと「背もたれに密着するのは腰まで」です。

まずソファに深く座り、背もたれと座面の間にお尻を押し込んで座ると骨盤が立ちます。

もし、お尻と背もたれの間にすき間がある場合、骨盤が後ろに倒れている証拠です。

深く座ることで、いろいろな方向から骨盤が支えられるのでソファの上でも安定させることが出来るのです。

次に「背もたれに付けるのは腰まで」ですが、腰から上の背中も背もたれに付くのはいけません。

なぜなら、背中が背もたれに付くとどうしても骨盤が後ろに倒れてしまうからです。

そのため、背もたれに付けるのは腰までが正しい座り方なのです。

この二点に気を付けると「盤を立てる」座り方になりますので、気を付けて座ってみて下さい。

クッションを使う

ソファによってはこの姿勢を取るのが難しいという方もいるかもしれません。

そんな時に役に立つのが「クッション」です。

腰の後ろにクッションを置くと骨盤が安定するだけでなく、背中も背もたれから離れるので骨盤が後ろに倒れにくくなるのです。

ポイントは、隙間になります。

背中と腰、お尻部分にもし隙間がある場合は、腰に負担がかかっています。

そのため姿勢を正して、出来る限り隙間にフィットするようにクッションを置くことがポイントです。

車の場合

では車内の場合はどう座るのが正しいのでしょうか。

通勤で車を毎日運転する人や旅行などで長距離運転する人もいるかと思います。

こちらも同じく「骨盤を立てる」ことなのですが、ポイントは、「リクライニングせずシートを前に出す」ことと、やはり「深く腰掛ける」ことです。

リクライニングを倒すと、骨盤も後ろに倒れやすくなってしまいます。

しかし、シートを前に出すと膝が伸びた状態から直角に近くなるので骨盤が立ちやすくなります。

次に「深く腰掛ける」は、深く腰掛けて腰が背もたれに密着することで骨盤が支えられ安定します。

この2点を注意することにより、腰に負担なく車内で過ごすことが出来ます。

もし運転する機会が多い方は是非試してみて下さいね。

正しいソファの選び方

それでは正しいソファの選び方をご紹介します。

低いソファを選ばない

先ほども説明したように、膝が腰の位置より低くなってしまうと骨盤が後ろに倒れてしまいます。

上がるときも腰を深く折る姿勢になり、その状態からグッと力を入れて立ってしまえば腰周りの筋肉に大きな負担がかかります。

ぎっくり腰を防ぐためにも、低いソファは選ばないようにしましょう。

柔らかいソファを選ばない

次に注意が必要なのは、柔らかいソファです。

柔らかいソファは座り心地もよく、一見良さそうですが腰痛の人には向いていません。

柔らかいと座った姿勢が猫背になりやすく、椎間板への負担が増してしまうからです。

そのような姿勢で長時間座っていると、椎間板が神経を刺激して強烈な痛みに襲われる可能性もあります。

また柔らかいと、立ち上がる時に沈み込んでいる身体を起こすことになるので、筋肉に負荷がかかります。

腰痛の方は柔らかいソファは選ばないようにしましょう。

狭いソファを選ばない

次に注意しなければならないのが、狭いソファです。

幅の狭いソファはどうしても腰が浮きやすくなってしまいます。

そのような姿勢で長時間座っていると筋肉にかかる負担は大きく、動いた瞬間グキリと動けなくなることが考えられます。

あまりに窮屈なソファは避けることが大切です。

奥行きが広いソファを選ばない

最後に、奥行きが広いソファを選ばないことです。

奥行きが広いと深く腰掛けにくくなってしまいます。

膝に合わせると腰が浮いてしまい、背もたれに寄り掛かると足が浮いてしまう姿勢になるのです。

きちんと深く腰かけられるくらいの奥行のソファを選ぶことが大切です。

おすすめのソファ

それでは最後に腰痛の方におすすめのソファをご紹介します。

SOFASTYLE

腰痛をお持ちの方はSOFASTYLEがおすすめです。

様々なソファをそろえており、通信販売なので全国どこでも購入することが出来ます。

その中でもフランス産フェザー入りモダンデザインソファシリーズがおすすめです。

更に肌触りのよいシルキーレザーを張地にすることで、座り心地抜群です。

また背もたれにはウェービングベルト、座面にはポケットコイルを使用しているので、柔らかすぎず固すぎない、まさに理想的な座り心地なのです。

価格はシルキーレザータイプのお値段は幅130cmで44,262 円。

幅145cmで55,228 円、ゆったり座りたい幅160cmですと61,874 円です。

ちなみに送料は無料です。

もし腰に優しいソファを探している方は是非検討してみて下さいね。

TAKUMI SOFA

こちらも腰痛の方におすすめのソファです。

なぜなら、体圧分散がされているからです。

フェザークッションと高密度ウレタンにより、体圧が分散され腰に負担をかけないのです。

とくに高密度ウレタンを腰部後方に配置しているので、座った時に隙間ができず腰を支えてくれます。

中でも「SOFA M」は、包まれるような座り心地の中でしっかりと腰を持ち上げるようにサポートしてくれるのが特徴です。

座る角度をつけていないため、真っ直ぐきちんと座ることができます。

二人掛けで386,100円です。

まとめ

このように腰痛とソファは切り離せない関係なのです。

腰痛にならないために、またはこれ以上腰痛を悪化させないためにも正しい座り方と、正しくソフアを選ぶことが大切なのです。

もし今のソファを使い始めてから腰が痛くなったという方は、見直してみた方が良いかもしれません。

その時は、是非ご紹介したソファの選び方を参考にしてみて下さいね。


人気記事>>12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキング


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