腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛でアイシングしたほうが良いケース!その方法や注意点などを紹介

   

膝を痛めてしまった場合には、アイシングしたほうが良いのか、温めたほうが良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

実際に、アイシングしたほうが良い場合もあれば、温めたほうが良い場合もあるのです。

そのため、対応を誤ってしまえば、膝痛を悪化させてしまいます。

そこで膝痛になった時に、アイシングをしたほうが良いケースや、その方法と注意点などを紹介するので参考にしてみて下さい。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

アイシングとは?

膝痛になった時に、アイシングを行うべきか悩んでいる方は、まずアイシングについて詳しく知る必要があります。

そこでアイシングの正しい知識を知ってもらうために、アイシングの情報について詳しく紹介しましょう。

冷却処置

アイシングとは、痛みを感じている場所を冷やす処置で、氷や水などを使用します。

実際にスポーツ選手たちも、アイシングをして、肩を冷やしている光景を見た事がある方は多いでしょう。

ただし夏の甲子園や、夏の季節にプロ野球選手たちが肩をアイシングしている光景をTV画面で見た方は、夏の季節にアイシングをするものと勘違いしているかもしれません。

しかしアイシングとは季節には関係がなくて、怪我をしている症状によって判断するものですから、間違えないようにして下さい。

タイミング

膝痛と言っても、様々な原因があります。

それは怪我・加齢・痛風・関節リウマチなどが挙げられます。

これほど多くの原因があるので、その違いによって膝痛の症状も変わってくるので、アイシングするべきか悩んでしまう場合もあるでしょう。

さらにアイシングをするタイミングも重要です。

同じ膝痛でも、タイミングによって温めたほうが良い場合もあれば、アイシングしたほうが良い場合もあるのです。

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

スポンサーリンク

アイシングしたほうが良いケース

同じ膝痛でもアイシングをしたほうが良いケースが分からない方は多いと思うので、アイシングをしたほうが良いケースを紹介するので、確認してみて下さい。

熱があった場合

膝に痛みが生じた場合は、膝で炎症が起きている状態なので、熱が発生しています。

このような状態を放っておけば、膝の痛みが治まるのが遅くなってしまうのです。

最悪のケースでは関節が変形する事もあり得るので、膝痛の初期症状の時はアイシングをして、身体を冷やす事が重要です。

身体を冷やせば、熱をある程度は抑えられるので、関節が変形する可能性は低くなるでしょう。

そして冷やす事によって、痛みを和らげる事もできるのです。

そのため、膝痛の初期症状にはアイシングはおすすめです。

自分の感覚

アイシングを行うのは、膝痛の初期症状の時がおすすめですが、いつまでアイシングをすれば良いのか悩んでしまう方は多いでしょう。

本来であれば、病院へ通院して、かかりつけの医師に診てもらったほうが良いです。

しかし家事や仕事で忙しい方は、病院へ通院する時間がないでしょう。

そのような時は、アイシングをしたほうが痛みを和らげる場合にはアイシングを行なって下さい。

そしてアイシングでは痛みを和らげられない時は、膝を温めたほうが良いです。

そのため、アイシングを行ったほうが良いのか分からない場合は、自分の感覚を頼りにする方法もあります。

ただし問題が起きては、膝痛を悪化させる事になるので、できるだけ医師に診てもらうようにしましょう。

一時的な処置

膝痛が治るのが長引いている時には、慢性的な痛みに悩まされるようになります。

このような慢性的な痛みの時は、温めたほうが痛みを和らげる事ができます。

しかし例外として、膝をアイシングする事によって、感覚を麻痺させる方法もあるのです。

感覚を麻痺させれば、痛みを和らげる事ができるので、慢性的な痛みが我慢できない時は一時的にアイシングする方法もおすすめです。

アイシングを行う方法

アイシングを行なったほうが良いケースを分かってもらえた所で、次にアイシングを行う方法を紹介するので見ていきましょう。

必要な道具

アイシングを行う道具には様々なものがあります。

その道具とは、氷&水・冷湿布・保冷剤などです。

氷や水を用意する事は意外と面倒なので、膝痛に悩んでいる方が用意をするのは大変でしょう。

そのため、可能であれば冷湿布や保冷勢を使用する方法がおすすめです。

この2つの道具であれば、用意をする事はそれほど面倒ではないので、気軽に膝をアイシングする事ができるでしょう。

ただし、前もってドラッグストアで購入しておかなければ、膝痛になってから買い物をする事になるので注意して下さい。

サポーターを併用

アイシングをしながら膝サポーターを併用する方法もあって、この方法であれば膝サポーターを使用していても膝が温まる事を抑える事ができます。

実際に膝サポーターは、膝をサポートしてくれますが、膝が温まりやすくなります。

もしも膝が炎症している時に、膝サポーターで温めてしまえば、膝痛を悪化させる事になるでしょう。

そのような事態を避けるためにも、膝痛の初期症状で膝サポーターを使用する場合には、アイシングしながら膝サポーターを併用したほうが良いです。

タイミング

野球選手の投手が投げ終わった時に、肩をアイシングしていますが、それは一般人でも同じようにスポーツをした後にアイシングする事が重要です。

なぜならスポーツを行なった後に、アイシングをする事によって、膝の痛みを軽減する事ができるからです。

実際に運動不足の方がランニングやジョギングをするだけで、足を痛めてしまう事があります。

このような状況になっても放置していれば、足に熱が生じて膝痛につながる可能性が高くなります。

そのため、早いタイミングでアイシングする事が重要です。

アイシングしないほうが良いケース

膝痛は、アイシングをしないほうが良いケースもあるので、そのような時にアイシングをしたら膝痛を悪化させます。

そこでアイシングをしないほうが良いケースを紹介するので、確認してみて下さい。

痛風

膝痛は、膝に大きな負担をかけたり、衝撃を加えたりしたら発症するようなイメージを抱いている方は多いでしょう。

所が、痛風によって膝痛になる時もあって、この痛風は食生活で起きてしまう症状です。

この症状は食生活を改めない限りは、何回も再発します。

そして痛風で痛みを感じている時は、少し触っただけでも激痛が走ってしまいます。

そのような状況でアイシングをしたら、激痛が走る可能性が高いので注意しなければいけません。

そのため、痛風になった時はアイシングをしないで、痛みが治まるのを待っていたほうが良いでしょう。

慢性時

膝痛の慢性時の時にアイシングをしないほうが良い事を説明しましたが、その理由が分からない方は多いでしょう。

実は、慢性時は炎症が収まっている状態なので、そのような状況でアイシングをしたら血行が悪くなって筋肉が硬くなってしまうのです。

血行が悪くなったり、筋肉が硬くなったりすれば疲労物質が発生します。

そうなれば膝痛に悩まされ続けるので注意する必要があります。

そのため慢性時でアイシングをするのは、痛みを一時的に和らげる時だけにしましょう。

まとめ

膝痛の初期症状は膝に熱がある状態なので、アイシングをしたほうが良いのですが、いつまでもアイシングをしていたら膝痛が悪化してしまいます。

そのためアイシングをしたほうが良いタイミングと、温めたほうが良いタイミングを把握する事が重要です。

今まで、そのタイミングが分からなかった方は、今回紹介したタイミングを参考にしてみて下さい。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