腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛がマッサージで緩和? その方法や注意点などを詳しく紹介!

      2017/09/08

パナソニック エアーマッサージャー レッグリフレ ひざ/太もも巻き対応 温感機能搭載 ピンク EW-RA96-P

膝痛になってしまったら病院へ行かなくてはいけませんが、治療してもらったらお金をかける事になりますし、忙しい方は通院する事が難しい方もいるでしょう。

そこで自宅でマッサージする事によって膝痛を緩和させる方法を詳しく紹介します。

ただしマッサージをしても緩和できない膝痛もあるので、その辺りも詳しく説明するので参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

筋力の低下で膝痛

膝痛と言えば、多くの方が加齢や怪我によるものと思っています。

しかし意外にも膝周辺の筋力が低下した事によって、膝痛になる場合があるのです。

そこで筋力が低下して膝痛になる原因や、その膝痛を緩和する方法を紹介するので確認してみて下さい。

膝の負担が増加

膝周辺には、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)やハムストリングスなどの筋肉があります。

この2つの筋肉が低下してしまったら、膝にかかる負担が大きくなってしまいます。

なぜなら、私たちの身体は負担できなくなる部分ができたら、他の部分でそれを補おうとするすからです。

そのため大腿四頭筋やハムストリングスの筋力が低下したら、膝痛になる可能性が高くなります。

そのため運動不足の方で、怪我をした訳でもないのに膝痛になった場合には、筋力低下によって膝痛になった可能性が高いです。

筋肉をマッサージ

筋力低下によって膝痛になった場合は、マッサージによって、ある程度までは痛みを緩和させる事ができます。

そのマッサージの方法は、まず太ももをほぐすようなマッサージを行う事が重要です。

なぜなら大腿四頭筋やハムストリングスは太ももの部分になるので、太ももをほぐす事によって、この2つの筋肉を柔軟にさせる事ができます。

ただし筋肉を柔軟にしても筋力がつく訳でもないので、この方法だけでは膝痛の問題点を解決できる訳ではないので注意して下さい。

筋力トレーニング

筋力低下によって膝痛になった場合には、太ももをほぐしながら、筋力トレーニングを行う事が重要です。

ただし下半身を鍛える筋力トレーニングで有名な『スクワット』は膝にかかる負担が大きいので控えたほうが良いでしょう。

膝に負担をかけない筋力トレーニングでおすすめなのが太ももを上げる方法です。

この方法は、片足の膝を曲げながら上げて、上げ終わったら足を下ろして下さい。

次にもう片方の足を同じように膝を曲げながら上げます。

そして同じように足を下ろします。

この方法であれば、膝にかかる負担を軽減しながら、太ももの筋肉を鍛える事ができるでしょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝のコリ

膝痛になるケースとして、膝にコリが関係している場合もあります。

そこで、膝のコリによって膝痛になる原因や、マッサージによってコリをほぐす方法を紹介するので見ていきましょう。

コリになる原因

膝のコリに悩まされるようになる原因として、膝に負担をかけてしまうケースがあります。

それは仕事や家事などで重いもの持ったり運んだりする時に、膝に負担をかけてしまってコリになる場合があるのです。

このようなケースでは病院でレントゲンを撮ってもらっても異常を発見する事ができないので、膝痛になる原因を発見するのに時間をかけてしまう場合があります。

そのため膝のコリに悩まされないためにも、重い物を持つ時は台車を使用して、膝にかかる負担を軽減したほうが良いでしょう。

お皿周辺のマッサージ

もしも膝に負担をかけてしまって、すでに膝にコリができてしまっている場合には、マッサージでほぐす事ができます。

その場合には膝のお皿周辺を親指で軽く押していって、コリをほぐしていきます。

押す場所として、お皿の前後・左右・斜めの8方向を押していって、少しずつスライドさせながら押していきましょう。

あまりマッサージをした事がなくて、不安な方はマッサージに慣れている方に診てもらって下さい。

血行不良で膝痛

私たち人間の身体は、血行不良になってしまえば、様々な所で痛みを感じてしまいます。

それは膝も例外ではなくて、血行不良によって膝痛になってしまう場合もあるのです。

そこで血行不良を起こしてしまう原因や、血行不良になった場合に行ったほうが良いマッサージを紹介するので、確認してみて下さい。

生活習慣が原因

血行が悪くなってしまう原因として、運動不足や食生活が挙げられます。

なぜなら運動をあまりしなければ筋肉が硬くなってしまうからです。

筋肉が硬くなってしまえば血行不良になりやすくなるので、運動不足の方はストレッチや運動をして筋肉を柔らかくして下さい。

食生活で血行不良になるケースは、脂の多い肉やファーストフードの多い食生活です。

このように偏った食生活を送っていけば血行が悪くなってしまうので、肉・魚・野菜などバランスの取れた食生活を送るようにしましょう。

下半身をマッサージ

運動や食生活が原因で血行が悪くなってしまった場合には、マッサージである程度まで膝痛を緩和させる事ができます。

その方法は、下半身である足をしっかりとマッサージする方法になるので、膝の部分だけではありません。

その代わり特別なマッサージを行う必要もないので、あまりマッサージの経験がない方でも、よほど誤ったマッサージを行わない限りは、血行を良くする事ができるでしょう。

マッサージで緩和されない膝痛

マッサージを行えば、様々なケースで膝痛を緩和させる事ができますが、マッサージで膝痛を緩和できないケースとして加齢・怪我・肥満などが挙げられます。

そこで、この3つのポイントでは、なぜマッサージで膝痛を緩和できないのか説明します。

加齢

加齢によって膝痛になってしまったケースでは、関節にある軟骨が摩耗する事によって膝痛になる場合が多いです。

実際に関節軟骨は日常生活で、少しずつすり減っていくので、加齢によって膝痛になってしまうのです。

このような膝痛は軟骨がすり減っているので、マッサージをしても膝痛が緩和する事は難しいでしょう。

そして加齢による膝痛を防ぐ方法も難しいので、できるだけ膝に負担をかけないように気を付けたほうが良いです。

怪我

スポーツや運動をしている時に膝にショックを与えた場合には、膝痛に悩まされるようになります。

このような場合には、マッサージをしても膝痛が緩和される事はないでしょう。

逆に怪我をしている膝にマッサージをしたら、膝痛が悪化する可能性さえあります。

このようにスポーツや運動で膝にショックを与えた場合には、膝サポーターを付けて安静にする事が重要です。

そして1日も早く病院で診てもらったほうが良いでしょう。

肥満

肥満になって膝痛になる事はあまりイメージしづらいかもしれません。

なぜ肥満体型になったら膝痛になりやすいのかと言えば、体重が増える事によって、膝にかかる負担が増えてしまうからです。

そのためマッサージをしても肥満体型になっている以上は、膝痛が緩和される事はありません。

このような場合には、ダイエットや運動をして体重を軽くする事が重要です。

ただしランニングは膝にかかる負担が大きいので、膝にかかる負担が軽いウォーキングや食生活の見直しなどでダイエットしたほうが良いです。

まとめ

マッサージを行う事によって膝痛を緩和させる方法を紹介してきましたが、マッサージに慣れていない方が行なったら、膝痛を緩和できない場合もあります。

そしてマッサージを行なっても膝痛を緩和できないケースもあるので、マッサージを行なっても膝痛が緩和されない場合は、忙しい方でも病院で診てもらったほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