腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!

このサイトは、腰痛コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスに注目した情報提供を行っています。

*

膝痛の時に安静にしたほうが良いかはケースバイケース?

      2017/09/08

ひざの名医戸田先生開発!医療機関でも大絶賛 かるがる膝ベルト【2枚セット】 ベージュ M

今まで膝を痛めた事がない方が、膝痛になった場合には、安静にしたほうが良いのか悩んでしまうでしょう。

しかし、膝痛になったら、安静にしたほうが良いのかはケースバイケースなのです。

そのため安静にしたほうが良い場合もあれば悪い場合もあるのです。

そこで膝痛の原因や治し方を紹介しながら、安静にしたほうが良いケースと安静にしないほうが良いケースを紹介するので、参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛になる原因

膝痛を治すためには、まず膝痛の原因を知る事が重要です。

そこで、膝痛の原因である加齢・負担・衝撃を紹介するので、見ていきましょう。

加齢

若い頃は膝痛になっていなかったのに、年齢を重ねてから膝痛になるケースがあります。

このようなケースで、膝を怪我した訳でもないのに、膝痛になった場合は、加齢によって膝痛になってしまった可能性が極めて高いです。

なぜ加齢によって膝痛になったのかと言えば、膝の軟骨がすり減っていくからです。

この軟骨は関節と関節がぶつかり合うのを和らげてくれるためのクッションの役割を果たしています。

そのため加齢によって軟骨が足りなくなったら関節同士が、ぶつかり合って、膝痛になってしまうのです。

膝に負担

膝痛の原因として、膝に負担をかけてしまう場合に膝痛が起きてしまうケースがあります。

多くの方は意外に思うかもしれませんが、膝に負担をかけるのはスポーツや運動だけではなくて、歩いている時だけでも負担をかけてしまうのです。

実際に、歩いている時に膝にかかる負担は、体重の3倍になります。

私たち人間は、犬や猫とは違って二足歩行の生き物なので、膝にかかる負担はこれほど大きいのです。

そのため人間は膝痛になりやすいので、気を付けて下さい。

そして膝周辺の筋肉が衰えてしまった場合にも、膝にかかる負担が大きくなってしまうので注意して下さい。

膝に衝撃

膝痛の原因が分かりやすいケースが、膝に衝撃が加わった時です。

それはスポーツや運動だけではなくて、交通事故などに起きやすいです。

実際にスポーツで選手同士と接触した時に、膝に痛みを感じ場合には、膝痛の可能性が高いので病院で診てもらう必要があります。

そして運動では選手同士と接触するようなケースはありませんが、転倒して膝痛になる場合があるので、注意する必要があります。

交通事故は、スポーツや運動より膝に加わる衝撃が強いので、1日でも早く病院で診てもらったほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

私が絶対おすすめする膝痛サプリ、医薬品ランキングベスト5はこちら

膝痛を治す方法

膝痛の原因が分かっても、病院で治療したら、お金をかけてしまうので躊躇(ちゅうちょ)する方もいるでしょう。

そこで自然で膝痛を治せるケースと病院で治療したほうが良いケースを紹介するので、確認してみて下さい。

自然治癒

初めて膝痛になった方は、意外に思うかもしれませんが、自然で膝痛を治せるケースは数多くあります。

まず膝に負担をかける事で、膝痛になる場合は、日頃から膝に負担をかけないようにすれば膝痛の症状が和らぐ場合があるのです。

そして加齢によって膝痛になった場合は、自然で治す事ができますが、病院で治療してもらえれば短期間で膝痛の症状を和らげる効果を期待できます。

そのため治療にお金をかけたくない方は、しばらく安静にしても、膝痛の少々が和らげない時に病院で診てもらったほうが良いでしょう。

病院で治療

膝痛になった場合で、病院で治療したほうが良いケースが、膝に衝撃が加わった時です。

運動で転倒した場合では起きづらいかもしれませんが、スポーツや交通事故で膝痛になった場合は、靭帯が損傷した場合があります。

靭帯が損傷した場合には、自然で治せる可能性は極めて低いと言われているので、このような場合には病院で治療したほうが良いです。

安静にしたほうが良いケース

膝痛の悩むようになった方のために、どのようなケースであれば、安静にしたほうが良いのか紹介するので確認してみて下さい。

靭帯損傷

スポーツや交通事故などで、靭帯を損傷した場合には病院で治療を受けながら、安静にしたほうが良いです。

靭帯が損傷した場合に、病院で診てもらえれば、保存療法で済む場合にはサポーターを付けてもらいます。

しかし手術療法が必要な場合もあって、そのような場合にはリハビリを行う事になるので、リハビリを行わない時には安静にする必要があります。

リハビリの期間は、その症状によって違いはありますが、約3〜6ヶ月にもなるのです。

そのため日頃から靭帯を損傷しないように、気を付けたほうが良いでしょう。

負担を軽減

重い物を運んだり、膝を曲げたりした時に、膝が痛む場合には安静にしたほうが良いです。

このようなケースでは加齢が原因で膝痛になる場合が多いので、あまり重い物を持たないほうが良いでしょう。

どうしても重い物を持つ場合では、一人で荷物を持たないようにしたり、台車を使用したりしたほうが良いです。

そして膝を曲げるような機会を少なくするために、和式トイレを使用している場合は、洋式トイレにリフォームする方法が有効です。

関節が変形

膝の軟骨が磨り減ったり、膝にかかる負担が大きくなったりしたら、膝の関節が変形する場合があります。

このような症状を『変形性膝関節症』と言います。

変形性膝関節症になった場合で、安静にしたほうが良いケースは、軟骨がすり減った場合です。

実際に病院で治療を受ければ『ヒアルロン酸』を注射してもらえて、関節の動きがスムーズになります。

なぜならヒアルロン酸は潤滑油のような働きがあるからです。

そしてヒアルロン酸を何回も注射していけば、膝痛による炎症を抑えられていくので、それまで安静にしたほうが良いでしょう。

安静にしないほうが良いケース

膝痛になった場合で、安静にしないほうが良いケースが、肥満体型と筋力の低下です。

このような場合では、安静にしたほうが膝痛の症状が悪化するので、その理由を詳しく紹介するので見ていきましょう。

肥満体型

歩いている時に、体重の3倍もの負担が膝にかかってしまうので、体重が5kgも増えたら膝にかかる負担は15kgも増えてしまいます。

そのため肥満体型の方が安静にしていたら、消費カロリーが減ってしまうので、さらに太ってしまう可能性が高いです。

そうなれば膝にかかる負担は、さらに大きくなってしまうのでダイエットする必要があります。

そのため膝に負担をあまりかけないように、ウォーキングをしてカロリーを消費して、食事量を制限してカロリーの摂取を抑えたほうが良いです。

ダイエットが成功して、体重が減れば、膝にかかる負担も軽減されるでしょう。

筋力が低下

運動不足によって、膝周辺の筋肉が衰えた場合にも膝にかかる負担が大きくなるので、筋力トレーニングをする必要があります。

そのため筋肉が衰えている時に、安静にしていたら、さらに筋肉が衰えて膝にかかる負担が大きくなってしまうのです。

そのような事態を避けるためには、膝にあまり負担をかけないようにして、膝の筋肉を鍛える必要があります。

膝の筋肉を鍛える方法で、おすすめなのが『スクワット』です。

その方法は、腰を深く落とさないようにスクワットして、膝を曲げる角度は45〜90度ぐらいにして下さい。

そうすれば、膝にかかる負担を軽減しながら、膝周辺の筋肉を鍛える事ができます。

まとめ

膝痛になった時は、安静にしたほうが良いケースもあれば、安静にしないほうが良いケースもあります。

そのため膝痛になったので、安静にしようとしたら、膝痛が悪化する場合もあるのです。

そのため膝痛になった原因を把握して、安静にしたほうが良いのか知る事は重要です。

もしも、膝痛になった原因が分からない場合には、病院へ通院して医師に診てもらったほうが良いでしょう。


スポンサーリンク



免責事項

本サイトに記載の情報は、個人的な体験・感想によるものであり、あくまでも個人の主観によるものであり、効果には個人差があります。本サイトに記載の情報の利用、商品の購入・利用につきましては、読者様の責任にて実施をお願い致します。本サイトに記載の情報は、可能な限り正確性を期しておりますが、正確性、安全性、有用性などを保証するものではありません。本サイトの利用により生じる一切の損害について、当方は一切責任を負わないものとします。本サイトからリンクする他のウェブサイトに記載された内容につきまして、当方は一切の責任を負わないものとします。本サイトの内容は予告なく変更・中止される場合があります。

 - 膝痛サプリ