腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛防止に適した2つの商品を試してみませんか?正しい椅子の座り方やクッション選びも快適なチェアライフに大切です

   

【限定】パソコン デスク 鏡面 120cm 幅 60cm 幅 ラック スライドテーブル チェスト ブラック 日本製 JS18N-BK

パソコンの普及によりデスクワークする機会が多くなりましたね。

しかしそのことが腰痛につながっているのは現代ならではの特色です。

椅子の座り方が正しくないばかりに腰の痛みを悪化させている方向けの情報発信をしていきたいと思います。

あなたも正しい椅子の座り方をマスターして快適な日常を送りましょう。

腰痛対策のおすすめ椅子もお見逃しなく!

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

腰痛防止のための正しい椅子の座り方

椅子は便利ですが、座り方を間違えると腰痛を引き起こしてしまいます。

姿勢が悪い状態で長時間椅子に座っていると、腰に負担を掛けて慢性的な腰痛になりかねません。

とは言え、正しい椅子の座り方をすることで腰の痛みを和らげられるのです。

間違った椅子の座り方だと、骨格が筋肉や神経に過度な刺激を与えてしまいます。

そのことが腰回りの筋肉を疲れさせていき、筋肉の弱体化につながってしまうそう。

正しい椅子の座り方は、まずは座るときに前屈みでお尻を後ろの方に引けるだけ引きます。

次に顎を引いてから背筋を伸ばすので、普段から猫背な方はこの機会にピンと背筋を伸ばす椅子の座り方を身に付けましょう。

骨盤と背骨を直角にさせることで骨盤を固定させられるので、不自然な角度で筋肉などを圧迫せずに済むわけです。

踵を床にピッタリ付けて椅子に座ることでリラックスした姿勢にできます。

以上の椅子の座り方を定着させることができれば、だいぶ腰への負担が軽くなるのではないでしょうか。

12年間腰痛の私が絶対おすすめする腰痛によい椅子ランキングはこちら

スポンサーリンク

正しくない椅子の座り方が腰痛を招いて

座っている状態が最も腰への負担が大きいと言われています。

椅子に座ると股関節が曲がって腹筋が緩むので、背中や腰の筋肉、脊椎と椎間板で上半身の重さを支えなければいけないからです。

立っている状態の方が楽なのは、こうした理由が絡んでくるからなのでしょう。

背中を丸めたり肩肘を付いて座ると腰の痛みを招いてしまいます。

背もたれに寄りかかって骨盤が倒れた状態になるのもNG。

疲れを感じると背もたれに背中を預けたくなるのは分かりますが、腰痛悪化を助長させる行為であることを皆さんに知ってほしいです。

斜めに座るのも間違った椅子の座り方であり、机に対して体がまっすぐでないと腰への負荷の掛かりがアンバランスとなって腰痛の原因となります。

足を組むと体を歪ませてしまい、左右どちらかに重心が偏って姿勢が崩れてしまうようです。

何気に足を組んでいる方は、腰に過度な重心が掛かっていないか確認されることをおすすめします。

いずれの間違った椅子の座り方は腰椎への負担を大きくしてしまうため、その座り方に心当たりがある方は早めに直した方が良いでしょう。

椎間板ヘルニアや美尻対策にも使えて

第三世代ヘルスケア座布団は、椎間板ヘルニアの方にも有効で疲労や体のだるさを和らげます。

飛び出した椎間板で神経などを圧迫する症状であり、激しい痛みや痺れを伴わせる厄介な存在です。

だからこそ、先の座布団で椎間板ヘルニアによる腰への負担を少しでも和らげる対策が重要ではないでしょうか。

第三世代ヘルスケア座布団だと美尻に近づけてくれるため、腰痛防止を兼ねた美尻対策におすすめです。

特に女性はお尻の形が格好悪いと視線を気にしがちなので、その座布団で美尻になるための習慣を定着させるのが一般的になりつつあるかもしれません。

腰痛を解消しつつ美尻が手に入る夢のような話は、第三世代ヘルスケア座布団で叶えられるのではないですか?

女子にも気に入られてそうな座布団は、さぞ口コミで話題になっているでしょう。

適正な肘や膝の角度と猫背にならないのがポイント

皆さんは、椅子に座るときに肘と膝の置き方や姿勢に気を付けていますか?

