腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛改善は寝具から!最適な敷き布団と注意点について

      2017/09/08

敷布団 3層ボリューム 厚み10cm ピーチスキン加工 シングル アイボリー

多くの人を悩ませる腰痛の原因には、敷き布団によるものも多くみられます。

敷き布団は、睡眠のために長く体を預けるものですから、不適切なものを選んだり、間違った使い方をしたりしていると、腰に大きな負担をかけることになります。

したがって、敷き布団について見直せば、腰痛を防ぐこともできるのです。

そこで、腰によい敷き布団や、腰痛改善のための注意点などを、詳しく説明していきましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

敷き布団で腰痛になる理由

柔らかすぎる

柔らかい布団というのは、体を包み込むような優しいイメージがあるので、腰痛対策には向いているように思えます。

しかし、柔らかすぎる布団は、体が深く沈んでしまうので、腰には悪い影響を与えるものです。

そのような状態になると、腰を中心に沈み込んでしまうため、背骨が曲がったような状態になります。

それが長時間続くと、腰に大きな負荷がかかってしまい、腰痛になるのです。

また、深く沈むということは、身動きがとりづらくなることでもあります。

腰痛を防ぐには、適度な寝返りが必要となりますが、動きづらい状態では、寝返りも少なくなります。

それにより、同じ姿勢でいる時間が長くなり、やはり腰に負荷がかかってしまうのです。

硬すぎる

硬すぎる敷き布団の場合は、体の自然な形が問題になります。

人間の体は、まっすぐにできているわけではなく、凹凸があるものです。

適度な柔らかさの布団に寝ると、この凹凸にぴったりフィットしてくれるので、体に余計な負担がかからず、快適に眠ることができます。

しかし、硬すぎる敷き布団で寝ると、体の凹凸にまったく対応できないため、腰のくびれのあたりに隙間ができた状態になります。

つまり、腰が反った状態に近くなってしまうのです。

そんな不自然な姿勢のままで長時間寝ていれば、腰が痛くなってしまうのも当然です。

柔らかすぎると体が曲がるということで、硬い布団を選ぶ場合もありますが、あまり度が過ぎると、逆に腰を痛めることになってしまうのです。

低反発

低反発とは、文字通り反発が低いことを指します。

布団がへこんだら、そのあとは元の形に戻る働きがありますが、低反発だと、この働きが小さくなります。

つまり、一度体の形にへこんだら、ゆっくりと時間をかけて元に戻るので、体にフィットした状態を長く保てるわけです。

これは、一見すると腰によい機能のように思えますが、柔らかすぎる布団と同様に、寝返りが少なくなるというデメリットがあります。

体にぴったりした形で固定されてしまうので、どうしても動きにくくなります。

また、この場合も、腰の部分がより沈み込んでしまうため、やはり背骨が曲がってしまいます。

低反発により、その姿勢が固定されてしまうと、腰にかかる負荷は大きく、腰痛になる可能性が高いです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト11ランキングはこちら

