腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝下にクッションを挟んで寝ると腰痛が改善する理由とは?

      2017/09/08

勝野式 RAKUひざクッション レッド

腰痛対策の方法としてよく、膝下にクッションを入れるという方法を聞くことがあります。

でも、膝の下にクッションを入れると、何が腰痛に対して効果的になるのでしょうか?

その理由が分からないと、いまいちやる気にならないという方も多いのではないでしょうか?

そこでここでは、ひざ下にクッションを入れて寝ると腰痛が改善する理由について紹介します。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

腰が浮きづらくなる

膝下にクッションを入れて寝ると腰痛が改善する理由は、意外とシンプルなものです。

それは、腰が浮きづらくなるからなのです。

寝ている間に腰痛になる人には、色々なパターンがあります。

たとえば寝返りが出来ないからとか、あるいは腰がしずみすぎてしまい、そのせいで腰のあたりにすごく体重の負荷が掛かるようになってしまうからとか、そんな風に色々な理由があります。

そしてそんな色々な理由の中に、腰が浮いてしまうから腰痛になるというものがあるのです。

仰向けに寝ていると、お尻のあたり、いわゆる腰のつけ根のあたりはしっかりとマットレスや布団につくことになるでしょう。

そして、肩甲骨のあたりもしっかりとマットレスや布団には付きます。

でも、その間であるちょうど腰のあたりは意外と浮いてしまったりしていることが多いです。

膝の下にクッションを入れて仰向けで寝ると、そのおかげ腰がやや曲がるようになり、そうした腰の隙間が少なくなるのです。

ということはつまり、腰にかかる負担が少なくなるということであり、腰痛に効果的になるということになります。

隙間があると腰への負担は大きくなる

腰とその下のマットレスや布団の間に隙間が空いてしまっていると、その分だけ体重の重力をそこに強く感じるようになります。

腰がしずんでいる時にも、腰には体重の圧力をズンと感じることになりますが、腰が浮いている時には、またそれとは違う圧力が腰に掛かるようになるのです。

いうなれば空気椅子のような状態になるのです。

それはやはりツラいでしょう。

しかも睡眠時間と言うのは、だいたい6時間とか7時間とかになりますから、その分だけずっとその負荷が続くことになります。

それでは腰痛になるのも当然と言えるでしょう。

だから、そうならないように腰にクッションを入れるのです。

腰にクッションを入れると腰痛が改善するということには、こうした理由があったのです。

スポンサーリンク

12年間腰痛の私が絶対おすすめする椅子用クッションベスト11はこちら

寝返りがしやすくなることもある

腰の下にクッションを入れることで腰痛が改善するということの一番の理由は、寝返りがしやすくなるからだと言えるでしょう。

でも、腰に下にクッションを入れることによる腰痛に対しての良い効果は、実はまだ他にもあります。

それが、寝返りがしやすくなるということです。

寝返りがしやすくなれば、その分だけ腰にかかる重力を適度に分散できるようになります。

そしてさらに、ずっと同じ体勢でいて、筋肉が縮こまってしまう事を避ける事が出来るとも言えます。

寝ている間に寝返りが出来ないと、どうしても同じ体勢でいることになりますから、その分ずっと腰に体重がかかることになりますし、さらに筋肉も固まることになります。

だから、そのせいで痛みを感じてしまうのは当然となります。

それを防ぐためには、やはり寝返りをするしかないのです。

なので、膝の下にクッションを入れて寝返りがしやすくなるというのは、すごく大きなメリットだと言えるでしょう。

でも、なぜ膝の下にクッションを入れると寝返りがしやすくなると言えるのでしょうか?

膝が倒れることで引っ張られるから

それは至極シンプルな話です。

膝がしっかりと伸びている時には、寝返りをする時に指針となるものがありません。

なので、肩と腰を同時に動かして、それで動こうとして動いていくしかなくなるでしょう。

でも、膝の下にクッションを入れる、つまり膝を立てていたらどうでしょうか?

膝を立てているのですから、そのまま左や右にその膝が倒れてしまう事もあるでしょう。

そうして膝が倒れれば、それにひっぱられて寝返りが出来るようになります。

だから、膝の下にクッションを入れると寝返りがしやすくなると言えるのです。

またその状態で寝返りをしていけば、寝返りをした後にも、膝には力を入れやすい体勢にあると言えるでしょう。

ということは、そこからさらに寝返りをしていくときにも、より寝返りがしやすくなるということになります。

そうして寝返りができれば、ぐっと腰痛も楽になるでしょう。

二つの理由で腰痛が改善するから効果的

膝の下にクッションを入れることは、以上のような二つの理由で腰痛に効果的だと言えます。

この、腰痛に効果的な理由が二つあるということがすごく意味があるのです。

腰痛の原因ははっきりしない事が多い

世の中に腰痛の人はたくさんいるでしょうが、その中で自分の腰痛の原因がこれだとはっきりわかっていて、しかもその理由が間違えていない人がどれだけいるでしょうか?

なんとなく思い当たる節がある人はたくさんいるでしょうが、その理由が正しくあっている人はあまりいないでしょう。

そうしてその理由があまりあっていないということは、自分ではただしく対処できているつもりでも、その対処法は全然効果的ではないということになります。

だからこそ、膝下にクッションを入れることの様に幾つかの腰痛の原因に対策出来る方法が効果的だと言えるのです。

膝下にクッションを入れる方法では、腰が浮いてしまうということと、寝返りがあまり出来ないということの二つの腰痛の原因にアプローチができます。

だから、自分では腰痛の原因は腰が浮いてしまうことだと思っているけど、実は本当の腰痛の原因は寝返りがうまく出来ない事だという方や、あるいはその逆の方でも、しっかりと腰痛の原因を改善できるようになるのです。

それはやはりすごく大きなメリットだと言えるでしょう。

多くの方がどちらかには当てはまるはず

そして、寝ている間に腰痛になってしまうという方は、だいたいの場合でどちらかには当てはまると言えます。

特に多いのはやはり腰が浮いてしまうという方でしょう。

日中にデスクワークなどをしているには、そういう方が多いです。

そして今ではそういう方はすごく多いので、腰が浮いてしまう方が多いと言えるのです。

ただ負けないくらい寝返りがうまく出来ない人も多いので、やはりどちらかには当てはまるでしょう。

なので、一度は膝下にクッションを入れて寝ることを試してみることをおすすめします。

クッションならば何でも良いのか

では、膝下に入れるクッションは、クッションならば何でも良いのでしょうか?

それは当然、クッションならば何でも良いわけではありません。

膝下に入れるクッションは、ある程度高さがあるものでないとなりません。

あまり高さがないクッションを入れていても、膝があまり立たないので、寝返りがうまく出来るようにもなりませんし、腰の隙間を埋めることにもつながらないでしょう。

ちょっと膝の裏が蒸れるくらいになってしまうでしょう。

それでは意味がありません。

だから、膝下に入れるクッションは、ある程度高さがあるものを選んでいきましょう。

まとめ

膝下にクッションを入れると腰痛対策に効果的だという理由は、お分かりいただけましたでしょうか?

しっかりとした理由があるわけなのですから、腰痛持ちの方には、膝の下にクッションを入れて眠るようにするのはすごくおすすめになります。

すぐにでも出来ることなので、是非一度試してみて、腰痛を改善していってください。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - クッション