腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝を強くしよう!エアロバイクが膝痛の予防や軽減におすすめな理由とは?

   

IPO フィットネスバイク スピンバイク エクササイズバイクトレーニングバイクサイクルトレーニングバイクエアロバイクスピナーバイクスピニングバイクルームバイク 室内用小型サイズで本格トレーニング!自宅でスポーツジムと同じトレーニングが出来る!

膝が弱いと膝を痛めやすくなります。

それは、膝は自分の体重を支えているからです。

そのため、膝周辺の筋肉を鍛えて膝を強くすることが膝痛の予防、軽減になります。

筋肉を鍛えるには運動をする必要がありますが、運動の中でもおすすめしたいのがエアロバイクになります。

それでは、なぜ膝痛の予防や軽減にエアロバイクがおすすめなのでしょうか?

ここでは、そのことについて詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

エアロバイクはランニングよりも膝に優しい

一般的な膝痛の予防や軽減、改善には運動をすることが大切になります。

膝痛の保存的治療の一つとして、運動療法というのがあるくらい運動は膝痛の治療になります。

ですが、運動といっても、膝にかかる負担が少ない運動を行うことが大切になります。

それは、運動によって膝を痛めたら本末転倒になるためです。

そして、膝にかかる負担が少ない運動はエアロバイクになります。

膝痛の予防や軽減にはエアロバイクがおすすめになりますが、では、なぜエアロバイクは膝にかかる負担が少ないのでしょうか?

ランニングのような着地の衝撃がないこと

ジョギングやランニングは、着地の際、地面からの衝撃を受けることになります。

その衝撃は膝にも伝わり、膝には大きな負担がかかってしまいます。

そのため、硬いアスファルトの上でジョギングやランニングを毎日行うと、膝を痛めやすくなります。

それに対してエアロバイクは、ペダルの上に足を置いてペダルを回すため、ジョギングのような負担がかかりません。

そのため、エアロバイクはジョギングよりも膝に優しい運動といわれています。

エアロバイクは膝に優しいので、怪我で故障中の方やリハビリなどのトレーニングとしても利用されています。

エアロバイクでは膝が伸びきらないこと

膝が伸びきるような運動は膝を痛める原因となります。

しかし、エアロバイクは膝が伸びきることはないので、膝に余計な負担がかかりません。

ですが、サドルを高くし過ぎると、ペダルを一番下まで踏み下ろした際に膝が伸びきってしまうので、自分に合ったサドルの高さに調節することが必要になります。

痛みなどのトラブルが起きてもすぐに対処できること

エアロバイクには、もう一つ膝に優しい理由があります。

それは、痛みが起きた時、すぐに対処することができることです。

ジョギングやランニングでは、遠くの方まで走ってしまうと、脚を痛めた時すぐに対処することができません。

治療を行うには、痛みを我慢して家まで戻る必要があります。

ですが、エアロバイクは室内で行うため、何かトラブルが起きた時でもすぐに治療を行うことができます。

このことは少し意味が違ってくるかも知れませんが、エアロバイクが膝に優しい理由の一つになるかと思います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