腰痛を改善できる布団とは

体圧分散

腰痛を改善するための敷き布団は、圧力が偏らないことが重要です。

腰にだけ強く負荷がかかっていると、どうしても腰痛になりやすくなってしまいます。

そこで、体圧を分散できる敷き布団が有効となるのです。

体圧分散ができる布団は、内側に凹凸があり、面ではなく、点で体を支えるという特徴があります。

これにより、体にかかる圧力をうまく逃がすことが可能なのです。

この機能は、仰向け以外の姿勢でもしっかり発揮されるので、いくら寝返りをうっても、姿勢が変わることで圧力が偏ったりはしません。

凸凹しているというのは、腰に悪いようなイメージがありますが、実際には、自然な体勢を保つことができるため、腰痛対策にはおすすめなのです。

高反発

腰痛改善には、体の圧力を一点に集中させないことが大切です。

そこで、高反発の敷き布団を使えば、反発によって圧力を逃がすことができるため、腰にばかり負担がかかることを防止できるのです。

低反発のように、腰が沈んだまま長時間固定されることはないので、自然な姿勢を保つことにもなります。

正しい姿勢で寝ていれば、腰に余計な負担がかかることはありません。

ただし、体重が軽い人の場合は、注意が必要です。

なぜなら、あまり軽いと反発で腰が浮いてしまい、逆に負荷をかける恐れがあるためです。

といっても、よほど軽い人でもなければ、多くの場合は特に問題ないので、腰痛に悩んでいるなら、ぜひ検討してみましょう。

せんべい布団は効果的なのか

硬すぎて腰に悪い

腰痛を改善できる布団として、「せんべい布団」が挙げられることも多いですが、これには注意が必要です。

せんべい布団が腰痛によいと言われるのは、体が不必要に沈み込むことを防止できるためです。

それにより、背骨が曲がっていない自然な姿勢を保つことができるため、腰痛を改善できるとされているのです。

しかし、柔らかさが少しもない完全なせんべい布団は、体の凹凸にフィットしないため、自然な姿勢どころか、腰が反った状態になってしまいます。

つまり、せんべい布団は硬すぎる敷き布団と同じで、腰痛を悪化させてしまうのです。

一時的になら効果あり

せんべい布団を敷く場合、長く使い続けるのは問題ですが、一時的には腰痛に効果を発揮する場合があります。

それは、完全に硬くなる前の、適度な硬さがある状態です。

腰痛を防ぐための敷き布団は、柔らかすぎても硬すぎてもいけませんが、せんべい布団が徐々に硬くなっていく過程には、その丁度よい状態が存在します。

その期間に使うことができれば、腰ばかり沈み込むこともなく、腰が浮き上がることもない、ベストな姿勢で眠ることができます。

しかし、その丁度よい状態を見極めるとなれば困難ですし、硬くなり過ぎれば逆効果となります。

そのため、腰痛改善をしっかりと行うのであれば、せんべい布団はあまりおすすめできません。

フローリングに敷くことは効果的なのか

硬さを跳ね返してしまう

腰痛改善の方法として、「フローリングの床に直接布団を敷く」という話がありますが、これは、腰痛を悪化させる恐れがあります。

フローリングのような硬い床だと、圧力が跳ね返ってしまうため、体にかかる負担が大きくなるのです。

これが畳だった場合は、圧力を吸収する働きがあるので、体に返ってくることは少なくなります。

しかし、フローリングは、そのような吸収がまったくできません。

さらに、寒い時期になると、フローリングの冷たさが伝わってくるため、腰を冷やすことになります。

冷えることも、痛みを悪化させる原因となるので、なるべく避ける必要があります。

そのため、フローリングに直接布団を敷くのは、腰痛改善には不向きなのです。

フローリングでも腰の負担を減らす方法

フローリングに布団を敷くのは避けるべきですが、どうしても敷かなければならないときは、いくつか対策があります。

まず、敷き布団を2枚重ねることです。

これにより、適度な硬さをつくることができ、フローリングからの跳ね返りが軽減されます。

せんべい布団のように硬い布団を使っているなら、ぜひこの方法で敷いてみましょう。

また、布団の下にマットレスを敷くのも、有効な手段となります。

マットレスも、適度な硬さがあるものや、体圧分散、もしくは高反発なものを選ぶと、腰痛改善にはより効果的です。

このように、布団を1枚だけ敷くことを避ければ、フローリングから伝わる冷気を抑える効果も期待できます。

まとめ

敷き布団で腰痛を改善するには、とにかく腰の負担を減らすことが大切です。

背骨が曲がった状態や、腰が反った状態など、無理な姿勢は、高確率で腰を痛めることになります。

それを避けるためには、なるべく自然な姿勢を維持できる布団を選びましょう。

そのような布団を使っていれば、腰の痛みも解消され、健康的な生活を送ることができます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団