腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛には「軟骨の修復成分」が大切 膝軟骨に働くサプリメントで膝痛対策を

   

久光製薬 MSM+グルコサミン 300粒

「最近膝が痛くて・・・」と訴える方の中には、膝痛に効果のあるといわれているサプリメントを摂取している方も増えているようです。

膝痛のサプリメントはさまざまなものがありますが、「気になるけどどんなものがあるの?」という方も多いと思います。

そこで、膝痛に効果のあるといわれているサプリメントにはどのようなものがあるのかみていきたいと思います。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛のサプリメント 開発も著しく

膝の痛みに悩む人に人気のサプリメントは「グルコサミン」サプリメントといわれており、少し前まで膝痛に人気の「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」から「グルコサミン」が注目されるようになってきました。

なぜ「グルコサミン」が注目されるようになったかというと、膝関節の痛みにおすすめされているのがグルコサミンという成分で、膝軟骨の修復を助ける働きがあることから、グルコサミンが含まれたサプリメントが膝痛に悩む方に人気なようです。

製薬会社の膝痛への開発も著しく、さまざま膝痛サプリメントが出ています。

膝に効果的な成分としてグルコサミンが注目されてきましたが、そんな中「膝の関節、軟骨を形成する成分」で「MSM」という成分が注目されており、今までの「グルコサミンサプリメントでは効果を感じられなかった」という方でも、「これなら膝の調子がいい」と評判を呼ぶほどの反響があるそうです。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

MSMとは?

そもそも、MSMとは何か?

と思う方も多いと思いますが、MSMは「メチルサルフォニルメタン」と呼ばれる成分で、痛みや炎症の症状を抑える作用のある成分だということで膝痛のサプリメントに使われることが増えてきたものであるそうです。

MSMというと何だか怖い成分に聞こえますが、MSMという成分は人間の体に元々ある成分の1つでもあり、皮膚・爪・髪を形成するのに必要な成分でもあります。

また膝の軟骨のなめらかな動きのためにも必要な成分ともいわれており、膝の軟骨の動きや形成に必要な成分だということで、サプリメントに含まれることが多いようです。

膝痛に人気の「コラーゲン」が含まれたサプリメントもありますが、MSMはその「コラーゲン」を生成する働きもあるので、膝痛のサプリメントを選ぶのに「MSM」が含まれたサプリメントを選ぶ方が多いのもなんとなく分かるような気がします。

MSMはサプリメントじゃないと摂取できないのか?

そこで、疑問に思うのが「MSMはサプリメントからでないと摂取できないのか?」「サプリメントではなく食事から摂取できるならそのほうがいい」という方も多いと思いますが、MSMは食事で摂取するのは十分な量が摂取できないことが挙げられます。

日常の食事の中でMSMが含まれたものはいろいろありますが、その中に含まれているMSMの成分はごく少ない量なので、十分な量を摂取することが難しいため、サプリメントで補うことが推奨されています。

関節の健康のためにはMSMの成分だけでなく、関節の健康に必要なコンドロイチンとグルコサミンを併せて摂取することで関節への効果が期待できます。

MSMとコンドロイチン&グルコサミンを効率よく摂取 久光製薬のMSM+グルコサミン

久光製薬 MSM+グルコサミン 300粒

このMSMと膝痛に効果的だといわれているグルコサミンを効率よく摂取できる膝痛サプリメントが、久光製薬のMSM+グルコサミンというサプリメントです。

今まで「グルコサミンのサプリメントだけでは効果が感じられなかった」という方に人気のサプリメントで、膝の軟骨にいいと言われているMSMとグルコサミンをこのサプリメントで摂取できるので、今までのサプリメントで効果があまり感じられないという方にもおすすめです。

もちろん、初めての膝痛サプリメントとしてもおすすめです。

グルコサミンやコンドロイチンが膝痛にいい理由は?

