腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛改善にはやはり即効性のある骨盤ベルトがおすすめ!

   

31-rmx5pMCL

これまで腰痛と縁のなかった人でも妊娠・出産をきっかけに腰痛になってしまうことがあります。

腰痛になってしまうと仕事はもちろん、家事をするのも辛くなり、しまいには寝返りもうてなくなり睡眠不足になってしまいます。

そんな時は無理に我慢したりせず、骨盤ベルトをするのがおすすめです。

骨盤ベルトをするだけでかなり腰への負担と痛みが軽減されるのです。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛の原因

骨盤のゆるみ

女性は妊娠をするとリラキシンという卵巣ホルモンが分泌されるようになります。

このリラキシンというホルモンは出産する時に赤ちゃんがスムーズに産道を通り抜けられるように、骨盤や周りにある靭帯・関節を緩めるという作用があります。

赤ちゃんを産むためには必要な作用なのですが、この靭帯や関節が緩むことにより周囲の筋肉や今まで負荷のかかっていなかった関節にまで影響が出てしまうのです。

これが腰痛の原因になります。

妊娠をきっかけに腰痛になってしまう人が多いのはこのためなのです。

姿勢の変化

妊娠後期になるにつれ赤ちゃんの体重や羊水重さの影響などで次第に体重は増加していきます。

少ない人でも5キロ程度、多い人では10キロ近く増える人もいます。

この体重増加が関節や筋肉に負担をかけてしまうのはもちろんですが、何より姿勢が変わってしまうことが大きな原因となります。

お腹が大きくなり前に重心がいくことで姿勢が前かがみになります。

この姿勢によって腰椎が前に反りまた骨盤も前へと傾くことで、更に腰への負担となってしまい腰痛になってしまうのです。

妊娠初期に腰痛にならなかった人でも、妊娠後期でなってしまう人はこれが原因となります。

産後の腰痛

妊娠時に腰痛に悩まされなくても、出産後に赤ちゃんを長時間抱っこしたり、また赤ちゃんの体重を支えながら授乳したりすることは今までにない筋肉を使うので腰への負担が大きいです。

