腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子の魅力や口コミを紹介!

   

タンスのゲン 座椅子 ゲーム座椅子 低反発 リクライニング メッシュ 肘掛け バディー ビビッドピンク 16210002 PD

ローソファーは、洋室だけではなく和室でも合いやすい家具になっています。

しかし腰痛に悩んでいる方は、ローソファーに座るだけで、腰に痛みを感じてしまいます。

そこで、おすすめなのが『腰痛 ローソファー リクライニング座椅子』です。

このローソファーは、腰痛の方でも利用しやすい機能が備えられているので、腰痛に悩んでいる方のために詳しく紹介しましょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子の特徴

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、腰痛の方でも利用しやすいだけではなく、デザインも優れているローソファーです。

そこで腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を詳しく知りたい方のために、このローソファーの特徴について紹介するので、確認してみて下さい。

S字ラインの背もたれ

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子の特徴として、背もたれが『S字ライン』になっている事が挙げられます。

実は、腰にかかる負担を軽減するためには『S字ライン』をキープする事が重要なのです。

このS字ラインとは、真横から背筋を見た時にS字のように見える姿勢を指します。

その姿勢は、腰から背中にかけてお腹側に曲がって、背中から肩にかけて背中側に曲がって、肩から首にかけてお腹側に曲がる姿勢です。

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、そのような姿勢をキープしやすい形状になっているので、腰痛に悩んでいる方にはおすすめのローソファーです。

リクライニング

腰痛の方がローソファーに座ろうとしたら、背もたれの角度が身体に合わなかったら、腰に大きな負担をかけてしまいます。

所が、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子はガス圧レバー式で『リクライニング』が無段階に調節可能になっているのです。

そのため、あなたの身体に合う角度まで、背もたれを調節する事ができるのです。

さらにガス圧レバーは座面のすぐ近くにあるので、座っている時でも簡単にリクライニングする事ができます。

優れた通気性

意外に思う方は多くいるかもしれませんが、ローソファーにもダニが繁殖しやすくなっています。

そのため、通気性が優れているローソファーを使用する事が重要です。

なぜなら通気性が優れていれば、ダニが繁殖しづらいからです。

実際に腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、通気性が優れている『メッシュ素材』を使用しているので、暑い夏場の季節でも利用しやすくなっています。

もしも通気性が悪ければ、お尻がムレてしまうので通気性が優れているローソファーを探している方には、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子はおすすめです。

6種類のカラー

腰痛の方でも利用しやすいローソファーでも、あなたの気に入るデザインがなければ、購入したくないでしょう。

所が、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は落ち着いたツートンカラーになっているので、多くの方から好まれやすいデザインと言えるでしょう。

さらに腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、6種類もカラーバリエーションが用意されていて、ブラック&レッド・ブラック&ブルー・ブラック&グレー・グリーン&ベージュ・ブラウン&ベージュ・レッド&ブラックなどがあります。

ここまで数多くのカラーが用意されているので、あなたの好みに合うカラーを見つけられる可能性は高いでしょう。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめするソファランキングベスト5はこちら

S字ラインをキープする重要性

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子はS字ラインをキープしやすくなっていますが、S字ラインをキープする重要性が分からない方も多いでしょう。

そこでS字ラインの重要性を紹介するので、それが分かれば、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を利用する重要性も分かるはずです。

歩行する際の衝撃

S字ラインは、腰と肩の所が大きく湾曲しているので、この2箇所がバネの役割を果たしています。

そして腰のバネは、歩いている際に、地面に足を着地した時の衝撃を和らげる事ができるのです。

そのため、腰の部分の曲がり方が変化してしまえば、バネの役割を果たせなくなります。

実際に骨盤が傾いてしまえば、猫背もしくは反り腰になるケースがあるので、腰痛になる時があります。

このような姿勢になれば、腰がバネの役割を果たしづらくなるので、S字ラインをキープする事は重要です。

首と腰の関係

首の所もバネのような役割を果たしていて、頭部の重さに耐えられるようになっています。

実際に、私たち人間の脳は大きくなっているので、頭部を支える事は重要なポイントです。

多くの方は、首と腰は位置が離れているので、関係がないように考えてしまうかもしれません。

所が、首と腰は筋肉や背骨でつながっているので、首周辺で疲労物質がたまった場合には、腰にも悪い影響を与えてしまうのです。

そのため、首も重要なポイントになるのです。

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は首も支えられるように、ハイバック仕様になっているので、S字ラインをキープしたい方には重要なポイントでしょう。

注意すべきポイント

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、腰痛の方でも利用しやすいように作られていますが、残念ながら注意すべきポイントもあるので詳しく紹介しましょう。

座面の高さ

座面が高くなっているソファーであれば、腰にかかる負担は大きくありませんが、ローソファーは座面が低くなっています。

そのため、低い位置から立ち上がろうとすれば、腰にかかる負担が大きくなってしまうので注意しなければいけません。

実際に、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子の座面の高さは、約14cmになっています。

そのため腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を利用する際には、立ち上がる際に、腰に負担をかけてしまう事は覚えておきましょう。

ダニ対策

ソファーはダニが繁殖しやすいので、ダニによる被害には注意する必要があります。

日本には、様々なダニが存在していて、その中でも注意すべきダニが『ツメダニ』です。

このツメダニは、私たち人間を刺す事があるので、腰痛 ローソファー リクライニング座椅子でツメダニが繁殖している状態で、短パンを履いていたら足を刺される可能性が高いので注意しなければいけません。

利用者たちの満足度

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は魅力的なポイントだけではなく、注意すべきポイントもあったので、このローソファーを購入するべきか悩んでしまった方は多いでしょう。

そこで腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を利用している方たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

否定的な口コミ

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を使用していたら、利用を始めてから1年後にローソファーが故障してしまうケースがありました。

そのため腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、耐久性はそれほど高くないローソファーと言えるので、使用方法には注意したほうが良いです。

そして腰痛 ローソファー リクライニング座椅子に座ってみたら、お尻にクッションが当たらなくて、不満を抱いている方もいたので注意して下さい。

好意的な口コミ

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子を利用している方で、座り心地が良くて満足している方もいました。

お尻にクッションが当たらなくて不満を抱いている方もいましたが、このように座り心地に満足している方もいるので、使用感に関しては個人差があるローソファーと言えるでしょう。

そして腰痛 ローソファー リクライニング座椅子のデザインに満足している方もいて、この辺りは6種類もカラーバリエーションが用意されているのが効いているのでしょう。

まとめ

腰痛 ローソファー リクライニング座椅子は、無段階にリクライニング調節できるので、腰に負担を軽減できる角度まで背もたれを調節できます。

そのため、腰痛に悩んでいる方には魅力的なローソファーと言えるでしょう。

ただしローソファーは座面が低い位置にあるので、腰に負担をかけるので注意しなければいけません。

そのような問題点もありますが、S字ラインの背もたれになっているのは、注目すべきポイントと言えます。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - ソファ