グルコサミンやコンドロイチンが膝痛にいいとよく聞きますが、なぜいいといわれるのかというと、次のような理由が挙げられます。

グルコサミン

グルコサミンは膝の軟骨の修復をサポートしてくれるのに役立つ成分で、膝のスムーズな動きをサポートするのに欠かせない成分といわれています。

年齢とともにすり減ってくるといわれている軟骨の生成・修復を助ける成分として、年齢とともに動きが鈍くなりやすい膝の動きをサポートするためにサプリメントに使われる成分でもあります。

コンドロイチン

コンドロイチンは軟骨の修復をサポートするグルコサミンとは違い、形成された軟骨の水分をまもる働きのある成分です。

軟骨は水分が補われてスムーズに動く部分でもあるので、水分を守ることは軟骨にとってとても大切な働きだといえます。

また、軟骨に水分を与えるほかに、コラーゲンの生成をサポートする働きもあるので、軟骨のスムーズな動きに役立つ成分であることからサプリメントに使われているようです。

そもそも、なぜ膝が痛くなるのか

膝痛というと年齢を重ねるごとに出やすい症状というイメージがありますが、それはなぜでしょうか。

それは、膝痛は膝に体の体重がかかりやすい部分であることから、ダメージを受けやすい部位であることから膝痛を発症しやすいといわれています。

重いものを持ち運んだり、膝に負荷のかかりやすい動きをしていたりすると、その負荷が積み重なることで膝痛を発症することが多いようです。

膝に負荷がかかることで膝の軟骨がすり減っていき、軟骨がすり減ることで膝に痛みを感じやすくなることから、比較的若い年齢から膝痛を感じる方が多いということも考えられます。

膝が痛いと毎日の何気ない行動がとてもつらく、億劫になってしまいます。

そんなときに膝痛に効果のあるサプリメントがあると、とても助かります。

膝の痛みは経験したことのある人にしか分からない、というように思う方も多いと思いますが、まさに膝の痛みと症状は人それぞれなので、自分に合ったサプリメントを選びたいですね。

膝痛を感じる前、痛みが軽いうちから サプリメントで対策をとることも

膝の軟骨は日々の生活の中でも年齢を重ねるごとにすり減っていくので、膝痛が気になる方は予防対策としてサプリメントで軟骨のすり減りにアプローチすることも1つの手段です。

予防対策の1つとして、サプリメントで軟骨の形成に必要な成分を補うことで、膝痛を極力抑えることも可能です。

周りで膝痛を訴える人が増えてきた、まだ痛みはないけど対策をとりたい、軽い痛みが出てきたので何かできることを始めたいという方はぜひサプリメントで軟骨に必要な成分を摂取するのも1つの膝痛対策といえます。

膝痛を改善するためにはサプリメントだけでは難しい場合も

膝痛に効果があると聞いてサプリメントを飲み始めたら、痛みが和らいだ・・・と思っていたら、また痛みが出てきた、ということもあると思います。

一時的に痛みがなくなったことで膝の調子が良くなったと思っても、膝痛の原因となっている症状がさらに悪化してしまうと大変です。

膝痛は軽いうちはあまり気にならないことも多いと思いますが、症状によっては進行してしまうと、座ったり立ったりするだけでも膝に痛みが出て日常生活にも影響が出てしまうこともあります。

膝痛が続く場合や、痛みが強い場合はきちんと医師に診てもらい、その上でサプリメントを摂取するようにしましょう。

医師にかかる場合は日常的に摂取しているサプリメントを伝えておくことも必要です。

医師が処方する薬に含まれる成分に影響が出ないかを判断する大切な情報となるので、サプリメントを摂取する場合はきちんと伝えるようにしましょう。

まとめ

膝痛に効果のあるサプリメントには大きく「グルコサミン」「MSM」と「コンドロイチン」があり、それぞれスムーズな軟骨の動きには欠かせない成分であることが分かりました。

膝痛のサプリメントは膝の痛みが出てからでなくても、「痛みが出る前」から予防対策として摂取することも1つの手段となるようです。

「最近膝の調子が気になる」「膝の動きが少し鈍くなってきたかな」という方は一度、サプリメントで軟骨に働く成分を補給してみるといいかもしれません。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