腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛用クッションを上手に活用することで腰痛は改善されやすくなる

   

腰痛用のクッションを使用したことがありますか。

腰痛は一度起こってしまうことで、なかなか完治しにくくなります。

少しの運動で腰痛が悪化してしまうようなことがありますので、まずは腰痛を和らげることから考えるようにしましょう。

そのアイテムとして最適なのが腰痛用クッションなのです。

腰痛が悪化してしまうことを防いでくれます。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛の悩みを抱えている人の特徴

デスクワークが中心になっている

腰痛に悩まされている人は、実は年々増えている傾向にあります。

その理由の一つが、デスクワークを行う人が増えていることにもあります。

パソコンを使用して仕事をしている人は、今では当たり前のようになっていますので、長時間椅子に座って作業を行うために、腰痛になってしまうリスクが上昇してしまうのです。

こうした椅子に座っての作業が腰に大きな影響を及ぼしていると分かっていても、どうしてもデスクワークスをやめることができないと言う悪循環を及ぼしているケースが多いのです。

体の筋肉量の低下

また、腰痛になってしまいやすい人の特徴として、体の筋肉量が極端に低下してしまっている人が増えていることもあります。

とくにデスクワークを行っている人は、体を動かす機会が少なく体の割合に対して筋肉量が極端に低下してしまっているのです。

こうした状況を繰り替えてしまうことで、どんどんと腰痛は悪化していきます。

自分では意識をしているつもりでも、腰痛は悪化していき気が付いたときには慢性的な腰痛へと発展してしまうことがあるのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰痛を改善するには

体の筋肉量の向上

腰痛を防ぐためには、単純に体の筋肉量を向上させることが一番です。

とくに腹筋や背中の筋肉を付けることで、体を支えやすい体にさせることができ、大きな動きなどにも耐えることができるようになります。

しかし、この筋肉を増やすと言うことは既に腰痛になってしまっている人には効果はありません。

筋肉を増やすことはあくまでも予防と考えるべきであり、腰痛になってしまっている人がトレーニングなどを行うことで余計に慢性的な腰痛へと発展してしまうケースがあるのです。

つまり、既に腰痛になっている人は、まずはその腰痛の症状を緩和させて完治に近付けるようにすることが一番なのです。

腰痛をいたわることができるアイテムの使用

腰痛をまずは治すと言うことから考えるのであれば、腰痛をいたわることができるアイテムの使用を試みてみましょう。

一般的なアイテムであり、さらに効果がでやすい物と言えば腰痛対策ようのクッションなのです。

クッションはとてもシンプルな物であり、さらにとても効果的なアイテムだと言えます。

クッションの大きな役割は、体の隙間を埋めることです。

腰痛になってしまう原因として、体を支えることができない、いわゆる隙間部分が発生するからこそ腰痛になってしまうリスクが発生してしまうのです。

クッションを上手に活用して隙間を埋め、腰痛になってしまうリスクを軽減させていきましょう。

腰痛用のクッションの上手に使い方

体にフィットさせる

椅子に座ったときに違和感を覚えてしまう人は、多くの人が経験をしています。

この違和感とは、体に納まっていないと言う違和感なのです。

とくに、車の椅子に座ったときに感じやすく横揺れなどが起こる度に体に強い力が加わり長時間の運転の後は体がとても疲れてしまうと言うことになります。

これは単純に体にフィットしていないからこそ起こることなのです。

つまり、体にフィットさせ体を支えてあげることができれば、横揺れが起こっても踏ん張ることなく余計な力を使わないで済むのです。

しかし、体に完全にフィットしてくれる椅子を探すことは簡単なことではありません。

こうしたときには、体にフィットさせるために上手にクッションを利用してみましょう。

隙間部分にこのクッションを入れ込むだけでも、体の疲れは随分と軽減させることができます。

これは長時間のデスクワークでも同じことが言えるのです。

たったこれだけでも随分と大きな効果が現れますので、ぜひ試してみましょう。

腰痛用のクッションの選び方

自分の体系に合っているクッションを選ぶ

腰痛用のクッションを選ぶときには、まずは自分の体系に合っているかどうかを確認しましょう。

大柄の人は当然、小さなクッションではイメージ通りの効果を生み出すことは難しくなります。

また、小さなクッションでは沈み込み過ぎてしまいクッションとしての用途になってしまい辛くなります。

自分の体系に合わせて、できるだけしっかりと体を固定できるようなタイプを選ぶようにしましょう。

素材にも注目する

また、クッションに使われている素材にも注目して選ぶようにしましょう。

体にフィットさせるには、低反発の素材が良いと言えます。

適度な反発能力がありますので、体に隙間部分を上手に埋め込むことができます。

また、体を動かしてもフィットしてますのでずれにくく、常にイメージ通りの感覚で使用することが可能になります。

適度な反発能力は、腰に当てて使用することで正しい姿勢維持にも繋げてくれます。

おすすめの腰痛用クッション4選

ヘルスケア座布団

Jerrybox クッション 座布団 低反発 腰痛対策 人間工学設計 健康クッション ヘルスケア座布団 骨盤サポート オフィス 椅子用 車用

ヘルスケア座布団はその名の通り体のケアには最適な腰痛用クッションだと呼べる存在です。

お知りに敷いて使用するタイプですが、太ももなどにもフィットさせることができ体をしっかり固定してくれます。

また、メッシュ素材になっていますので夏場でも快適に使用し続けることができるようになっています。

比較的手に入れやすい価格なので、まずは腰痛用のクッションを試してみたいと考えている人にはおすすめです。

ボディドクターバックアップ

ボディドクター バックアップ 【100%天然ラテックスフォーム】 ブラック

ボディドクターバックアップは、体にさまざまな部分に使用することができるクッションです。

一般的な使い方としてはやはり腰回りに敷いて使用することが一番です。

適度な反発力は、デスクワークとしての椅子だけではなく、車の椅子にも使用することができます。

手軽に持ち運ぶことができますので、いつでもどこでも快適な座り心地にさせることができます。

どのようなクッションを選ぶべきか迷っている人はおすすめです。

BONFORM背当てクッション

ボンフォーム 背当てクッション クールメッシュ ブラック 爽快通気性タイプ 5543-08BK

BONFORM背当てクッションは、背中部分に凹凸があり、座る度にマッサージをしてくれているような感覚にさせてくれる腰痛用クッションです。

柔らか過ぎず、少し硬めになっていますので長時間の使用でもヘタルことなく使用することができます。

このクッションはさまざまな椅子のタイプに合わせることができるのが自慢です。

ランバーサポート低反発クッション

IKSTAR 低反発クッション ランバーサポート 腰楽クッション オフィス 椅子用 車用 背もたれ 背当て 体圧分散 気持ちいい腰枕 取付バンド調節可能 カバー洗える【メーカー直営・1年保証付】

ランバーサポート低反発クッションは、低反発のクッションが良いと言う人にはまさにベストな座り心地を得ることができるクッションです。

しっかりとした厚みがあり、適度な柔らかさがあるため、すぐに自分の感覚にフィットさせることができるようになります。

より自分の感覚に近い使い心地を得たいと言う人には、このランバーサポート低反発クッションは最高におすすめです。

まとめ

腰痛になってしまうリスクは、誰にでもあります。

さらにこの腰痛になってしまうタイミングは、実は椅子に座っているときに多いのです。

腰痛を和らげるために、または腰痛になってしまうリスクを少しでも防ぐためには腰痛用のクッションを上手に活用することをおすすめします。

上手に活用できれば、今まで辛かった腰痛も改善されやすくなります。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション