腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛 マットレス 医学博士の三層構造マットの魅力を紹介!

   

腰痛になってしまえば、椅子に座った時だけではなく、マットレスで横になった時でも腰が痛く感じてしまいます。

椅子で座っている時に腰が痛くなる事はクッションを利用して、対策を講じる事はできますが、マットレスでは対策を講じる事が難しくなっています。

そのため、腰痛の方は最初のうちから腰にかかる負担を軽減できるマットレスを利用したほうが良いのです。

そこで、おすすめしたいのが『腰痛 マットレス 医学博士の三層構造マット』です。

このマットレスは、腰痛でも利用しやすいように作られているので、詳しく紹介します。

https://item.rakuten.co.jp/vivian1616/sansoumat03/

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛 マットレス 医学博士の三層構造マットの特徴

本製品には注目すべきポイントが4つあって、それが、体圧分散・保温性・耐久性・コストパフォーマンスです。

そこで本製品を詳しく知りたい方のために、この4つのポイントについて紹介するので、参考にしてみて下さい。

体圧分散

腰痛の方がマットレスで横になった時に、腰が痛く感じてしまうのは、腰が沈み込んでいる可能性が高いです。

なぜなら腰は身体の部分でも重くなっているほうなので、マットレスに沈み込みやすくなっているのです。

そこで本製品は、体圧を分散できるようになっていて、腰が沈み込みづらくなっています。

そのため腰が沈み込んで、腰に体圧が集中するようなマットレスを利用している方は、本製品を検討してみる価値があります。

保温性

腰痛でも利用しやすいマットレスは、腰が沈み込みづらい商品が多くなっている事から、体圧分散ばかりに注目してしまう方は多いかもしれません。

所が、マットレスの寝心地も腰痛と大きな関係があって、寝心地の悪いマットレスを利用していたら、腰痛が悪化する可能性があるのです。

実際に、寝心地を左右するもので、マットレスの『保温性』が挙げられます。

保温性が優れていないマットレスを利用したら、腰が冷えてしまって、血行不良になる事から疲労物質が溜まってしまうケースがあるのです。

所が、本製品はシーツを利用する事によって、暖かくなりやすいので、腰が冷えづらくなっています。

耐久性

腰痛でも利用しやすいマットレスを購入したのに、利用していくうちに腰が痛くなってしまうケースもあります。

このようなケースが起きてしまうのは、マットレスがへたってしまった可能性が高いです。

実は、マットレスはへたってしまえば、腰が沈み込みやすくなるので、腰痛が悪化しやすいのです。

所が、本製品は8万回もの耐久テストクリアするほど耐久性が優れているので、へたりづらくなっています。

そのため、長い間に渡って使用できるマットレスを探している方にも、本製品はおすすめです。

コストパフォーマンス

本製品は腰痛でも利用しやすいマットレスなので、高額なイメージを抱いた方は多いかもしれません。

所が、本製品は、楽天市場では送料無料で税込価格10,265円で購入する事ができるのです(2017年12月18日時点)。

実は日本国内で販売されているマットレスの中には、5,000円前後で販売されいてる商品もあれば、100,000円を超えてしまう高額な商品まであるのです。

そのため、本製品は格安というほどではありませんが、コストパフォーマンスは高いほうなので、お買い得な商品になっています。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするマットレス・敷布団ベスト16ランキングはこちら

