腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛改善に効果アリ? 「モットン」のマットレスが大人気!

   

腰痛にお悩みの方にとって、一日の1/3もの時間を過ごすマットレスは重要です。

安いから、寝心地がいいからという安易な理由でマットレスを選ぶと、腰痛を悪化させてしまうかもしれません。

腰痛でお悩みの方におすすめしたいのが「モットン」のマットレス。

快適で良質な眠りを得ることができると評判です。

腰痛とモットンのマットレスについてご紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛持ちの方は、どんな点に気をつけてマットレスを選ぶべき?

腰痛のある方は、寝ている間も腰に負担のかかりにくいマットレスを選ぶのがおすすめです。

では「腰に負担がかかりにくい」マットレスとはどんなものでしょうか。

体圧を分散してくれるものを選ぶ!

体圧分散とは、全身の体重が体の一か所にかかるのではなく、全身に分散している状態を指します。

体圧分散機能のないマットレスに横たわると、腰部にかかる負担は全体の約4割。

かなり大きな負担が腰部にかかるようになっています。

腰痛のある方がこのような状態で眠ると、朝の目覚めが悪く、目覚めてすぐに腰部に痛みや違和感を覚えるようになるでしょう。

ですから、全身の体重を腰部に集中させずに、上手く分散させてくれるマットレスがおすすめです。

寝返りが打ちやすいものを選ぶ!

人間は一晩に20回程度寝返りをうちます。

なぜ寝返りをうつことが重要かと言いますと、寝返りをうつことによって姿勢をかえ、血流やリンパの流れの停滞を防いでいるのです。

全身にくまなく血液が流れることで酸素や栄養を供給することができます。

また、不要な老廃物や疲労物質を排出することもできるので、前日の疲れを次の日に残しません。

ですから、血液やリンパの流れを停滞させないことは重要なのです。

また、寝返りをうつことで、日中に崩れた筋肉や骨格のずれを自然に矯正してくれます。

つまり寝ている間に自分で「整体」を行っているのです。

腰痛のある方にとってこれは特に重要。

寝返りが打ちやすいマットレスを選ぶというのは腰痛改善に大きく関係しているのです。

通気性の良いものを選ぶ!

マットレスによっては、非常に通気性の悪いものがあります。

このようなものを選ぶと熱が中にこもり、マットレスの温度が高くなってしまいます。

冬はいいかもしれませんが、夏などは体温も上昇し、非常に寝苦しさを感じることになります。

温度の高さも疲労の原因の一つとなり得るため、寝苦しさを感じたまま眠ると次の日に体がぐったりと疲れてしまいます。

また、余計な我慢は体に不要な力を加え、筋肉を緊張させてしまうため、腰痛を悪化させる原因ともなります。

腰痛のある方は、快適な眠りのためにも通気性の良いマットレスがおすすめです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

マットレスの硬さはどうする?

近年はポケットコイルマットレスよりもウレタンフォームを使用したマットレスが主流になってきました。

ウレタンマットレスには「低反発」と「高反発」のものがあります。

どちらもメリットデメリットがありますが、腰痛のある方にはどちらがおすすめと言えるのでしょうか。

低反発マットレスとは…

低反発マットレスとは、「反発力の弱い」マットレスのこと。

手で押しても跳ね返らず、そのまま圧を吸収してしまいます。

このタイプのマットレスは体を包み込むような優しい寝心地が人気の秘密。

体を横たえると、体がやさしく包み込まれます。

全身を包み込むようにフィットするので、体圧分散力に優れています。

優しい寝心地をお求めの方におすすめです。

高反発マットレスとは…

高反発マットレスとは「反発力の強い」マットレスのこと。

手で押すと跳ね返る力が強く、しっかりと支えます。

このタイプのマットレスは体を支えるようなしっかりとした寝心地がポイントです。

体を横たえると沈み込むことはなく、点で支えられているような感覚です。

体圧分散力は低反発のものに比べると、若干落ちてしまいますが、寝返りは打ちやすくなります。

硬めの寝心地をお求めの方におすすめです。

腰痛には低反発?高反発?

腰痛をすでにお持ちで、寝ている時の負担を軽減したいという方は、ほどほどの「高反発」マットレスがおすすめです。

「ほどほど」というのは、あまりに反発力が高いと本当にわずかな「点」で体を支えるようになり、血液やリンパの流れを阻害してしまうおそれがあるのです。

ですから、ほどほどに反発力が高く、体が沈み込みすぎないものを選ぶのがおすすめです。

低反発マットレスは体圧分散には優れていますが、体が沈み込むため寝返りがうちにくくなります。

また、温度変化に影響されるものが多く、蒸れやすいのもマイナスポイント。

低反発マットレスは、夏は柔らかく冬は固くなってしまいますが、高反発マットレスは一年通じて安定した品質をキープしてくれます。

モットンの高反発マットレスで、快適な睡眠を!

ほどほどに反発力があり、腰痛でお悩みの方におすすめなのが「モットン」のマットレスです。

モットンで採用されている高反発ウレタンフォームは、もともとNASAのために開発された素材です。

人の体温や体圧によって変化し、ベストな状態で体圧を分散してくれます。

また、モットンのおすすめポイントは「日本人のための」マットレスであるということ。

日本人の体型を研究し、日本人のためのマットレスを目指して製造されているのです。

ですから、腰痛でお悩みの方にとってはベストなマットレスということができます。

モットンってどういう意味?

「モットン」というブランド名の由来は英語の「moto(モットー)」です。

語源はイタリア語の「合言葉」という意味から来ています。

「もっともっと進化を続けるマットレスでありたい」という意味を込めて、日本語の「もっと」と掛け合わせ、「モットン」と名付けられたのです。

モットンは「日本人」を徹底的に研究し、日本人の体に最適なマットレスを生産し続けています。

マットレス モットン

日本人の体型を考慮して作られたモットンのマットレスは、体重別に体圧分散測定を行い、そのデータを基に100N/140N/170Nの3つの硬さがあります。

Nは硬度を表すもので、数値が高いほど硬くなることを表しています。

100Nは45kg以下の方、140Nは46kgから80kgの方、170Nは81kg~の方におすすめです。

自分の体重にとって最適な硬さのマットレスを選ぶことで、マットレスと体との接触面積が広がります。

接触面積が増えるほどバランスよく体圧が分散されるのです。

また、腰の部分のくびれの隙間の少なさも腰痛持ちの方にとっては重要です。

腰の部分のくびれに隙間ができるほど、腰部には負荷が大きくかかることになります。

適した硬さのマットレスを選べば、この隙間が小さくなり、全体でしっかりと腰部を支えることができるようになります。

体が沈み込みすぎないので寝返りが打ちやすく、血流やリンパの流れを妨げることもありません。

また、しっかりと熟睡できるので前日の疲れを残さず、すっきりと目覚めることができるのです。

通気性も良いので、熱気がマットレス内部にこもることがなく、快適な使用感が長く続きます。

90日の返金保証がついており、体に合わないと感じても返品することができます。

まとめ

日本人の体型を研究してつくられた「モットン」のマットレス。

高反発のウレタンフォームが、腰痛にお悩みの方の体を適度な反発力で支えてくれます。

体圧がきちんと分散されるため、腰部への負担は軽減。

また、寝返りが打ちやすいので次の日もすっきりと目覚めることができます。

体重に合わせて最適の硬さが選べるのも嬉しいポイントです。

残念ながら「モットン」には実店舗がないので、購入を検討される際は公式のHPをご確認下さいね。

モットンの高反発マットレスで、快適なベッドタイムをお過ごしください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団