また育児によるストレスや睡眠不足も重なると自律神経が乱れ、それによって腰痛を引き起こしてしまうことがあります。

また妊娠中の腰痛が完治せず、出産まで長引いてしまった方はここで更に腰痛が悪化してしまうことも多いのです。

産前産後用の骨盤ベルトおすすめランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛を放っておくと

腰痛を我慢して放っておくと、痛みや歪みが悪化し椎間板ヘルニアや坐骨神経痛になってしまうことがあります。

椎間板ヘルニアとは背骨にある椎間板という軟骨が飛び出して神経を圧迫してしまう症状です。

激しい痛みや痺れが特徴的で重症になると咳や排尿時にも激痛が起こってしまいます。

また坐骨神経痛とは腰椎が坐骨神経を圧迫させることで起こり、おしりから足にかけてつっぱって痛みが走るのが特徴です。

産後であれば治療の方法はありますが、妊娠中であれば手術をすることや、強い痛み止めを飲むことが出来ないのでこれらの症状になればひたすら耐えることになります。

こうなると歩行が苦痛になり、松葉杖を使って歩くようになり、あるいは一日中寝ざるを得なくなってしまい生活に支障が出てしまいます。

骨盤ベルト

腰痛を改善するにはいくつか方法があります。

例えばストレッチをする、または入浴などで体をあたため血行をよくする。

またカルシウムやマグネシウム、ビタミンをよく摂取するなどです。

ですがこれらは継続してはじめて効果が出るもので、すぐに腰の痛みから開放されるわけではありません。

もし痛みで動くことが出来なくなり、生活に支障が出ている状況であればすぐにでも改善したいものです。

そんな時におすすめなのが骨盤ベルトです。

骨盤ベルトの効果は、骨盤を締めてくれることにあります。

緩んだ骨盤を締めてくれることにより、骨盤が安定し本来の正しい位置に戻りやすくなります。

その結果、周辺の靭帯や筋肉に負担をかけることがなくなり痛みが和らいでいくのです。

これは物理的なアプローチなので効果がすぐに期待出来るのが特徴です。

おすすめの骨盤ベルト

骨盤ベルトの種類

骨盤ベルトにはベルトタイプとガードルタイプと固定タイプがあります。

それぞれに特徴があり、また効果も違います。

ベルトタイプですが、こちらは妊娠中から使えるものが多く、締め付けが優しいので圧迫感が苦手な方でも使いやすいのが特徴です。

また腰痛や恥骨痛に効果があると言われています。

次にガードルタイプですが、こちらは履くタイプなので産後に着けるのが一般的です。

多くの下着メーカーから出ているので色や柄、長さなど種類が豊富なのが特徴です。

最後に固定タイプですが、こちらは産後の骨盤の固定やぎっくり腰などに効果があります。

出産でぐらぐらになってしまった骨盤をしっかり固定したい人に向いています。

自分のタイプによってこれらの種類を変えると、より効果が得やすくなります。

トコちゃんベルト2

産前 産後 トコちゃんベルトII 白 Lサイズ

数多くある骨盤ベルトの中からおすすめなのがトコちゃんベルト2です。

これは骨盤を前から後ろに支えるベルトで妊娠中から産後まで使うことが出来ます。

またサイズもSからLLまであり、妊娠・産後だけでなく腰痛緩和目的の方など多くの人が使うことが出来るのも嬉しいところです。

私自身も妊娠中から愛用していましたが、何より生地に伸縮性があり柔かいのが助かりました。

家事をする上でしゃがんだり、座ったりすることが多く、そんな時でも生地が柔らかいのでお腹に食い込んだりせず装着していることを忘れて生活が出来ました。

また装着方法も簡単なので、出かける前など限られた時間にすばやく装着出来ます。

何よりしっかりと骨盤を締めてくれるので、装着後すぐに腰の痛みは和らぎます。

値段は多少はりますがその分効果があり、また医療機関でも推奨されている商品なのでとてもおすすめの骨盤ベルトになります。

骨盤ベルトの注意点

すぐに腰痛緩和の効果が期待出来る骨盤ベルト。

しかし使用する上で注意しなければいけないことがいくつかあります。

まず自分にあったサイズを使用しているかとどうかということです。

自分に合わない小さいサイズを着用すると締め付けが強すぎることにより、腰回りの血管が圧迫され血行不良になることもあります。

また骨盤に無理な負荷を与えることになってしまい、腰痛を助長させてしまうこともあるのです。

きちんとサイズを測り、自分にあった骨盤ベルトを選ぶことが大事なのです。

次に注意しなければいけないのが、間違った位置で巻いてしまうことです。

正しい位置で巻かないと骨盤を締める効果が期待出来ません。

また妊娠中だと子宮を圧迫させると切迫流産の原因にもなってしまいます。

これはメーカーやベルトの種類によっても違うのできちんと説明書を読み、正しい位置に着けることが大切です。

次に使用時間についてです。

骨盤ベルトを装着するととても体が楽になります。

だからといって一日中着けていると骨盤を安定させる筋力が衰えてしまいます。

妊娠中は骨盤が緩むので多少長くても問題はありませんが、産後は注意が必要です。

徐々に骨盤ベルトを着ける時間を短くしていき、骨盤ベルトに頼らなくても平気な体を作っていかないと骨盤ベルトなしでは生活が出来ないようになってしまいます。

まとめ

妊娠中・産後に悩まされる腰痛。

しかしこれは決して我慢して耐えるものでなく、むしろ悪化する前に改善することがその後の生活にとっても大事なことのです。

そして現代は色々な緩和方法があり、骨盤ベルトというとても便利がグッズもあります。

腰痛対策に悩んだ時は、是非骨盤ベルトも視野に入れて活用して頂ければと思います。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 産前産後の骨盤ベルト