腰痛の方が抑えておくべきポイント

本製品は腰痛でも利用しやすいマットレスと言っても、腰痛の方はいくつか抑えておくべきポイントがあります。

もしも、何も知らないで本製品を利用したら、腰痛が悪化する可能性もあるので、どのようなポイントを抑えれば良いのか紹介するので確認してみて下さい。

就寝前

腰にかかる負担を軽減できるマットレスを利用していても、良質な睡眠を確保しなければ、腰痛が悪化する可能性があります。

そのため良質な睡眠を確保するために、就寝前は食事をするタイミングに注意しなければいけません。

寝つきの悪い方は食事をした後に、時間が経たないうちに寝てしまう方はいるかもしれません。

確かに食事をした後は満腹感から眠りやすくなりますが、食事をしてから時間をが経過しないうちに寝てしまえば、睡眠中に胃が消化活動を行なってしまいます。

そのような事になれば睡眠の質が低下してしまうので、食事をしてから、最低でも1~2時間後に眠るようにして下さい。

仰向け

腰痛になっている方は、腰にかかる負担を軽減するために、横向きで寝たくなるかもしれません。

確かに横向きで眠れば腰にかかる負担を軽減できるケースはあります。

しかし横向きで寝ている時間が長引いてしまえば、同じ身体の部分が下のほうになってしまうので、身体に歪みが生じてしまいます。

そのような事になれば、身体の歪みが腰に悪い影響を与えてしまうので注意しなければいけません。

そのため、腰痛の方は腰にかかる負担を軽減できるマットレスを利用しながら、仰向けを意識して寝たほうが良いです。

良質な睡眠を確保するメリット

腰にかかる負担を軽減できるマットレスを利用したら、良質な睡眠を確保しやすくなります。

実際に良質な睡眠を確保できれば、いくつかメリットを得る事ができるので、詳しく紹介します。

身体の疲れを軽減

私たち人間は、眠る事によって身体の疲れを取っているので、良質な睡眠を確保できなければ、身体に疲労が溜まってしまいます。

なぜなら良質な睡眠を確保しなければ、睡眠時間が足りていても、睡眠不足に陥ってしまうからです。

そのため、デスクワークをしている方や、重い物を持ち運ぶ仕事をしている方たちは腰に疲労が溜まりやすいので、良質な睡眠を確保しなければ腰痛が悪化しやすいのです。

そのような事を考えたら、良質な睡眠を確保する事は大きなメリットがあります。

肩こり対策

デスクワークをしている方は、腰に疲労が溜まるだけではなく、肩にも大きな疲労が溜まっています。

なぜならデスクワークの方は長い時間に渡って、同じ姿勢を続けているので、肩が緊張状態に陥りやすいのです。

肩と腰はあまり関係がないように感じてしまう方は多いかもしれませんが、実は肩こりになったら、腰にまで悪い影響を与えるケースがあります。

実際に腰から首まで背骨はつながっているので、肩こりに悩まされやすい方は、腰痛が悪化しないうちに良質な睡眠を確保する事は重要です。

免疫力が低下

良質な睡眠を確保できなければ、健康面で様々な悪影響があって『免疫力』が低下するケースまであります。

もしも免疫力が低下したら、インフルエンザにかかりやすくなるので注意しなければいけません。

インフルエンザになった場合には、1週間前後は発熱に苦しめられて、歩く事も困難になってしまいます。

さらにインフルエンザが原因になって腰痛が悪化するケースまであるので、良質な睡眠を確保する事は大きなメリットです。

利用者たちの満足度

本製品は魅力的なポイントが多いマットレスなので「本当にそこまで魅力的なマットレスなのだろうか」と半信半疑になったかもしれません。

所が、本製品を利用している方たちは、多くの方が本製品について満足しているのです。

実際に本製品を利用してから、腰にかかる負担を軽減できているように感じて、利用しやすくて満足している方が何名もいました。

そのため、腰痛に悩まされて寝つきが悪くなった方は、1度でも良いので本製品を試してみる価値があります。

まとめ

本製品は腰痛でも利用しやすくなっている上に、耐久性まで優れているマットレスです。

そのため長い間に渡って利用できるのは確かですが、使用方法に注意しなければ短期間でマットレスがへたってしまう可能性があります。

実際に、マットレスの利用期間を伸ばしたい場合には、重くなっている腰を支える部分を変える方法がおすすめです。

そうすればマットレスはへたりづらくなるので、本製品を購入した場合には試してみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - マットレス・敷き布団