エアロバイクは膝周辺の筋肉を鍛えることができる

エアロバイクが膝痛の予防や軽減に最適な理由の一つとして、膝周辺の筋肉を鍛えることができるということが挙げられます。

膝周辺の筋肉は膝をサポートしているため、その筋肉が弱いと膝にかかる負担は大きくなります。

そのため、膝周辺の筋力が弱いと膝を痛めやすくなります。

では、膝周辺の筋肉とは具体的にどの部分のことを指しているのかというと、太腿やふくらはぎなどの筋肉になります。

太腿やふくらはぎはエアロバイクで効率的に鍛えることが可能なため、エアロバイクは膝痛の予防や軽減におすすめになります。

エアロバイクの効果的な漕ぎ方

エアロバイクは、何も考えずに漕いでいるだけでも筋肉を鍛えることはできます。

ですが、ただ漠然とエアロバイクをするのは効果的とは言えません。

どうせやるなら効果的に行うべきです。

エアロバイクの漕ぎ方を工夫することにより、効果的に鍛えることが可能となるので、工夫して漕ぐようにしましょう。

その工夫とは、ペダルを踏み下ろした足を、上に持ち上げることを意識することになります。

多くの人はペダルを回す時に、ペダルを踏み下ろすことだけ意識するかと思います。

ですが、踏み下ろすだけでなく、一番下にきたペダルを上に持ち上げるようなイメージをして漕ぐと、太腿を効果的に鍛えることが可能となります。

この漕ぎ方は、慣れないと難しく感じるかも知れません。

そのため、少しずつペダルを上げるようなイメージをして行うと良いでしょう。

そして、ふくらはぎを効果的に鍛えるには、ペダルを漕ぐ時につま先を使うことを意識することになります。

つま先を使うのを意識することによって、ふくらはぎの筋肉をしっかりと使うことができるので、ふくらはぎを効果的に鍛えることが可能となります。

ふくらはぎが意識しにくいという方は、つま先で漕ぐようにすると良いでしょう。

その際、軽い負荷で行うことが大切になります。

エアロバイクは軽い運動もできる

エアロバイクは軽い負荷でゆっくりと漕ぐこともできるので、無理のない運動をすることが可能となります。

もちろん、負荷を重くしたり、ペダルを速く回したりして激しい運動をすることも可能ですが、エアロバイクは自分の体力に合わせて行うことができるのがメリットとなっています。

膝痛の運動療法としてエアロバイクを行う場合、辛く感じるくらい激しい運動をすると、逆に膝痛を悪化させてしまいます。

そうなっては本末転倒となるので、運動療法では無理をしないで適度に運動をすることが大切になります。

エアロバイクは、負荷を軽くしてゆっくりとペダルを回して運動をすることもできるため、膝痛の軽減や改善にも向いているものになります。

エアロバイクは続けやすい

エアロバイクの最大のメリットは、続けやすいことになります。

では、なぜ続けやすいのかというと、「ながら運動」をすることが可能だからです。

エアロバイクは室内で行うため、テレビを見たり、音楽を聞いたり、本を読んだり、ゲームをしたりしながら行うことが可能となっています。

そのため、飽きることなくエアロバイクを行うことができます。

エアロバイクはペダルを漕ぐだけの単純作業なので、途中で飽きてしまう方もいるかと思います。

そのような方は、何かをしながらエアロバイクを行うと良いでしょう。

そうすることによって、毎日エアロバイクを継続しやすくなります。

エアロバイクが続けやすい理由は、まだ他にもあります。

それは、天候に左右されないことや、周りを気にする必要がないことです。

エアロバイクは室内で行うので、雨が降っても、雪が降っても、台風がきても関係ありません。

そして、自宅にエアロバイクがある人は、人に見られるのが恥ずかしい服装でも気軽に行うことができます。

これらのことから、エアロバイクは続けやすい運動と言えます。

膝痛の予防や軽減や改善には継続することが大切

膝の痛みを予防、軽減するには、膝周辺の筋力を強くする必要があり、筋力を強くするには運動を継続することが必要になります。

筋肉は、1回運動しただけでは強くすることができません。

筋肉だけでなくダイエットや勉強などでも当てはまることになりますが、毎日継続することによって効果を得ることができます。

そのため、1回しかやらなかったり、三日坊主で終わったりしては筋肉を強くすることはできません。

したがって、エアロバイクによる運動は継続して行うことが大切になります。

ですが、無理はしないようにしましょう。

無理をすると、逆に膝痛を悪化させてしまうので注意しましょう。

また、定期的に運動を休む日を設けることも大切になります。

まとめ

以上のことから、膝痛の予防や軽減や改善にはエアロバイクがおすすめになります。

ジョギングよりも膝に優しいといわれているエアロバイクでも、漕ぎ方が悪かったり、サドルの高さが合っていなかったり、無理をしたりすると膝痛を悪化させてしまうので注意しましょう。

それと、膝に痛みのある方や脚を太くしたくない方は、エアロバイクの負荷は軽くして行うようにすると良いです。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