腰痛を回避するには、肘と膝を90度に曲げて椅子に深く腰掛けるのがポイント。

肘を真っ直ぐにする際に、アームレストを置くことで肘が痛くならずに済むので実践する価値ありです。

その商品で肘が痛くなる問題が解消されれば、腰痛防止につながる正しい肘の置き方がし易くなるでしょう。

足を投げ出すような座り方だと腰に負担が掛かるため、膝を直角にするのが適切なのが理解できます。

椅子に浅く座ると猫背になりがちなので、椅子に深く腰掛けて背筋を伸ばすことを意識しましょう。

猫背だと背中のカーブが強くなってしまい、緩やかなS字カーブでなくなります。

S字カーブが保たれないと腰痛の原因となり、腰回りの神経や筋肉に激痛を伴わせてしまうようです。

そうならないための正しい姿勢が腰痛を未然に防ぐことにつながるでしょう。

椅子の高さを調整して高いパフォーマンスを発揮!

(OSJ)メッシュオフィスチェア メッシュチェア オフィスチェア OAチェア 上下左右可動式 ハイバック (ブラック)(MY)

机と肘が同じ高さならば正しい姿勢でデスクワークできます。

要は椅子の高さを調整することで、上記の最適な状態で作業が可能です。

椅子が高過ぎると肘と机が離れてしまうため、どうしても前屈みになりがち。

こうした問題点を解消するには、椅子の高さの見直しが肝心です。

足が浮かないように椅子の高さを調節することも大切であります。

足を床に付くために必要なことだからであり、足の疲労を防ぐばかりか背中を真っ直ぐにさせて腰の負担を和らげられるとのこと。

高いパフォーマンスでデスクワークをするには、以上の点に留意した椅子の座り方が多くのサラリーマンやOLに欠かせないのではないでしょうか。

椅子に座りながらできる腰痛解消ストレッチとは?

椅子に座りながら簡単にできる腰痛解消ストレッチを見ていきましょう。

まずは背筋を伸ばしてなるべく肘が体の真横になるように動かします。

スタンダートポジションと呼称されている姿勢でして、その姿勢から息を吐きながら背中を丸くする際は、お腹に視線が向くように意識するのがコツです。

背中を丸くした状態から息を吐きながら、胸を開く感じで後方に反ります。

スタンダートポジションから息を吐きながら体を右側に倒すときに、左の側面が伸ばされているのか確認すると尚良いです。

反対側も先と同様のストレッチをします。

スタンダートポジションから右側に体を捻りますが、息を吐きながら行うことをお忘れなく。

反対側も同じことを繰り返して、体を捩じれるところまで捻ります。

以上の腰痛解消ストレッチは僅か3分でできるので、ちょっと暇ができたときなんかにすぐに実践できておすすめです。

第三世代ヘルスケア座布団

椅子用の座布団やクッションは腰痛予防になりますが、使い方と選び方を誤ると思った通りの効果が表れないことに注意してください。

低反発クッションは腰にフィットして心地良い座りを可能にしますが、形崩れのデメリットがあるので長時間の使用には適していません。

そこでおすすめなのがIKSTARの第三世代ヘルスケア座布団でして、腰痛の原因である悪い姿勢を正してくれるそうです。

体圧を分散させて体を軽くするので、腰痛防止に大きな効果を発揮してくれそうではないでしょうか。

痔や前立腺炎などでお悩みの方にもご使用いただけますので、腰痛以外でも気軽に使用できます。

柔らかいメッシュなので、長い間座ったとしても蒸れることはありません。

その上座り心地が良いため、気付けば何時間も座布団で座っていたなんてこともありがちですよね。

バックサポーターエイト

MOGU バックサポーターエイト (RBL ロイヤルブルー) 010363

腰痛対策向けの椅子をお求めの方は、極力安い椅子を選びたいですよね。

でしたらMOGUのバックサポーターエイトがおすすめでして、8の字を象ったクッションが背中や腰とお尻を支えます。

お値段は楽天市場だと3,024円で税込み価格と手頃ですが、送料は別に掛かることをご了承ください。

一番下の大ボリューム部分を背中に当たるようにすることで、楽な姿勢にできます。

腰に優しいクッションなので良い姿勢を維持し易いです。

これといった腰痛対策が見つけられていない方は、この機会にバックサポーターエイトを試してみてはいかがですか?

商品が8の字なので、横に倒すと無限を表す∞の記号になります。

ということは、永遠の腰の負担軽減を願って作られた縁起担ぎの商品でもあるかもしれませんね。

そんな制作者の想いが込められたクッションは、多くの腰痛で悩める方の支えになっているでしょう。

まとめ

オフィスチェア 170度リクライニング ハイバック メッシュ ブラック

椅子は生活や仕事で広く使われる物ですが、扱い方を誤ると腰へのダメージが尋常ではない諸刃の剣に姿を変えてしまいます。

ですが、ここでお伝えした正しい椅子の座り方や腰痛対策に特化した椅子を活用することで、腰痛リスクの軽減につなげられるのではないでしょうか。

あなたの腰にも平穏な日々が訪れますように…。

その願いを乗せてこの記事を執筆したことは、大変有意義なことだと私は感じました。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 椅子